最初は大変でも、続けていけば、自分の成長に気づく日が来る!

自分Style

さくカイロプラクティック カイロプラティック・アシスタント 塩原一亮さん

■朝起きてからの習慣は?

塩原一亮さん

寝る前にストレッチをします。

毎朝、好きな音楽を聞いて通勤しています。

30~40分なんですが、オフからオンへの切り替えの大切な時間。

最寄りの駅に着いたときには、仕事モードになっています。

■仕事で欠かせないアイテムは?

ハンドクリーム

衛生上、手洗いを頻繁にするのでハンドクリームは欠かせないですね。

直接患者さんに触れる手ですから、ガサガサにならないように、仕事道具としてメンテナンスしています。

特にこれから冬の季節は乾燥も加わるので、念入りです。

■仕事で落ち込んだ時のモチベーションアップ法は?

落ち込むことはあまりないんですが、休日の散歩と、友人と美味しいものを食べることかな。

最近は友達と新しい店探しがブームです!

「おいしいものを食べて、笑って、ゆっくり寝る」ことで、私のモチベーションは上がります(笑)。

単純かもしれないですが、気持ちが元気なら大体のことは乗り越えられると思うんです。

落ち込んだときこそ、前向きに!

■健康維持のために気をつけていることは?

手洗い

仕事をする方は皆さんそうだと思いますが、仕事をお休みするようなことがないよう、うがい、手洗いをこまめにしています。

患者さんと、直接接触する仕事ですから、清潔で健康でないとね。

毎日欠かさず行うことでウイルスの感染予防になっていると思います。

おかげで私、ここ3年は風邪ひいていません!

■この業界を目指す人に向けて、メッセージを!

辛い症状で悩んでいる患者さんを自分の技術で改善していけるこの仕事に、すごくやりがいを感じています。

どの仕事でも、勤め始めた頃が一番大変なんですよね。

覚えることもたくさんありますし、勉強したことが通用しないことも。

でも、それは誰もが通る道とわりきって、続けてほしいですね。

続けることで技術も知識もちゃんと成長していきますよ!

◆◆ある1日の過ごし方◆◆

6:30
起床、朝食
7:45
出発
8:45
出勤、清掃
9:30
午前診療開始
12:30
昼食、昼休み(院内にて休憩)
14:30
午後診療開始
19:30
受付終了、片付け
20:30
退勤
21:30
帰宅、入浴、ストレッチ、読書
24:00
就寝

■目標:日々、いろいろなことを学び、コミュニケーション力、技術などを磨いてこれからも成長していきたいです。

SALON INFO

さくカイロプラクティック

さくカイロプラクティック

腰痛、肩こり、頭痛等の症状改善から予防まで!

骨格の歪みやズレを正確に矯正し、根本的改善へ。すべての患者さんを院長が診ます!

求人案件はコチラ

インタビューのバックナンバーはこちら

若井裕史さん

仲間になってほしいのは、ビジョンをもって働いてくれる人です。

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

2015/11/12

高橋直樹さん

サロンをつくるには自分だけでは足りない。みんなの力が必要なんです

親が理容室をしていた影響で高校時代に理容師免許を取得、卒業後は理容室で働きながら美容師免許を取得して、美容室での経験も経て独立をしました。最初の理容室の就職面接で『夢と志』というテーマの作文を書くよう言われ、それまで何となく考えていたことを、自分なりにしっかり文字にする機会を得ました。

2015/07/22

お客様との会話を通して、日々、自分の知識が広がるのを感じています。

子供を送り出してから出勤するまでの1時間、コーヒーを飲みながら新聞を読んで、ゆっくり過ごして気力を充電します。新聞を読んでいると、お客様との会話につながる情報も集まるんです。

2015/07/15

山本真理奈さん

癒しの時間を提供するために、まず自分自身の心と体を磨いています

「美養茶」という、お腹の調子が良くなるデトックスのお茶を毎日飲んでいます。体の中の水分をきれいにしてくれるんです。一日中、お水の代わりにこれを飲んでいます。

2015/07/08

実力派貧困セラピストを救え!  最終章「じゃあねー♪」

未だに、涼花の正体が貧困セラピストだということは酒居にはバレていない。そしてバレる様子もない。偽インタビューは滞りなく進んでいた。涼花が質問をする、酒居が答える。このルーティーンとも言える流れが、涼花の油断を誘っていた。

2015/06/27

セラピストを救え

実力派貧困セラピストを救え!  第三章「タイムリミットは30分」

「涼花がライターではない」ということを、酒居が気付いた時点で逃げないといけない。涼花は脇のカバンをしっかり掴み、さりげなく酒居の電話の声に耳を傾けた。

2015/06/26

職種別の記事まとめ

人気のキーワード