ホームヘルパーという仕事を通じて感じる苦労とは


超高齢化社会を向かえ、高齢者の生活を支えるホームヘルパーという仕事はますます重要性を増しています。不況の中、女性だけでなく、男性もまたホームヘルパーを目指す人が増えています。このように、社会のニーズが拡大しているホームヘルパーですが、現場働くホームヘルパーには、さまざまな苦労があるようです。今回はそんなホームヘルパーが感じている苦労についてまとめてみました。

■ホームヘルパーになるための資格を習得する苦労

ホームヘルパーになるために、介護職員初任者研修という資格が存在しています。ホームヘルパーとして働くために、この介護職員初任者研修をまず取得することが一般的となっています。この資格を取得するためには130時間もの研修を受講しなければならず、また修了試験に合格しなくてはいけません。

そのため講習の時間を日常生活において確保しなければいけないだけではなく、修了試験に合格するためにも、自主学習をすることも必要です。学ぶ意欲もなく、研修期間が過ぎるまで、ダラダラと過ごしていては意味がありません。ホームヘルパーの資格取得にも、努力が必要なのです。

だたし、介護職員初任者研修の試験の難易度は低いと言われています。この試験の目的は、ホームヘルパーとして介護職のスタート地点に立つのが目的であって、試験で受験者をふるいにかけるものではないからです。介護の仕事をするにあたっての基本知識や忘れてはならないことがきちんと把握できていれば、十分に合格できる試験だと言えるでしょう。

■駆け出しホームヘルパーの苦労

晴れてホームヘルパーとして仕事を始めたら、習った講習の内容と現場でのホームヘルパーの仕事との違いに、ギャップを感じるケースが多いです。仕事は、経験を積んだ先輩のホームヘルパーついて学んでいきますが、教え方は人によって異なるため、混乱することも多いでしょう。

覚えることは非常に多いため、必ずメモを携帯して、教えてもらったことは、その都度記録するようにしましょう。また、ホームヘルパーの仕事で苦労が多いとされるのは、人間関係です。ホームヘルパーは利用者や家族を向きあって仕事をするため利用者や家族からサービスに対しての不満を受けることもしばしば。

このようなクレームに関しては一人で悩んでいてもなかなか解決しないもの。上司や先輩ヘルパーに相談するのがおすすめです。ベテランのヘルパーになればなるほどクレームに対応した経験も多いものです。どうすればクレーム場面を切り抜けられるかノウハウも持っています。このようなクレームを乗り越えて利用者と信頼関係を築くことができれば、感謝の言葉をもらう機会も増えてきます。

■経験を積んでからのホームヘルパーの苦労

ホームヘルパーとして経験を積み、仕事が要領よくこなせるようになった頃、仕事に疲労感を感じやすくなります。仕事の慣れから緊張感も途切れやすくなり、ミスが出やすいといった苦労があるようです。ホームヘルパーには、食事の介助や体位の変換、入浴の介助などどの仕事には利用者を危険にさらす可能性があるためミスが許されません。ホームヘルパーの仕事は、その意味で命を預かる仕事と言っても過言ではないのです。

またホームヘルパーは体重の重い人を相手にしないといけないため、腰に負担がかかりやすいといえます。そのため、ホームヘルパーの中には、腰痛を抱えている人も多いのです。中には、腰にコルセットをまいて仕事をしているホームヘルパーもいます。

このような苦労がある中で、ホームヘルパーの仕事は賃金が安く、つらい、大変であると感じている人が多いため、ホームヘルパーを辞めていく人も少なくないのが現状です。

いかがでしたか? 高齢者社会などを迎えた今、ホームヘルパーとして働く人が増えています。現場で働くホームヘルパーには、たくさんの苦労があります。しかし、そんな数多くの苦労がある一方で、利用者やその家族から感謝の言葉をもらえるとてもやりがいのある仕事です。

人のために何か役に立つことがしたい、そんな想いをお持ちの方は、ホームヘルパーを目指してみてはいかがでしょうか。



<リジョブ介護 人気カテゴリ>
職種ガイド 介護施設ガイド 介護問題 介護ニュース 介護インタビュー オススメ求人
職種ガイド 介護施設ガイド 介護問題 介護NEWS 介護のひと オススメ求人

ホームヘルパーのバックナンバーはこちら

ホームヘルパーの離職とその理由について考える

ホームヘルパーの仕事はやりがいを感じることができる仕事です。けれど、離職率が高いということもまた事実です。ホームヘルパーを目指すのであれば、この離職に関してもしっかりと向き合い、考えていくことが大切でしょう。多くのホームヘルパーがどうして離職することになってしまうのか、その原因について触れてみましょう。

2017/03/14

ホームヘルパーに向いている人は

日本は現在高齢化社会を迎えており、介護業界の成長に伴い、さまざまな介護施設で常に人手不足が叫ばれています。その中でも、ホームヘルパーは特に人手不足が叫ばれている職種であり、一年中求人情報が出ています。そんな中、他業界からの転職や、同業種からの転職を考えている人のため、ホームヘルパーへの転職についてまとめてみました。

2017/03/14

ホームヘルパーの男女比は実際どれほどあるのか

2016年の政府高齢社会白書によると、総人口に対する65歳以上の年齢の比率を求めた高齢化率は26%となっています。戦後の経済成長を支えた団塊の世代の高齢化が主な原因です。そんな高齢化社会で、需要が高まっていくと予想されているのが介護業界です。中でも、住み慣れた我が家で介護を受けれるホームヘルパーは、特に注目を集めています。ここでは、女性の従事者が目立つホームヘルパーの男女比などを紹介します。

2015/09/20

ホームヘルパーの正社員として働きたいが待遇面が不安

離職率が高いと言われるホームヘルパーのお仕事。やりがいを感じることができるお仕事であることに間違いはありませんが、多くの問題を抱えている職業であることもまた事実です。特に気になるのは給与や年収、将来のキャリアアップについてではないでしょうか。今回は、みなさんが知りたいであろう、ホームヘルパーの正社員についての情報をお伝えします。

2015/09/19

ホームヘルパーという仕事を通じて感じる苦労とは

超高齢化社会を向かえ、高齢者の生活を支えるホームヘルパーという仕事はますます重要性を増しています。不況の中、女性だけでなく、男性もまたホームヘルパーを目指す人が増えています。このように、社会のニーズが拡大しているホームヘルパーですが、現場働くホームヘルパーには、さまざまな苦労があるようです。今回はそんなホームヘルパーが感じている苦労についてまとめてみました。

2015/09/18

これからホームヘルパーを目指す方が心に留めておくべきこと

高齢化社会を迎えて、ホームヘルパーのニーズも拡大しています。不況の影響や、未経験でも目指せることからホームヘルパーを目指す人もまた増加しています。利益の追求だけでなく社会貢献がしたいという理由でホームヘルパーを目指す人もいます。今回はそんなホームヘルパーを目指す人が、知っておいたほうがいいことや心に留めておくべきことについてまとめてみました。

2015/09/18

職種別の記事まとめ

人気のキーワード