グループホームで働く時に気を付けたい持ち物と服装について


少人数の高齢者や障害者が生活を共にする場の「グループホーム」。
グループホームは、高齢者や障害者が日常生活や家庭的な雰囲気をそのままに生活することができる施設です。
今回はそんなグループホームで働き始めるうえで必要となる、必需品についてまとめていきます。
これからグループホームで働く予定がある人は参考にしてみてください。

職場に着ていく服装について

グループホームで実際に働くことになった時、まず最初に気を付けておきたい持ち物は、身につける服装です。
グループホームで働く時には、中にはユニフォームなどが支給されることも少なくありませんが、服装が自由なところも多いのが事実です。
介護や介助がメインとなるお仕事場では、動きやすい服装が望まれます。
ジーンズやジャケットなどのお洒落を意識した格好ではなく、チノパンにTシャツといった体を動かしやすい服装の方が良いでしょう。
また、日によっては汗をかくこともあるため、着替え用の服装もあると尚良いでしょう。
また、グループホームで働く場合には、利用者と接する機会も多いので、利用者に不快感を与えないような服装を意識することもあるでしょう。
例えば、ダメージジーンズやミニスカート、色が派手な服装などは不快感を与えてしまうこともあるので注意が必要です。
入所者が日常生活に近い環境で利用することができるように、ユニフォームを設けていない施設が増えているので、服装には気を遣えるようにしましょう。

服装以外に身につけるものも大事

グループホームでの仕事は利用者の介護業務など、体を動かすことが頻繁にあるので、靴も移動しやすく、履いたり脱いだりをスムーズに行うことができる靴の方が望まれます。
スニーカーが最適なので、くれぐれもブーツやハイヒールなど、動きづらい靴は控えてください。
事業所によっては、服装は自由ですがエプロンを貸与しているところもあるので、そのような場合にはエプロンも忘れないように気を付けなければいけません。
自分で用意することになったとしても、毎日身につけるものなので、複数は用意をしておいた方がいざという時に役に立ちます。
また、寒い時期になると重宝するのが、トレーナーや温かい防寒具です。
グループホームと言っても、老人と買い物することもあるので、寒い時にも寒さをしのげるような恰好ができると良いでしょう。
手袋やマフラーなどもあるといいでしょう。
利用者が寒さを訴えることもあるので、そのような場合には率先して暖をとってあげることも大事です。

持っていると重宝する持ち物

グループホームで働くうえで、特別毎日必要ではないけれど、いざという時に役に立つものがあります。
最初に紹介したいのが傘です。
傘はコンパクトタイプのものから、折り畳みのものなど様々。
急に雨に降られるということもあり得るので、いざという時のために用意をしておくのも良いでしょう。
また、移動先で利用者がお腹を空かせることもあるので、携帯用の栄養食品を持っておくと役に立つこともあります。
さらに、事業所によっては携帯電話を支給してもらうことになる場合もあるので、そのような時に携帯をどこかに紛失してしまわないように、ミニケースなどを一緒に携帯しておくと良いです。
これまで様々な必需品などについて紹介してきましたが、それらを入れるためのかばんも大切です。
カバンと言っても様々な物があります。
できる限り小ぶりで、必要最低限の持ち物だけが入るように意識したものがおすすめ。
利用者と外出することもあるので、軽めのものを選ぶといいでしょう。

ここまで持ち物や服装についての注意点などをお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。
グループホームで働くことになると、持ち物に注意を払わなければいけなくなることがあります。
服装や身だしなみなど、利用者が不快な思いをしなくてもいいような恰好をすることが大切です。
また、他にも持っておくといざという時に重宝するものもあるので、まずはそのような物を選ぶことが重要です。



<リジョブ介護 人気カテゴリ>
職種ガイド 介護施設ガイド 介護問題 介護ニュース 介護インタビュー オススメ求人
職種ガイド 介護施設ガイド 介護問題 介護NEWS 介護のひと オススメ求人

グループホームのバックナンバーはこちら

将来性

グループホームとその現状・将来性について

2060年には2.5人に1人が65歳の高齢者になると予測されている日本。比例して認知症患者も増加すると推測されており、グループホームなど在宅・施設サービスの充実が急かされています。そのグループホームとは、そもそもどんなところなのでしょうか? 今回はグループホームの概要と現状、そして将来性についてご紹介します。

2017/03/10

グループホームとは

介護施設を知る!『グループホーム』

グループホームは軽度の認知症患者を対象とした介護施設です。正しくは「認知症対応型共同生活介護」と言い、5~9人程度の小規模なユニットで介護スタッフのサポートを受けながら、入居者同士で助け合いながら自立した共同生活を行うことで、認知症の症状を改善することを目的としています。

2015/09/30

グループホームで働く時に気を付けたい持ち物と服装について

少人数の高齢者や障害者が生活を共にする場の「グループホーム」。グループホームは、高齢者や障害者が日常生活や家庭的な雰囲気をそのままに生活することができる施設です。 今回はそんなグループホームで働き始めるうえで必要となる、必需品についてまとめていきます。これからグループホームで働く予定がある人は参考にしてみてください。

1970/01/01

グループホームでの勤務は激務といわれる理由と検証

グループホームでの勤務において、入居者を24時間体制でケアする必要があります。就業シフトは交代制ですが、拘束時間の長い夜勤は、ときに激務となる場合があり、精神的に参る人や、モチベーションを維持するのが難しいという人がいるようです。 今回はグループホームでの勤務が激務である理由について、その具体的な仕事の内容についても触れながら説明していきます。

1970/01/01

グループホームでの勤務は結婚や子育てしながらでも続けられるか

結婚後や出産後にグループホームで働くことは難しいと思っている方が多いようです。それは「夜勤があるから」というのが大きな理由なのではないでしょうか。さらに介護の現場は「体力的にきつそう」という先入観も、心のどこかにあるはずです。どうすれば結婚や出産を経てグループホームに復職や就職ができるのか、考えていきましょう。

1970/01/01

グループホームの仕事内容、給料・年収の相場について

国内には老人ホームやデイサービスなど、高齢者を対象にした様々な介護施設・サービスがあり、グループホームもそのうちの一つです。グループホームは65歳以上の認知症高齢者を対象に、数人の認知症高齢者が共同で暮らせるようになっている福祉介護施設であり、来る高齢者社会に欠かせない施設として位置づけられています。 今回はそんなグループホームで働く場合の仕事内容や月給、年収の相場をご紹介します。

1970/01/01

職種別の記事まとめ

人気のキーワード