自分で生きてきたのではなく、生かしてもらっていたのです。

オーナーズセオリー

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

Profile 坂本 崇嘉さん

坂本 崇嘉さん

「Orefice hair」オーナー

出身地:兵庫県

血液型:A型

趣味:バスケットボール

座右の銘:一期一会

なぜ、オーナーになろうと思ったのですか?

坂本 崇嘉さん

独立は美容師を志したときから、考えていました。お客様に提供するサービス、技術を自分で作りたかったんです。3年前、当時のオーナーがサロンを手放すことになり、そこを買い取れる機会ができたんです。でも悩みましたね。自分が作った店ではなかったので。半年以上悩んで結局買い取ったのは、買い取らなければそこで働く、自分が育てたスタッフが辞めないといけない状況だったからという理由もありました。

オーナーになって、苦労したことを教えてください。

はさみ

オーナーって、人としての魅力が無いと成り立たないと思います。大変だった時も、自分と関わる方に色々支えていただきました。その方々にお礼したいですね。ですが、人としての魅力がないと、支えてくれる人の数が増えていくことはありません。お客様にしても、スタッフにしても。もっともっと、自分自身に人としての魅力を付け加えていかないとダメだと思います。

オーナーになって、変わった人生観はありますか?

坂本 崇嘉さん

自分で生きてきたという自信があったのですが、実は生かしてもらっていたんだなと思うようになりました。スタッフ、お客様、家族。支えてくれる人がいないとお客様に来ていただけません。今まではお客様に選ばれているという感覚でしたが、素直に「来て欲しい!」と思えるようになりました。

どんな人と一緒に仕事をしたいですか?

真摯さを持ち合わせている人です。面接では「何か続けていることはありますか。それによって何を得ましたか」と聞いて、大した成果を残していなかったとしても、何かを地道に続けられるという、真面目さを持っているかを見ます。もちろん、自分自身が真摯であることも心掛けていますよ。

今後の夢や展望を教えてください。

スタッフ

僕がやろうとしていることに、賛同してくださる方が多くなると、幸せになれる方が増えると思うので、店を大きくしたいです。でも、内容を薄くするのはイヤなので、濃いまま大きくしたいですね。そのためにはしっかり足場を固める必要があります。濃い内容のまま、着実に大きくしていきますよ!


オーナーになってからも、新しい技術を得ようと一生懸命な坂本さん。現在、髪の毛の完全修復技術を学んでいるそうです。サロンメニューに加わる日が楽しみですね。

SALON INFO

サロン

Orefice hair

悩みを気軽に相談できる、アットホームな雰囲気が自慢♪ 施術はダメージレスに徹底してこだわっています。極潤トリートメント、シフォンパーマ、うるつやカラーには炭酸泉、ナノスチーマーなどを駆使して、みずみずしく潤いのある納得の仕上がり。「なりたい自分」を手に入れてください!

求人案件はコチラ

インタビューのバックナンバーはこちら

若井裕史さん

仲間になってほしいのは、ビジョンをもって働いてくれる人です。

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

2015/11/12

高橋直樹さん

サロンをつくるには自分だけでは足りない。みんなの力が必要なんです

親が理容室をしていた影響で高校時代に理容師免許を取得、卒業後は理容室で働きながら美容師免許を取得して、美容室での経験も経て独立をしました。最初の理容室の就職面接で『夢と志』というテーマの作文を書くよう言われ、それまで何となく考えていたことを、自分なりにしっかり文字にする機会を得ました。

2015/07/22

yawaraka_ca

お客様との会話を通して、日々、自分の知識が広がるのを感じています。

子供を送り出してから出勤するまでの1時間、コーヒーを飲みながら新聞を読んで、ゆっくり過ごして気力を充電します。新聞を読んでいると、お客様との会話につながる情報も集まるんです。

2015/07/15

山本真理奈さん

癒しの時間を提供するために、まず自分自身の心と体を磨いています

「美養茶」という、お腹の調子が良くなるデトックスのお茶を毎日飲んでいます。体の中の水分をきれいにしてくれるんです。一日中、お水の代わりにこれを飲んでいます。

2015/07/08

image04_ca

実力派貧困セラピストを救え!  最終章「じゃあねー♪」

未だに、涼花の正体が貧困セラピストだということは酒居にはバレていない。そしてバレる様子もない。偽インタビューは滞りなく進んでいた。涼花が質問をする、酒居が答える。このルーティーンとも言える流れが、涼花の油断を誘っていた。

2015/06/27

セラピストを救え

実力派貧困セラピストを救え!  第三章「タイムリミットは30分」

「涼花がライターではない」ということを、酒居が気付いた時点で逃げないといけない。涼花は脇のカバンをしっかり掴み、さりげなく酒居の電話の声に耳を傾けた。

2015/06/26

職種別の記事まとめ

人気のキーワード