作業療法士として働くために

作業療法士

病気や怪我などにより身体に障害を抱える人に対して、医師の指示の下、リハビリテーションや日常生活を送るための訓練・指導を行う作業療法士。ここでは、そんな作業療法士になるための方法、仕事内容、働ける場所、給料、将来性、国家試験の受験資格や概要の他、作業療法士に向いている人など、求職者のみなさんが知りたいことを詳しくご紹介します。

┃作業療法士とは

作業療法士(OT)は理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と同様、リハビリテーション専門職のひとつであり、医療従事者のための国家資格です。

医師の指示の下「作業療法」の仕事をしている人のことを作業療法士と言います。

作業療法士法(昭和40年6月29日法律第137号)では、「作業療法とは身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行わせること」と定義しています。

※OT/Occupational therapist、PT/Physio Therapist、ST/Speech Language-Hearing Therapist、ORT/Orthoptist

┃作業療法士の主な仕事内容

病気や事故により身体が不自由になった人に対して、日常生活ができるようになるためのリハビリテーションを行います。食べる、入浴する、着替える、トイレに行くなどの日常生活に関わる「作業」がができるように治療や援助を行うことで、仕事や趣味、遊びなどを元気に楽しく行ってもらうようになることが目的です。

リハビリには身体的なリハビリと精神的なリハビリがあります。身体的なリハビリは体が動きにくい人の関節を動かしたり、筋肉を発達させる訓練を行い、精神的なリハビリは心の改善を目的とします。内に閉じこもった人の考え方を変えたり、気分を発散させたりします。

個人ごとのプログラムに沿った個別リハビリや、何人かで一緒に訓練する集団リハビリを行う場合があります。

代表されるリハビリ内容
<手芸・工芸>

折り紙、陶芸、編み物など


<芸術>
音楽、絵画、書道、塗り絵、俳句など


<遊び>
将棋、オセロ、トランプ、パズルなど


<スポーツ>
散歩、体操、ダンス、ゲートボールなど


<日常生活>
料理、掃除など

一人ひとりの患者さんに対してどのようなリハビリが合っているのか、効果的なリハビリテーションの内容を考える能力も作業療法士には必要です。

作業療法士

┃作業療法士の役割とは?

作業療法士の職域は広く、さまざまな状態にある方を対象にリハビリを行います。

■身体に障害がある方へのリハビリ
脳卒中や脊髄損傷など、さまざまな病気や怪我によって身体に不自由がある方に対してリハビリを行います。病気直後の急性期には、寝たきりのまま関節を動かしたり、意識回復に向けて働きかけます。退院後についても、これまでに近い生活ができるように住宅の改修計画を家族と相談したり、家事などの日常動作、地域への参加や仕事復帰に向けた訓練も行います。

■精神に障害がある方へのリハビリ
統合失調症や躁うつ病などの精神的な障害を持つ方に対して、生活リズムや対人・人間関係の改善を目的としたリハビリや、退院後の生活に向けた動作の訓練、就労に向けた支援を行います。就業中の方に対しては、職場を訪問して直接指導したり、会社との間に立って関係を調整することもあります。

■障害をもつ子どもへのリハビリ
脳性まひや知的障害など障害をもつ子どもに対して、社会性や心身の発達を促し、自立した日常生活を送れるようにリハビリを行います。就学中の子どもに対しては、学習面や集団生活、友人関係など不安を抱えている内容に対して取り組んでいきます。

■高齢者へのリハビリ
身体障害や精神障害、認知症などの疾患がある高齢者に対して、在宅(訪問リハビリ)や介護施設などで日常生活を送ることができるようにリハビリを行います。

┃作業療法士の勤務先・就職先

作業療法士が活躍する場所で最も多いのは病院などの医療現場です。総合病院、小児病院、精神科病院などのリハビリテーション室やリハビリテーションセンターで働く人がほとんどです。

病院以外でも訪問看護ステーション、特別養護老人ホームや老健(介護老人保健施設)などの介護施設や障害者福祉施設、児童養護施設などで勤務する人もいます。

リジョブでの求人では病院の募集は少なく、デイサービスやリハビリセンターの求人が多く存在します。

※介護施設の詳細は下記施設リンクから見ることができます。介護施設は公益財団法人(公財)や社団法人、社会福祉法人、民間の介護事業所などが運営しています。
特別養護老人ホーム介護老人保健施設介護療養型医療施設グループホームケアハウスデイサービスデイケア

┃作業療法士と理学療法士、言語聴覚士の違い

作業療法士、理学療法士言語聴覚士は同じセラピストと呼ばれる職種です。生活を送る上で不自由がある方に対してリハビリを行いますが、それぞれ対象とする範囲が異なります。

理学療法士は歩く、座る、食べるなどの人間の基本的な動作の機能回復を対象としているのに対して、作業療法士は、食べる、入浴する、着替える、トイレに行くなどの日常生活を送る上で必要な動作の回復を目的としています。

一方、言語聴覚士は、話すこと、聞くこと、食べものを飲み込むことが困難な方を対象にリハビリを行います。患者の症状によっては3職種のスタッフが連携をとりながら回復をサポートしていくこともあります。

リハビリの内容については、理学療法士は歩行練習などの運動療法や、電気・温熱・光線などを使った物理療法を組み合わせることが多く、作業療法士は手芸や書道、将棋、ダンスなど多様な訓練を取り入れます。言語聴覚士は発声練習や嚥下(飲み込む)練習、口や舌の運動などを行います。

症状の原因は病気や怪我、精神的な問題、先天性の障害の場合などさまざまです。どの職種もその人一人ひとりに合ったプログラムを設定し、リハビリを実施していきます。

┃作業療法士になるには

作業療法士

作業療法士になるためには、作業療法士国家試験に合格する必要があります。但し、特定の条件を満たさないと受験資格を得ることはできません。

国家資格には「業務独占資格」と「名称独占資格」があります。日本では作業療法士は「名称独占資格」であり、資格を持たない人が「私は作業療法士です」と名乗ることはできません。しかし、資格がないと働けないということはありませんので、法律上は無資格者でも作業療法を行う仕事に就くことはできます。(2015年7月現在)

しかし、特殊な資格のため実際は資格を持たないと、作業療法士として採用されることはないでしょう。

<作業療法士の実習>
3~4年間通う作業療法士の養成課程では、病院や施設から地域・家庭でのリハビリまでを含めた高度で幅広い作業療法の知識や技術を習得し、障害を持つ人々の視点に立った援助が行える専門職を育成するための勉強をします。
養成校によってカリキュラムに違いはありますが、実施される主な臨床実習は次の3種類です。

■臨床実習Ⅰ(見学実習):1週間程度(1年生)
実際のリハビリテーションの現場や関連職種の仕事を見学する。全体の業務内容の流れを理解して、作業療法士としての基本的姿勢を身につける。

■臨床実習Ⅱ(評価実習):2~3週間を2回程度(2~3年生)
身体障害・精神障害を持つ実際の対象者に作業療法評価を実施し、医療面接、検査・測定、動作観察などの技術・能力を身につける。

■臨床実習Ⅲ(総合実習):8~9週間を2回程度(4年生)
身体障害、精神障害、老年期障害、発達障害のうち、2つ以上を長期的に担当し、対象者の評価、目標設定、治療計画立案、治療までを実施する。実務や業務管理を経験し、作業療法士としての実践的な能力を身につける。

<実習で身につくスキル>
養成課程における実習では、作業療法士の実践的な知識や技術の他にも身につくスキルがあります。

・患者への親しみやすさ
学校以外で初めて会う患者に対して、実習では逆に学生が緊張してしまいます。実習では実際に作業療法士として働く時のために患者に慣れ、より良いコミュニケーションができるようになれます。
相手が気を遣わないようにフレンドリーな態度、馴れ馴れしい態度が気に入らない患者には笑顔で丁寧な応対など、信頼関係を築くためのコミュニケーションの構築が望めるのです。

・疑問に対する探究心
実習では、学校で得た知識で患者が抱えている問題を解決することになりますが、その中で問題解決のための方法論は自分で考える必要があります。しかし、問題を解決する方法については分からないことだらけであり、もしかすると正解はないかもしれません。つまり、問題を解決するためには、常に新しい知識を得ることが必要なのです。
その中で実習生は、専門用語を含めた知識や技術など、自ら知らないことを学ぶ姿勢を身につけることができるのです。 また、より深いサポートの計画を立てられるにはどうすれば良いかなど、疑問に対する探究心を持つようになり、結果、その探究心が患者のサポートに役立てられるのです。

┃作業療法士に必要な受験資格

国家試験の受験資格を得る方法として、作業療法士の養成課程がある大学で4年、もしくは作業療法士の短大・専門学校で3年以上学び、必須の単位を取得して所定の課程を終了することが必要です。

但し、既に理学療法士の資格を取得している人は、作業療法士の養成校で2年以上学ぶことにより受験資格を得ることができます。

それ以外にも、「外国で作業療法士の学校を卒業した」、もしくは「外国で作業療法士の免許を取得した」という人は、厚生労働大臣の認可を得ることにより受験資格を得ることができます。

作業療法士グラフ

┃作業療法士の国家試験

試験問題はマークシート方式です。5つの中から答えを1つ選ぶ問題と2つ選ぶ問題があります。試験は2日に分けて実施され、初日に筆記試験、2日目に口述試験と実技試験が行われます。

試験は毎年2月下旬~3月上旬に実施され、3月下旬には合格発表が行われます。※試験日時、試験地、合格発表日(ホームページでの掲載日)などの試験概要は毎年9月上旬に厚生労働省より発表されます

試験の場所は、「筆記試験」は北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県で実施されますが、「口述試験」「実技試験」は東京都のみで実施されます。

受験願書を含め、受験手続に必要な書類は各学校・養成所で入手できます。また、所定の手続きに従って、作業療法士国家試験臨時事務所および厚生労働省 からも入手することもできます。

詳細や問い合わせ先は「厚生労働省 作業療法士国家試験の施行」をご覧ください。

国家試験の合格率や合格基準は以下の通りです。

合格率:77.5%(第50回試験[平成27年3月実施]受験者数5,324人、合格者数4,125人)
合格基準:一般問題を1問1点(158点満点)、実地問題を1問3点(117点満点)とし、次のすべてを満たした者を合格とする。
・総得点:165点以上/275点
・実地問題:41点以上/117点
受験料金:10,100円
(2015年7月現在)

合格後は免許申請を行い、厚生労働省 で管理する有資格者の名簿に登録されることが必要です。登録免許税は9,000円です。

┃作業療法士の給料・年収

作業療法士も他の職種同様に、働く場所によって収入は大きく変わります。

ここで、厚生労働省 「平成26年賃金構造基本統計調査」による、理学療法士・作業療法士全体の平均給与を見てみましょう。

■平均年齢:31.3歳
■勤続年数:4.8年
■労働時間:166時間/月
■超過労働時間:4時間/月
■月給:274,000円
■年間賞与:609,400円
■年収:3,897,400円

出典:厚生労働省 「平成26年賃金構造基本統計調査」

作業療法士は医療職のため、高い給料を期待すると思います。しかし理学療法士同様、病院などの医療施設で働く人と介護福祉施設で働く人とでは給与は大きく異なります。もちろん医療施設では高く、介護福祉施設では低いということになります。

ただ、初任給だけで見ると作業療法士の給料は、日本の平均初任給よりも高いと言われています。しかし、その後があまり伸びない傾向にあると言われています。

では以下に、厚生労働省 「平成26年賃金構造基本統計調査」のデータと、リジョブで募集している求人の給与から概算した初任給とベテランの給与(常勤)を記しましたのでご覧ください。

初任給
月給:22~26万円(年収:282~335万円)

10年以上経験を積んだ作業療法士の収入
月給:30~38万円(年収:420~620万円)

訪問看護ステーションなどでは固定給に加えて、訪問件数に応じた歩合制を採用しているところもあります。

┃作業療法士に向いている人

リハビリを行う上で大切なのは、患者に寄り添う気持ちだと言います。これはリハビリ職すべてに共通することですが、とくに作業療法士は精神面の障害を抱えている方へのケアも行うため、よりそういった姿勢が必要とされます。

リハビリはなかなか結果が出ないこともありますし、自分がよいと思って考えたプログラムでも、患者に受け入れてもらえないこともあります。そのような場面でもすぐに対応できる柔軟性も必要です。

また、作業療法士のリハビリには手芸や家事、ダンスなどさまざまなことを取り入れます。すべてに専門性をもつ必要はありませんが、さまざまな情報に耳を傾け関心を持てる人が適していると言えます。

■作業療法士の志望動機

<作業療法士の面接のポイント>
面接でのポイントは「面接官が知りたい事」を把握することです。
面接官は当然、自社(自院)の利益を考えるわけですから、求職者に対しては「すぐにやめてしまわないか?」「長続きするかどうか」「社風や施設の雰囲気に合うか?」「成長への意欲はあるか?」などを知りたいと思っているのです。

<作業療法士の志望動機>
作業療法士の志望動機で多いものは、大きく3つに分けられます。

・リハビリの仕事に興味がある
「自分もしくは身近な人がお世話になった経験から、リハビリの仕事に興味を持った」というように、家族や友人などが入院した時に、そういった専門の職業があることを知り、作業療法士の仕事に興味を持ったというパターンです。

・人を助けたいという想い
人の日常生活を支えられる作業療法士を見て、「自分も誰かの役に立ちたい」「生活のサポートを通して、その人の人生を豊かにしたい」と考えるパターンです。この場合も、作業療法士という仕事を知るきっかけとしては身近な人がお世話になったというものが多いようで、実際に志望動機を書く時には、具体的なエピソードと併せると良いでしょう。

・社会貢献がしたい
3つ目は「社会貢献がしたい」というものです。患者の社会復帰により、社会への貢献につながるというロジックの考え方の他、「身体だけではなく、心のケアにも関われる」「患者とより密接な関係を築ける」のように、ケアすること自体が社会貢献であるという考え方があります。

3つのうちどれを採用するかと言えば、自分の経験や考えに一番近いものが良いでしょう。また、上記以外にも自分自身が作業療法士を志望するきっかけがあるのであれば、それはそれでオリジナリティがあって良いのではないでしょうか。

<理学療法士との違いについて聞かれたら?>
作業療法士とよく似た職業に理学療法士があり、面接でよく出る質問として「なぜ理学療法士ではなく、作業療法士なのか?」というものがあります。
これは面接官が「本当に作業療法士になりたいのか」を確認する意図があり、求職者は「作業療法士でないとだめな理由」を具体的にしっかりと述べる必要があります。そのためには作業療法士と理学療法士の両者の違いがわかっておく必要があるので、作業療法士だからできること・メリットなどを前もって勉強しておくと良いでしょう。

面接はどうしても緊張してしまったり早口になってしまったりしがちですので、事前に面接練習をし、本番でも自分の意見をきちんと伝えられるようにすることが大切です。
本番では慌てずに落ち着いて話すことを意識し、良い面接を受けられるようにしましょう。

┃働きながら作業療法士の資格をとるには?

働きながら作業療法士への転職を目指す場合、短大や養成学校の夜間部に通学する方法があります。夜間部の授業は18時以降開始のところが多く、社会人でも通いやすい環境です。しかし、実習は平日の昼間になるので仕事との調整が必要です。

クラスの定員は40名程度で、3年制か4年制のどちらかになります。学費は学校にもよりますが400~600万円が中心です。追加で実習費や教科書代がかかる場合もあります。大きな出費にはなりますが、支援金や奨学金の制度を受けながら通学している人も多くいます。

残念ながら通信教育では作業療法士の資格を取得することはできません。一部、国家試験対策などは通信講座を設けているところもあります。

┃作業療法士のスキルアップ

さらなるスキルアップを目指す作業療法士の方には次のような資格制度があります。どちらも日本作業療法士協会が運営しています。

■認定作業療法士

作業療法士としての実務経験が5年以上の方が対象です。都道府県士会に所属し、認定作業療法士の共通研修講座を修了後、筆記試験に合格するなどの諸条件をクリアすれば資格の申請をすることができます。資格の有効期限は5年で、その間に臨床実践の報告や後輩の育成指導など規程の実施条件を満たせば更新することができます。将来の管理者候補としてスキルアップを目指す方が取得しています。

■専門作業療法士
認定作業療法士として、さらに高度な技術や専門性を目指す方を対象としています。日本作業療法士協会により定められた研修実践、臨床実践、研究実践、教育と社会貢献の4実践を修了し、筆記試験に合格すると専門作業療法士として認定されます。こちらも5年毎に更新が必要となります。

┃作業療法士の求人

求人情報は理学療法士、作業療法士専門のサイトで探すことができます。正社員だけでなくパートアルバイトの募集もあり、理学療法士言語聴覚士も同時募集していることが多いのが特徴です。お気に入りの求人を検討リストで比較できたり、登録タグで絞り込みができたりと、便利な機能がたくさんあります。

雇用形態(正社員パートアルバイト)や働きたいエリア(杉並区内、新宿区内など)、通勤時間、最寄り駅からは徒歩何分かなど、希望の条件や優先順位を決めてから検索するとより自分に合った職場が見つかりやすくなります。求人サイトは掲載期間が決まっているので、気になる求人を見つけたら早めの応募をおすすめします。

リジョブでも、東京神奈川横浜)、千葉大阪兵庫神戸)の作業療法士の求人を掲載しているので参考にして下さい。

┃作業療法士の将来性

作業療法士の国家試験の合格者数は、この10年で2500人程度から4000人強と、人数の増減で言うと理学療法士と比べて緩やかではありますが、確実に増えています。その分、就職については競争が厳しくなることが考えられますが、作業療法士は活躍できる幅が広いので、その分、選択肢も多くなってくると言えます。なかには、行政や介護関連の民間企業で働く作業療法士もいます。

また、介護の分野では近年、リハビリに特化した、機能訓練特化型デイサービスや小規模リハビリ専門デイサービスが増えており、このような施設では機能訓練指導員として作業療法士を多く募集しています。

作業療法士には独立開業権はありませんが、柔道整復師や整体師などの資格をとって店舗を開設する人もいます。これからの作業療法士には、プラスアルファの能力が必要とされるとも言えます。

┃作業療法士の魅力

作業療法士は子どもから高齢者まで幅広く応対します。既に述べた通り、相手の状態に合わせてリハビリの内容は大きく変わるため、訓練を受ける人の年齢、性別、趣味などを考慮してプログラムを作成します。自分の考えたプログラムによって患者や施設の利用者皆様が日常生活を取り戻し、笑顔になるのを見るのがやりがいだと言います。

また、作業療法士は基本的に夜勤はなく、看護師など他の医療職と比べて残業も少ないので、結婚や出産後も働き続ける人も多くいます。福祉施設やデイサービスデイケアなどの介護施設では土日休みのところもあるので、そういった所を選べば定期的な休みもとりやすいと言えます。

作業療法士が扱う活動には楽器の演奏や絵画、陶芸など普通の人にはなかなか経験できないことも多くあります。そのため、訓練を受ける人に作業療法士自身が教えるのが難しいこともあります。そんな時はプロの講師を呼んだり、作業療法士自身が実際にレッスンを受けて勉強することになります。それにより、「自分自身の特技や趣味にもなっていくので楽しい」という意見も多く聞かれます。

業務の中で様々なことを体験でき、楽しむことができるのも作業療法士という仕事の魅力と言えるでしょう。




<リジョブ介護 人気カテゴリ>
職種ガイド 介護施設ガイド 介護問題 介護ニュース 介護インタビュー オススメ求人
職種ガイド 介護施設ガイド 介護問題 介護NEWS 介護のひと オススメ求人

介護のバックナンバーはこちら

img_24734_00_icatch

家族同士で支え合い、施設に助けられた14年。

島田洋七さん 島田洋七さん タレント:島田洋七さん 1950年2月10日生。72年に漫才師としてデビュー。75 […]

2017/07/14

img_24738_00_icatch

人生の最後を幸せにする仕事、それが介護なんです。

上条百里奈さん 介護福祉士、モデル:上条百里奈さん 2003年に中学の職業体験で介護を体験、感銘を受ける。高校 […]

2017/07/14

kaigo_kanagawa

神奈川のおすすめ介護求人14案件

神奈川のおすすめ介護求人をご紹介!介護福祉士、ホームヘルパー、機能訓練指導員、理学療法士など多数!リジョブの営業スタッフが実際に会社や事業所に伺い、そこで感じたことやお会いした代表の方の印象なども掲載しています。介護の求人を探すなら「リジョブ介護」。

2017/05/31

東京都のおすすめ介護求人

東京のおすすめ介護求人52案件

東京のおすすめ介護求人をご紹介!介護福祉士、ホームヘルパー、機能訓練指導員、理学療法士など多数!リジョブの営業スタッフが実際に会社や事業所に伺い、そこで感じたことやお会いした代表の方の印象なども掲載しています。介護の求人を探すなら「リジョブ介護」。

2017/05/26

kaigo_saitama

埼玉のおすすめ介護求人14案件

埼玉のおすすめ介護求人をご紹介!介護福祉士、ホームヘルパー、機能訓練指導員、理学療法士など多数!リジョブの営業スタッフが実際に会社や事業所に伺い、そこで感じたことやお会いした代表の方の印象なども掲載しています。介護の求人を探すなら「リジョブ介護」。

2017/05/17

kaigo_osaka

大阪のおすすめ介護求人1案件

大阪のおすすめ介護求人を一挙にご紹介!リジョブの営業スタッフが実際に会社や事業所に伺い、そこで感じたことやお会 […]

2017/05/08

職種別の記事まとめ