八王子くわの森整骨院|株式会社HEAVY DUTY|柔道整復師(スタッフ)の求人情報


基本給23万~70万/能力給有(例/入社6か月/担当20人/月給38万)社保完備
  • 正社員
職種 / 役職

柔道整復師( スタッフ )

給与

正社員 / 月給 23.0万円〜70.0万円

  • TEL応募:0120-954-077
  • 求人番号:012763

11人がこの求人への応募を検討しています

対象者全員にWでお祝い金プレゼント!

採用が決まったら最大10,000円プレゼント
さらに勤務し続けて最大10,000円プレゼント

「正社員」の募集要項

給与

月給23.0万円〜70.0万円

*研修期間あり
*インセンティブあり

例・・・1日担当20人/月給与:38万円(社会保険加入)

店舗名・勤務地

  • ・八王子くわの森整骨院
    東京都八王子市(八王子駅)

勤務地詳細

東京都 八王子市 横山町22-3 ミノルビル1F

勤務時間

09:00〜19:30

【平日】9:00〜12:30 / 15:00〜19:30
【土曜】9:00〜12:30

※遅くとも20:30には帰宅して次の日の備えを!

特徴

  • 制服あり
  • 未経験歓迎
  • 研修制度あり
  • 経験者歓迎
  • 社会保険完備
  • 駅近
  • 新卒歓迎
  • インセンティブあり
  • 交通費支給
  • 日曜休み
  • 独立・開業支援
  • 週6回
  • 接骨院・整骨院
  • ボディケア
  • スポーツ外傷
  • 骨盤矯正
  • スポーツトレーナー
  • 正社員
  • スタッフ

仕事内容

ボディケア / スポーツ外傷 / 骨盤矯正 / スポーツトレーナー

受付業務・治療業務・院内業務全般


骨折・脱臼・捻挫・挫傷・交通事故治療・骨盤矯正・骨格矯正・足底検査(フットルック)

休日

日曜休み

◎土曜午後・日曜・祝日・祭日
◎正月・お盆・GW・週末連休
◎土日の休み(月に1回程度、院長の事務仕事のために連休を取ります)

福利厚生

インセンティブあり / 社会保険完備 / 交通費支給 / 独立・開業支援 / 研修制度あり / 制服あり

●社会保険完備
●6段階の給与ステップアップ制度を整えております!
●インセンティブあり
●引っ越し補助最大100.000円
●交通費支給(15,000円/月迄)
●労災・雇用保険あり
●研修制度あり
●勉強会・セミナーあり
●開業支援あり
●制服支給

求める人物像

●人と接するのが好きな方
●元気で患者様とまっすぐ向き合える方
●これから大きくするグループの中核を担ってもらえる方
●整骨院業務にサービス業の視点を持てる方
●既存グループ院で、患者様への定型的な対応に嫌気がさした方

※応募資格詳細※
●柔道整復師の国家資格をお持ちの方

役職の詳細

柔道整復師

整骨院は急速に増えてきています。
10年後、30年後に生き残るために何が必要かしっかり考えなければなりません。

企業の夢・想い

<新規ライバル院が増え続ける中、患者様は自分の院を選んでくれるか>

治療技術だけ、話術だけ、マッサージだけの
院では、今の厳しい状況のこの業界では生き残れません。

当院では「痛みを取り去り、再発させないようにする」をモットーに
「続けて通いたい!」「また痛くなったときにあの院に行こう!」と
患者様に通院することに魅力を感じてもらえるような治療と応対を目指し、日々精進しております。

PR

長文になりますが、小規模な整骨院なのに高給なのが気になる・・・
・・・という興味を持った方は是非☆

・グループ院でのやり方は苦手・・・
・もっと患者と向き合う時間が欲しい・・・
・でも社会保険がないまま、将来の計画も立てられないまま働くのは不安・・・

そのような方はご応募後、お気軽にご相談ください。
スタッフがプライベートも仕事環境も充実して働くことが出来る院を目指しております。

1■患者さんの疼痛を取り去る理屈は非常にシンプルです■
→患者の症状のほとんどは理屈で解決できます。ただ、患者は理屈を聞いてくれません。

2■この業界は経営者が利益を総取りする世界です■
→別に経営者が総取りしなくても、もっと先生達に還元できるはずです!

3■この業界は労働環境が悪い!■
→整骨院業界の労働条件はほぼブラックです

4■グループ院で分院長/高給取りを目指すのは非常に高いハードル■
→月70万~月100万の給料の先生なんか大きなグループ院でも一握りしかいません!

5■出世競争しなくても食べていけます!■
→院長自身が出世競争が嫌いです

6■新人は個人院とグループ院のギャップに驚く■
→グループ院ではノルマがすごくて勉強の時間が取れず、個人院では自由すぎて勉強するモチベーションが持たない

7■連休は出かけて下さい!お父さんは家族サービスしてください!■
→プライベートを満喫しないと雰囲気や話題の狭さから患者がそれを察します

8■八王子くわの森整骨院では患者が多くて人手が足りません■
→オープンから一緒に頑張ってきたスタッフがめでたく独立したので、八王子くわの森整骨院では現在、人手不足になっています。


■■■■■患者さんの疼痛を取り去る理屈は非常にシンプルです■■■■■

→患者の症状のほとんどは理屈で解決できます。ただ、患者は理屈を聞いてくれません。

疼痛を取り去る理屈は基本的に難しくありません。

「正確に身体をチェックでき、それに応じて適切な処置を行い、固定/冷却/安静を維持する」

という点を「確実」に行うことです。
この点を無視して「どこにも負けない技術」「最新機器で疼痛を除去する」等の話をしていても話が進まないのでは?と思います。

この業界では、痛い部分を繰り返しマッサージしているうちに、どの筋肉にアプローチしているか本人もわかっていないうちに疼痛が引く、という先生としては少し問題のある治療を行っている方が多く見受けられます。

当院ではまず基本的な治療はもとより、消炎鎮痛で必要な部分を「確実」に患者へ提供するためにしっかりとしたローププレイングを行います。よく「生活指導をしたけど患者がやってきてくれない」という話をよく聞きますが、患者がいうことを聞かないのではありません。単純に先生の説明の力量、患者の先生/治療に対する信頼感が足りないので指導を聞かない、というシンプルな構図です。

目の前の患者さんの「痛みが引かない原因は何か?」「治療のどこに不備があるのか
(なぜ治らないのか)」「どのようにしたら信頼してもらえるのか?」に的を絞って
研修を進めていきます。そこを突き詰めれば数字を求めなくても患者数は自然とついてきます。

もちろん皆の稼ぎで施術スタッフの給料や受付スタッフの給料が出るので、最低限、赤字を出さない患者数は必要ですが、ちゃんと課題に向かって一生懸命やっていればそこを評価します。

患者の痛みが引かないとき、その患者から知識や口先で逃げないで向かい合う肚(はら)を身につけなければ患者はその先生を信用してくれないと思います。この業界では知識のある先生が支持されるわけではないのです。患者に確実に伝え、効果を出して、患者と向き合うことで初めて支持してもらえると考えています。


■■■■■この業界は経営者が利益を総取りする世界です■■■■■

→別に経営者が総取りしなくても、もっと先生達に還元できるはずです!

整骨院業界の恥部とも言える部分なのですが、表題の通り整骨院業界では経営者が利益を総取りする業界です。レセプトや自費は税務計算等が難しいので、一般の先生方はどの程度収入があってどの程度出費しているのかあまりイメージ出来ないことが
多いのではないでしょうか?

気づいた頭の回転の早いスタッフはいち早く独立を目指します。ただ残念なことに整骨院業界以外で正社員という立場で仕事をしたことがないので自分で開業する、自分で飯を食う、ということがほとんど分かっていない先生が多く、独立後に院を維持するのに精いっぱいという先生方がほとんどです。

独立をするのに1番必要な「経営感覚」というものを学ぶ前に辞めてしまうケースが非常に多く、技術も患者対応も申し分無く、あともう少しなのに勿体無いなぁという知人も数多くみて来ました。最短で独立を目指すには、どの程度のレベルの仕事が必要で自分はどのレベルにいるのか、という客観的な視点が持てないと難しいかと思います。

八王子くわの森整骨院では、治療的な観点はもとより経営に必要な出費、患者さんがこのぐらい減るとこのような収支になる、というような具体的な内容もしっかり教えます。

ちゃんと普通に仕事をしていれば普通に食べていける業界なのですが、治療に特化した先生達は盲目になってしまっている方が多く、例えばお金が無いのに最新の治療機械を買うような「それは自分でお金を稼ぐ腕を身に着けてから買いなさい!」というレベルのことも盲目になってしまっている場合があります。八王子くわの森整骨院から独立するスタッフには絶対にそのような目には遭わせません!

またそもそも独立しなくても正社員で十分食べていけるような体制を目指しておりますので(年収600万から800万前後を目標)今よりもどのような形がもっと無理なくスタッフに還元できるのか、ということをいつも試行錯誤しています。何かピンと来た方は是非くわの森整骨院にお力添えいただけると心強いです。


■■■■■この業界は労働環境が悪い■■■■■

整骨院の仕事は朝から夜まで仕事をする割に薄給です。薄給で長時間労働、患者の人生を左右するような痛みを持った身体を施術する、という精神的にも非常に酷な業界です。

最近は整骨院のグループ院化が進み、効率と患者数を重視した施術スタイルで施術を行っているところが多く、治療の時間は短時間、1日30人近くの患者を診て、治療に入らない空いた時間にもノルマを課せられ、スタッフが息をつく暇もありません。

また、どの業界にも言えることですが、知識の向上も不可欠なので患者の前に出て恥ずかしくないように仕上がるまで、土日の研修はもちろん、連日連夜の研修を行っているところも多々あります。
患者と向き合い、しっかり自分と向き合えば結果はおのずと出てくるものですが、まずそれが出来る環境に無い(ノルマに追われて自分の勉強をする時間がない)ということが根本的な問題です。

八王子くわの森整骨院では、スタッフに効率と患者数を求める前にスタッフが気持ちよく働ける環境を準備するのが先、と考えております。
スタッフ達も毎日週末までは明日の仕事が控えていますので、夜遅くまで働いていること自体が次の日に差し使えます。疲労は次の日に接する患者とのやり取りに直接響きますので、患者さんには申し訳ないのですが、新患の受付は人手が足りないときは
早めに切り上げてしまっています。
(新患19:00締切、19:30最終受付、20:00帰宅、 遅くとも20:30帰宅)

※混雑がひどくなければ基本的に20:00過ぎには帰宅出来るようにしています。
※「出来る仕事は仕事中に!」がモットーです。

院長の事務仕事がたまり気味なので、よく週末に連休を取ります(月1回程度)またそれとは別に正月、GW、お盆の夏休み、秋の連休等も割と長めにとります。
(休みの間も院長が事務仕事をこなしますが、個人的にちょっと休みが欲しいので・・・)

スタッフのプライベートが充実していないと、治療されている側の患者がそれを感じ取りますので、週末は是非!遊びに行ったり、子供の面倒を見たり、または個人的に勉強したり等の時間に充ててください。そして週明けには元気に出社してもらう形が理想です。

■■■■■グループ院で分院長/高給取りを目指すのは非常に高いハードル■■■■■

→月70万~月100万の給料の先生なんて大きなグループ院でも一握りしかいません!
→でも業界を経験すればするほど「開業できないのでは?」と不安になっていく

グループの分院長の座を獲得するということは、

「熾烈な競争を最後まで生き残る」

ということ。
限られた数のポジション争いに負け、自分に自信をなくして開業も出来ずにグループに残っている先生は思っている以上に大勢います。
(分院長に就けない、分院長を続けることが出来ない先生方が8割~9割方を占めます)

そもそも競争を繰り返した世代だと既に引くに引けない世代になってしまい(20代後半)、結婚して子供が出来ると(30代前半)、もうなおさら開業には二の足を踏んでしまい、開業する自信を無くしてしまった先生はグループに残るしかありません。

恐らく経営者であればそのあたりの事情を事情をよくわかっていると思います。
全てのグループ院がそうだとは思いませんが、そのように考えて組織づくりをする経営者が多いのも事実です。

ご存知かもしれませんが、ここ10年間は(特にこの5年は)物凄いペースで
整骨院の開業が相次いでいます。八王子くわの森整骨院の周りにも開業してから
既に20店舗以上の整骨院が出来ており、店舗を縮小する院、閉院する院も
ポツポツと出てきました。
(増えた院数を分母として新患が分散するので当然といえば当然ですが)

現在の開業のリスクは昨今の開業コンサルタントが言っているような悠長なものではなく、5年前とは全く違う、ある程度院の規模が無いと生き残れない非常に厳しいものとなっています。

例えば「事業を拡大しよう」と考えたとしても、ネットで広告にお金をかけられるグループ院に新人/人材が流れていく→広告にお金をかけられない新規開業/院長1人の院では、単純に考えて先生が入ってこないのです。先生が来なければ院の規模は大きくなりません。

またこの業界は新人が平均1年で辞めてしまう業界と言われます。苦労して育てた新人が辞め、また違うタイプの新人が入り・・・その中で経営者は摩耗していきます。
院の経営はもとより「モチベーションを保つ」のが難しいのです。

一方、グループ院のステップアップ方式の給与体系は非常にシビアです。なぜ初任給が27万~なのか、なぜステップアップという目に見える形で給与が決まるのか、それは「ノルマ達成」が必須だからです。

ノルマを達成する、ということは思った以上に難しいですし(達成して「維持」するのが大変です)実力がついて結果が出るまで時間がかかります。ノルマ達成=収入増という、ある意味わかりやすい給与体系です。

くわの森整骨院ではしっかり日常から患者に触れ、正しく症状を把握して適切な処置を行い、自分で患者と向き合った結果が数字だと考えております。患者としっかり向き合えるよう、まず「患者の疼痛を取り去り、再発させないようにする」をモットーに研鑽に励んでもらいます。

もし開業を望んでいる先生には開業時に必要なことは(レセプト/保険者対策/物件探し等)すべて包み隠さず教えます。また後程の項目で記載してありますが、30代を過ぎた社会人がせめて一般的な会社並みの待遇でこれからも食べていけるように、と給与体系を整えております。
(単純に成績に応じて給与を支給する「インセンティブ方式」と、普段の仕事っぷりを評価する「ステップアップ方式」を取り入れております)

※「短期間で院長になれる!」というような意味合いの文言にはご注意下さい。恐らく急展開しているグループ院で柔道整復師が足りていないのかと思いますが、そのグループには柔道整復師の免許を持っていない鍼灸師や学生、整体師は働いていませんでしょうか?しっかり確認しておかないと、先に治療より院の運営をさせる院はもとより、柔道整復師が確保できていないグループでは尚のこと、治療家としての業務よりも先にレセプト対策や保険者対策等で時間を取られ、肝心の治療や症状を考える時間が取れない院も多く存在しています。院長という肩書を持った「雇われ院長」の経験しかしていない先生が開業時に一番失敗しやすいと言われています。

■■■■■出世競争しなくても食べていけます!■■■■■

私は・・・

「熾烈な出世競争」
「「私の使命」を唱和し、熱い想いを紙に書いて張り出す」

ようなものを好みません。
(熱い想いは患者に向き合うときに自然と伝わるものだと思っています)

経営者に過度にアピールしなければ出世できず、役職が上に行かないと食べていけない、という業界の風潮に少し風穴を空けたく当院ではスタッフ個人の成績に対しインセンティブ制度を導入しております。

これは正社員であれば誰にでもチャンスがあり、たぐいまれな才能を持った方でなくても「しっかりやるべきことが出来ていれば自然と後から患者数はついてくる」ということを肌で実感して欲しくて取り入れた制度です。スタッフ達が自分の仕事っぷりを実感できるよう、ある程度の形として利益を還元します。

(1日平均20人(月に入る新患12人)であれば、正社員になったばかりのスタッフでも基本給23万円+インセンティブ15万円=38万円)少し利益計算が出来る先生であれば、患者が増えた分の利益をそのまま先生に還元しているだけ、ということがわかると思います。

患者が増えた分はそこまで会社自体の利益になりません。最低限度の患者数があればこの業界は十分食べていけます。例えば近々の院の数字で言えば、院長の2月の新患数は4人ですが、平均20.3人です。1人の患者が疼痛緩和の時期に続けて来院してだけで平均数が跳ね上がります。1日平均20人/新患月12人は決して無理な話ではありません。特に接客業を体験したことがあるような先生であれば、入職後そう時間がかからずにほぼ達成できる数字だと思います。

達成できない先生は・・・

「それは人と接するサービス業としてやってはいけない」
「そんなことをしていたら良くなるものもよくならない」

等、接客業としての経験が浅い、対応やコミュニケーションにそれ相応の問題がある場合がほとんどなので、
来患数が伸びない理由はしっかり指摘できると思います。あとはしっかり自分の課題と向き合ってもらうだけです。そのサポートは全力で行います。

※過去にグループ院を経験されていて「俺は1日30人こなせるよ」という実績と自信のある方、
八王子くわの森整骨院では個人の力量がはっきりわかる体制で業務を行っており
患者一人一人の症状や性格がわかっていないと、まずほぼほぼ結果が出ません。

院長はギラギラした熾烈な出世競争が嫌いです。そんな競争が起こるくらいなら院を他の方へ譲ろうと思っております。
例えば2人の先生が「分院長をしたい!」と自分から言ってくれば (その実力が見合えばですが)2つ空き店舗を探せばよいだけです。そのようなやる気に満ちたスタッフが集まってきたら楽しいだろうなぁとは思いますが、多店舗展開したとしても3~4店ではないでしょうか。ですからあまりスタッフが求めない限りは沢山院を作りません。経営者自身の目が行き届くのはせいぜい3~4院が限界では?と思っています。

※独立開業を前向きに目指す人には優しく丁寧に、しかし押さえなければならないところは厳しく教えます
開業を目指している方、自分の力試しの場としてくわの森で働いてみませんか?

■■■■■新人はグループ院と個人院とのギャップに驚く■■■■■

→グループ院ではノルマがすごくて勉強の時間が取れず、個人院では自由すぎて勉強するモチベーションが持たない

この業界で新人がどのように求人先を探すか?基本的に大手の求人広告会社を利用する方がほとんどで、実際にその院のサイトを検索したりする新人は最近あまり見かけません。サイト上の情報だけだと情報が偏っていて応募する際にどのような会社なのか?と具体的な情報が少なく不安だからでしょうか。


求人広告をみて社保などを完備している良い条件のところはまずほとんどがグループ院です。個人院で社保を完備しているところはそう多くありません。
(社会保険料を支払うのが大変だからです)
院が好立地なのもグループ院の資本があるからこそ、休みや給与が好条件なのも
資本があるからです。

まずこの業界に入った先生が最初に目に入るのが、やはり「給与/休みが好条件で社保か」ということ。その他、立地が駅から近くかどうか、院の雰囲気や職場の人間関係などを少ない情報から推測して応募します。

ここでまず最初にグループ院に新人が多く入ります。縁故や知人のつてなんかもあるかもしれません。

この業界に入った先生は最初からこの業界はこのようなものだ、という印象を持ったまま、ノルマに追われながらこの業界で新人→主任→副院長→院長という出世をしていきます。

方針や院との相性、ノルマ等の問題で他の個人院に移る方もいるかと思いますがその先生がグループ院から他の個人院に移ったときに感じるギャップがまず「自由」ということ。個人院の先生は忙しく、なかなかスタッフの教育に割く時間が取れないので、スタッフの治療や対応の細かな部分が指導しきれない院が数多く見受けられます。
(最初は厳しく指導しても、その後は忙しくて継続してチェックはできないので
ほぼその先生任せの治療になる等)

また地域で知名度もあり昔からの患者が多く、患者数で困っていないので治療に対して課題が無く治療自体が漫然としてしまっている院も多く見受けられます。

自由にできるといえば聞こえはいいですが、それはその新しい先生に実力が伴ってこなければそのまま漫然と惰性で時間が過ぎてしまうということ。またそれをチェックしてもらえないこと。これは結構恐ろしいことです。

勉強するにしても周りの環境がそのような空気でないと、自己分析をして継続して自分だけ勉強をするというのはなかなか骨が折れます。自分自身の課題について勉強する時間が取れずに開業して、なぜ自分のところに患者が来ないのか自己分析できない方も非常に多いと思います。

八王子くわの森整骨院では必ず週に1回、院長とマンツーマンで治療や対応について、質疑応答の時間を取っています。また本当に本人が苦手としているところに即結果を求めるようなことはしません。その人がその業界で食べていくにはいずれ必須となる部分ですが、不得手な部分を除いたとしても患者に対して働きかけることはいくらでもあります。

今できることを精一杯やり、自分としっかりに向き合える先生であれば八王子くわの森整骨院はずっとサポートし続けます。


■■■■■連休は出かけて下さい!お父さんは家族サービスしてください!■■■■■

→プライベートを満喫しないと雰囲気や話題の狭さから患者がそれを察します。

八王子の患者さんは所得中間層~富裕層の患者が多く、質の高いサービス業の対応を求めている患者が多いので、話をするスキル以上にその人の人柄や体調が非常に仕事に影響します。自分の身体を知らない人に預けなければならない患者の不安な気持ちを
考えたことはあるでしょうか。

身体が痛くて困って弱っているのに疲れているからとマニュアル対応をされると、言っていることは正論でもなんだか腹立たしいものです。スタッフが疲れてきて対応が雑になってくると患者は察します。
※特に主婦層~ご年配女性はコミュニケーションの達人です。対人スキルに自信があってもいずればれると思って間違いありません。

整骨院の先生にはプライベートも大切!と考え、年末年始/GW/お盆休み/秋の連休の他に(院長がバタバタして忙しいのでこの連休で事務仕事をこなします)土日の連休を多く取っています。

せっかくの1度切りの人生ですので、自分が思うように使える時間があるということは使い方は人それぞれにしても無駄にはなりません。

私は連休は元気に外に出かけ、週明けから院で患者とその話をして盛り上がる、というのが理想的かなぁとは思うのですが、八王子くわの森整骨院のスタッフは皆かなりのアスリートのはずなのになぜかインドアが多くもう少し外に出たらいいのに・・・と思うこともあります。院長はアウトドアのタイプなので、少し院内に刺激を入れてくれる方は大歓迎です。
(アウトドアタイプでない場合はスタッフ達が温かく迎えてくれます)

現在、2歳児の長男がいる院長はほとんど休みがありませんが、みんながしっかり休みを取れるようになったらそれから「しっかりと」休みを取りますので、ご協力の程よろしくお願いします!早く我が息子の世話を沢山してあげたいです!

■■■■■八王子くわの森整骨院では患者が多くて人手が足りません■■■■■

→オープンから一緒に頑張ってきたスタッフがめでたく独立したので、八王子くわの森整骨院では現在、人手不足になっています。

現在先生3人+受付3人体制で施術を行っておりますが、ここで院の中核を担う4人目の先生の入職を希望しています。
(即戦力や魅力的なスキルを持った先生ではなく、しっかり自分と向き合うことが出来るスタッフを希望しております)

八王子くわの森整骨院では患者と比較的長く向き合う時間を取っているので、3人の施術スタッフで平均50人後半~60人前半と表向きはやや少なめの来患数ですが、スタッフは患者と接している機会が多い分、密度の高い時間を過ごしていると思っております。
(GW前後は80人オーバーでスタッフ達も余裕がありませんでしたが)

治せない患者に出会ったとき「なぜ治らないのか」と自分自身と向き合う時間がとれます。治せない患者に対して施術側もなにをやっているのかわからないマッサージをしていてはいけません。

まだSEO対策してないのでほとんど活用しておらず少し時代遅れなのですが、有難いことに新患は多く、最近は混雑のために直接来られた患者さんを受け入れられないことが多々あります。「この新患さんを受け入れられれば」・・・という気持ちはくわの森のスタッフが皆が感じているところです。

皆「4人目のスタッフがいれば」・・・と、思っており、入職してきてくれた先生はまず間違いなく温かく迎えて差し上げられると思います。

ご応募を心待ちにしております。


かなりの長文になってしまいましたが、ここまで読んでいただけて、もし少しでも気にかかる部分があれば、お気軽にご応募いただければと思います。

ご縁をいただければ幸いです。 院長 劒持

「正社員」を募集している店舗

各店舗の特色(詳しい給与、一緒に働くスタッフ、サービスメニュー、客層など)が見られます

応募と今後の流れ

●リジョブの応募フォームよりご応募

●面接可否を、電話もしくはメールにてお知らせ致します。
※ドメイン指定受信の解除を予めして下さい。

●担当者と面接

●採用決定

◎入社

※採用方法が変更となる場合もございますので、ご了承ください。



【面接地】
院にて

給与
【正社員】
月給23.0万〜70.0万
電話番号
0120-954-077
10:00〜20:00
求人番号:012763
お問い合わせの際求人番号をお控え下さい

Wでお祝い金プレゼント!

採用が決まったら最大10,000円
さらに勤務し続けて最大10,000円

11人がこの求人への応募を検討しています

対象者全員にWでお祝い金プレゼント!

採用が決まったら最大10,000円プレゼント
さらに勤務し続けて最大10,000円プレゼント

  • TEL応募:0120-954-077
  • 求人番号:012763

企業情報

企業名

株式会社HEAVY DUTY

(企業のこだわり・自慢 / オーナーからのメッセージ など)

店舗情報

店舗名

八王子くわの森整骨院 (東京都八王子市)

(一緒に働くスタッフ、サービスメニュー、客層など)

この店舗の想いに共感したらシェアして応援!

この求人をfacebookでシェアすることで、あなたの友達から友達へと、この店舗のことを知ってもらうことができます。

求人を検索する

詳細条件

で検索する