美容師の仕事を知ろう! 資格取得方法からキャリアパスや給料、将来性を徹底解説!

お客様がきれいになって、自分に自信を持って毎日を過ごせるようお手伝いをする美容師。美容のプロである美容師にあこがれたことがあるという方も、少なくないでしょう。ですが、なかには「美容師として働き続けることができるか不安」という方もいるかもしれません。

ここでは、美容師免許の取得の仕方や必要な手続きや費用と、美容師の仕事の内容、美容師として自分らしく活躍していくための考え方について解説します。

美容師になるために必要な国家資格とは

「美容のプロになりたい」という人にとって美容師の資格は、夢のための最初の一歩です。美容師の資格を取得することで、美容分野での活躍の幅は広がります。

ここでは、美容師免許の取得方法と美容師免許をとったうえで、さらに役立つ美容関係の検定についてご紹介します。

美容師免許とは? 取得方法と正式な美容師名簿への登録方法

美容師免許は、美容関係で唯一の国家資格です。国家試験の受験資格を満たしたうえで、国家試験を受験し合格してはじめて、美容師として働くことができるのです。

厚生労働省が指定した美容学校には、どのようなタイプの専門学校があるのでしょうか。国家試験の受験資格と合格率、美容師免許登録の手続きなど、美容師になるまでの流れについて解説します。

1.厚生労働省指定の美容学校に通う

美容師の国家試験を受験するためには、厚生労働大臣が指定する美容師養成施設を卒業する必要があります。ここでの美容師養成施設とは、いわゆる美容専門学校のこと。2年以上かけて学ぶ通学制と、3年以上かけて学ぶ通信性の専門学校があります。

通学制の美容専門学校には昼間課程と夜間課程があり、高等学校卒業が入学資格になっている場合がほとんどです。しかしなかには、中学校を卒業していれば通える専門学校がある都道府県も。
夜間の美容専門学校は東京や大阪、愛知などの大都市圏を除くと、各都道府県にひとつあるかないかですので、確認してみましょう。

通信制の美容専門学校の多くは、中学校卒業または、中学校を卒業して美容関係の仕事の補助の仕事をしている場合に入学できます。しかし、県によっては高等学校を卒業していることが条件になっている場合もあるので確認が必要です。

通信制コースの学費は通学制の半分以下ですが、教材やスクリーニング時の交通費が別途かかります。

2.美容師国家試験を受験|合格率は5割~8割と高め

美容師の国家試験は、厚生労働大臣が指定した(公財)理容師美容師試験研修センターが実施しています。受験願書と卒業証明書、証明写真などを提出するとともに、25,000円の受験手数料の納付が必要です。

毎年8月から9月にかけて、実技試験と筆記試験がおこなわれます。実技試験の会場は滋賀県と高知県を除く各都道府県、筆記試験は北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、岡山県、広島県、愛知県、福岡県、鹿児島県、沖縄県の13都道府県です。

実技試験では、カットの技術を見る実技試験第1課題のカッティングと、セットの技術を見る実技試験第2課題がそれぞれ20分もしくは25分あります。

第2課題にはパーマをかける際のロッドに髪の毛を巻いていくワインディングと、自然なウェーブを作るオールウェーブセッティングから、その年によって交互に出題されます。

年度の後半におこなわれる国家試験の合格率は5割前後。一方、年度の前半におこなわれる国家試験では、8割以上です。

これは各美容専門学校が国家試験対策に力を入れていて、年度の前半におこなわれる試験で学生が多く受験することが影響しています。

3.美容師名簿への登録(免許申請)を経て美容師に

出典:http://www.sb.rbc.or.jp/pdf/bi-shinki-02_v1.pdf

美容師国家試験に合格しただけでは、まだ美容師として働くことができません。美容師名簿への登録、つまり免許の申請が必要です。

<美容師免許申請に必要な書類>
・美容師免許申請書:免許登録税として9,000円分の収入印紙を貼付
・戸籍抄本や本籍が記載されている住民票の原本(現在の氏名、本籍地、生年月日、性別が記載されているもの)
・精神機能の障害に関する医師の診断書:所定の様式に医師に記入してもらう
・免許交付手数料5,200円の払い込み済の振替払込請求書かご利用明細票

美容師の免許登録も、国家試験をおこなっている(公財)理容師美容師試験研修センターが国の指定を受けておこなっています。
必要な書類が準備できたら、簡易書留で理容師美容師試験研修センターに送付しましょう。この際、封筒の大きさに指定はありませんが、申請者の郵便番号と住所、氏名の記入を忘れないよう気をつけてください。2~4週間程度すると、簡易書留で美容師免許証が届きます。

あれば役立つ美容師免許以外の資格とは

美容に関する国家資格の美容師ですが、ほかにも美容の仕事をしていくうえで役立つ資格があります。ここでは4つの資格をご紹介しましょう。

・色彩技能パーソナルカラー検定
NPO日本パーソナルカラー協会が実施。色彩学にもとづき、色の属性から色を見分ける力があることを示す資格です。
初級、中級、上級があり、それぞれモジュール1~3とあらわします。数字が大きくなるほど難易度も高くなるのが特徴です。

・着付け技能検定
職業能力開発促進法にもとづいて、全日本着付け技能センターが実施している検定です。1級のみ、厚生労働大臣名の合格証書で1級着付け技能士を名乗ることができます。2級でも技能センター理事長名の合格証書で、2級着付け技能士を名乗ることができる資格です。

・日本メイクアップ技術検定
日本メイクアップ技術検定協会(JMA)が実施している、正しいメイクの基準となる認定資格です。3級、2級、1級があり、1級では、カウンセリングでお客様の希望を聞きながらメイクをおこなえるようになります。

・メイクセラピー検定
メイクセラピストジャパン・メイクセラピー検定事務局が実施。化粧療法のひとつとして位置づけられている、心理カウンセリングの手法を取り入れたメイクアップ技法です。3級、2級、1級、特級があり、3級は在宅での筆記テストで取得できます。

そもそも美容師と理容師で何が違う?

どちらもヘアカットをおこなう美容師と理容師。女性が行くのが美容院、男性が行くのが理容院と思っている方もいるかもしれませんね。

美容師と理容師は、それぞれ美容師法、理容師法で業務が定められています。

・理容師
頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整える

・美容師
パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくする

理容師と美容師は、いずれもパーマやカットをおこなうことができます。しかし理容師はヘアセットやメイクはおこなえず、美容師は化粧に付随していない顔そりをおこなえません
この業務範囲の違いが、理容師と美容師の違いとなります。

美容師とは? 美容師の仕事内容について解説

美容師とは、カットやパーマだけでなく、ヘアセットやメイクなどで美しさを実現する職種です。美容師のおもな仕事であるヘアカットやパーマ、カラーリングは、どのようなことに配慮して施術をおこなっているのでしょうか。

また、美容師には着物の着付けのスキルがあると、美容師としての活躍の幅が広がります。さらに近年、ニーズが高まっている注目を浴びているのがネイルやメイクです。

どの施術も、施術後の美しさを維持するためには、カウンセリング・アフターフォローなど、お客様の日常生活に対する対応も必要です。美容師がおこなう、これらの仕事内容について解説します。

ヘアカット・トリートメント・カラー・パーマなど

美容院での美容師のおもな仕事は、ヘアカットやトリートメント、カラーリング、パーマなどでヘアスタイルを美しくすることです。来店したお客様の要望を聞きつつ、お客様の髪質や髪のくせ、ライフスタイルを考慮しながらお客様の希望を実現して、より美しくなれるようなヘアスタイルを作り上げます。

・カット
洗髪し乾かした際にもまとまりがよく、お客様が自分でセットしやすいように、髪だけでなく全体のバランスを大切にします。数週間して髪が伸びてきてもバランスが崩れにくく整えることも大切です。

・パーマ
髪にウェーブをつける場合と、髪をストレートに伸ばす場合があります。おもに、熱を加えるタイプのデジタルパーマやエアウェーブと、熱を加えない水パーマやクリープパーマの2種類です。またパーマは髪が乾くとウェーブが緩やかになる特徴がありますので、セット後をイメージしながらおこないます。

・カラーリング
サロンの照明の下と自然光の下で色合いが異なります。自然光では髪色が明るく見えますので、日中過ごす場の環境やライフスタイルなどを聞き取って、お客様のお好みの色合いを演出できるよう配慮しましょう。

ネイルやメイクなど

最近では、美容室がトータルビューティサロンとしてネイルやメイクまでおこなう店舗があるうえ、ネイルやメイクの専門店も増えてきています。ネイルやメイクを施術する際には、講習会などで学んで技術を取得すれば特別な資格は必要ありません。

しかし、美容師という美容の国家資格を持っていることは、ネイルやメイクといった美容の場面でもより活躍しやすい条件となるでしょう。

・ネイル
爪を美しく飾るだけでなく、基本的なネイルケアやハンドケアの施術をおこなって、健康で美しい手や指先を演出する技術です。

・メイク
肌のくすみを隠し、美しく装うだけでなく、スキンケアの知識や施術が求められることがあります。美容サロンなどではお客様も日常的にできるメイクを教えることもありますし、専門的なスキルを駆使してメイクをおこなわなければならない場面もあるでしょう。

着付け

美容院では、成人式や結婚式などの着物の着付けをヘアセットと合わせておこなうこともあります。また、美容師がホテルやイベントの会場に出張して、着付けとヘアセットをおこなうことも少なくありません。

お客様に着付けをする際に必須の資格はありませんが、着付けのスキルを身に着けていると、活躍の幅が広がるでしょう。

着付け技能士という資格を取得すれば、着付けのテクニックや、着物に関する知識やスキルを身に着けているこということ証明できます。ただ着付けをおこなうだけでなく、着崩れたときの対処法を伝えたり、着物の歴史や知識なども踏まえた着物や小物を選んだりできる証となるのです。

着付けに関しては着付け技能士以外にも、各着付け教室などで着付け講師や師範などの認定制度があります。学びやすい方法を選んで身に着けておくと役立つでしょう。

カウンセリング・アフターフォローなどのお客様対応

「美しさ」という概念は共通している部分もありますが、美しさへの思い入れの程度や、何が美しいと感じるかは人それぞれです。そのため美容師は、お客様の求めている「美しさ」を正確に把握して、「どうやったらお客様のライフスタイルのなかで、その美しさを実現できるか」を考えなければなりません。

カウンセリングでは、お客様の美容の悩みや「こうなりたい」というイメージをしっかり把握すると同時に、「日常生活でどのような場面が多いのか」「とくに美しくありたいのはどの場面か」も聞きとる必要があります

お客様の希望に合う施術を提案しつつ、施術にかかる料金や時間の説明も必要です。そのうえで、お客様の予算や時間のゆとりにも配慮して、施術をおこなっていきます。

さらに、ホームケアの際のアドバイスや美容グッズの販売、その後のアフターフォローなどもおこなうことで、施術後の美しさを維持するサポートをしましょう。

美容師が活躍できる職場と将来性は

美容師が働いているのは、美容室や美容サロンだけではありません。ブライダル業界やファッション業界はもちろん、テレビ番組やCM、雑誌などのメディアで活躍しているモデルや芸能人のスタイリストとして働く場合もあるでしょう。

さらに最近では、介護や福祉の業界などでも美容のスキルが求められており、今後も美容師の働く場所は広がっていくと考えられます。ここでは、美容師の可能性、活躍先や将来性についてご紹介します。

美容室・美容サロン・トータルビューティーサロンなどで働く

多くの美容師が活躍しているのは、一般的な美容室やサロンなどです。美容師の免許を取得してから働く場合と、美容院で働きながら美容師の免許を取得する場合とがありますが、いずれにしても最初はアシスタントから始まります。

都心のおしゃれな美容サロンで、センスとスキルを磨いて流行の最先端で美容にかかわって活躍していくことをめざしている美容師も多くいます。最近はスキンケアやメイク、ネイルなど、トータルな美しさをワンストップでおこなう形態の美容サロンも増加傾向です。
国家資格である美容師の免許があることは、エスティティックサロンなどの責任者になる際にも役立ちます

また、昔ながらの地域密着型の美容室を運営することも可能です。どんな地域でもそこに人がいれば、美容室のお客様になってもらうことができます。

さらに世界で腕を磨くため、ロンドンやパリなどに美容師留学する人もいます。美容師のようにスキルを持った職業は、ワーキングホリデーなどの制度を使って海外で働く際にも有利です。リジョブでは海外で実際に活躍している美容師にインタビューしたコンテンツもありますので、是非ご覧ください。

結婚式場などでヘア&メイクアップ担当として働く

ブライダル美容師といわれることもある、結婚式場で働く美容師は、おもに新婦のヘアセットを担当。結婚式場によっては式当日だけでなく、写真の前撮りの際のヘアセットやメイク、ウエディングドレスの着付けも担当します

結婚式場でヘアセットをしなければならないのは、新婦だけではありません。新婦の友達や姉妹などにヘアセットを依頼されることもあります。また着物をきて参列する親族などには、着付けとヘアセットが必要です。

結婚式当日には、結婚式場の専属美容師のほかに、フリーの美容師や着付け師などにも声がかかります。同様に、フォトスタジオなどで成人式や結婚式の前撮りをおこなう場合にも、美容師の活躍できる場は数多くあるのです。

実際にブライダルヘアメイクをされている方のお話については、ヘアメイク兼アイリストとして働く澤村康子さんのお話を是非ご覧ください。ブライダル美容師・ヘアメイクの詳しい仕事内容は下記の記事でご紹介しております。

専属のスタイリストとして働く

美容師は、CMやファッション雑誌、イベントなどに出る芸能人やモデルの専属スタイリストとして働くこともできます。海外ではヘアセットとメイク、スタイリングはそれぞれ別の担当者がいるものですが、日本では美容師がすべて担当する場合が少なくありません。

テレビ局でその局のテレビ番組の出演者のメイクやヘアセット、スタイリングを担当する専属スタイリストになったり、特定の雑誌社の専属スタイリストになったりする働き方もあります
スタイリストになるためには、スタイリスト事務所に勤務したり、フリーランスのスタイリストのアシスタントになったりして経験を積む方法が一般的です。特殊な場合だと、アパレルメーカーなどで経験を積むこともあります。

美容×介護で、福祉業界の訪問美容師として働く

介護分野でも、美容師のスキルの需要は高まっています。高齢者や障がい者の「きれいでいたい」「きちんとしていたい」というニーズに応えられる訪問美容師になるには、介護と美容の両方の知識とスキルが必要です。

訪問美容師として働く前に、美容師の資格に加えて介護職員初任者研修を修了しましょう。介護職員初任者研修には受験資格はとくになく、介護の経験がなくても受講できます。基本的な介護に関する知識や技術を身に着けられる研修です。

美容専門学校でも、訪問美容に関するカリキュラムがある学校が増加傾向です。業界団体が開催する、訪問美容師に関する講座もあります。

・NPO 全国介護理美容福祉協会「福祉理美容師養成コース」
訪問理美容をおこなう際の手続きや準備も含め、高齢者や障害者への美容の実際などの実践的な内容の2日間のコース。費用は22,000円です。

・一般社団法人 日本訪問理美容推進協会「ヘアメイクセラピスト養成講座」
1日の学科と実技の講習で、安全に理美容サービスを提供するための介護の知識や技術を学ぶことができます。費用は27,500円です。

訪問美容師になる方法とポイントは、こちらの記事を参考にしてみてください。

高齢化社会のなかで増える訪問美容師のニーズ

若いころにおしゃれを楽しんだ団塊の世代が、介護施設を利用する年齢になりつつあります。母数が多い団塊の世代は足腰が弱り、美容院まで外出しにくくなっても「家まで美容師に来てもらってきれいにしてもらいたい」というニーズが高い世代なのです。

訪問美容師は家庭に訪問する以外にも、施設に訪問してヘアカットなどをおこなうこともあります。介護をしている人は「毎日の介護や通院のほかに、美容院にまで連れていくのはたいへん」と感じている場合が少なくありません。施設を利用した際に訪問美容師にヘアカットをしてもらえれば、介護をしている人の負担も軽減します。

もちろん、一人暮らしで体が不自由になった高齢者にとっても、施設利用でヘアカットをしてもらえればとても助かります。訪問美容師は、これからの超高齢化社会になくてはならない仕事といえるでしょう。

美容師の一般的なキャリアパスと給料について

美容師として働いていく際に気にかかるのは、美容師の一般的なキャリアパスとお給料です。
美容師の給料は地域ごとに差があり、年齢にもよりますので一概には言えませんが、ここでは一般的な美容師の給料を解説します。加えて、サロンで働く美容師のキャリアパスと、経営者やフリーランスになった場合についてもご紹介しましょう。

1.アシスタント

美容専門学校を卒業しただけでは、まだ一人前の美容師、スタイリストとしての仕事ができません。多くの場合は3年程度のアシスタントとして働きながら徐々にスキルアップして、はじめてスタイリストとして認められます。
アシスタントはシャンプーや美容室の清掃などの業務の間に、ヘアカットやパーマ、カラーリングの実際のスキルを身に着けていくのです。

アシスタント期間は、まだ見習い期間とみなされていることもあり、年収200万円弱、月15万円程度。仕事が終わった後に、スキルを身に着けるための練習をすることもあるでしょう。朝から晩まで働いているのに収入が少ないとめげてしまったり、慣れない仕事による手荒れや腰痛などに悩まされてしまったりする人も少なくありません。

2.スタイリスト

経験を積んでスキルを高めてスタイリストになると、多くのお客様にヘアカットやパーマカラーリングなど、さまざまな施術をおこなえるようになります。スタイリストとしての経験やスキルによって、「Jr.スタイリスト」などのランクから徐々に昇格していく制度をとっている店舗が多いようです。

スタイリストになったばかりのころは、ヘアカットやパーマを任せられるようにはなります。はじめは、ポイントごとに先輩にチェックしてもらいながら、施術をおこなうことになるでしょう。

先輩のチェックが不要になり、お客様に満足していただけるようになれば、一人前のスタイリストです。スキルアップしてお客様からの指名が入るようになると同時に給料も上がっていき、年収にして240万円、月20万円ほどに昇給します。

3.トップスタイリスト・チーフ(主任)

指名や固定客だけで予約が埋まるトップスタイリストになると、さらに給料は上がります。お客様からの指名率や店舗の売上への貢献度などが評価されれば、年収にして500万円を超える場合も。
研修制度が充実している職場であれば、スタイリストになった後、トップスタイリストをめざしてスキルを研鑽しやすいでしょう。

店舗のなかでチーフや主任など責任がある立場になると、事務的な仕事もしなければならなくなりますが、役職手当がつきます。年収にして300万円弱、月23万円程度になる場合が多いようです。

トップスタイリストや店長のサポートをするチーフをめざすことも美容師のキャリアプランのひとつではありますが、独立をめざしたり、フリーランスの美容師をめざしたりするという道もあります。

4.店長・オーナー

チェーン店の店長になると、店舗の売上や人事への関与、経営会議への出席などが求められます。スタイリストとしての仕事の割合は減り、管理職手当がつくため、年収にして300万円月25万円程度です。

独立して自分のサロンを持ち、店長やオーナーとして経営するようになると、年収は自分次第です。店長やオーナーはスタイリストとしてのスキル以上に、経営者としての手腕が問われます。個人店の場合は年収400万円台、チェーン店の場合には400万円前後の場合が多いようです。

自分のサロンでは、スタッフを雇用して規模を大きくすることも可能です。うまくいけば、年収1,000万円を超えることも夢ではありません。

また、自分のサロンだからこそ、自分らしい美容師増を追求したり、ワークライフバランスを優先した働き方をしたりすることも可能になるのです。

5.フリーランス

特定のサロンに所属せず、美容師としての自分のスキルを売りに働いていくのが、フリーランスの美容師です。フリーランスになって最初のうちは、以下の形式のいずれかとなります。

・美容サロンとの業務委託契約を結び、そのサロンでお客様の施術をする
・フリーランス美容師向けにサロンの空いている席を貸し出すシェアサロンを使って、自分のお客様に施術する

業務委託サロンで4~6割、シェアサロンでは8割の歩合制で収入が得られます。スキルと集客力に自信のある方は、フリーランスとして働いてみるのもよいでしょう。

フリーランスの美容師は個人事業主として仕事をしているので、お店の営業時間や規則に縛られず、自分のペースで働くことができます。ひとりひとりのお客様に充分時間をかけたり、働き方を調整して理想のワークライフバランスを実現したり、フリーランスの働き方のメリットは人それぞれです。

美容師のやりがいと大変さについて

美容師の魅力は、なんといっても目の前のお客様にきれいになって喜んでいただけることです。お客様が「なりたい」と思う姿に向けてサポートするためには、美容師としてのスキルを磨くことが大切です。

美容師は毎日多くのお客様と接するので多くの出会いがあります。お客様のライフスタイルや将来への希望を聞きながら、そのお客様の希望を実現するスタイリングのアイディアを考えることは、創造性に富んだ仕事です。

美容やファッションに関心があり、お客様にどうすれば似合うかを考えることが楽しいという人にとっては、最適な仕事といえるでしょう。技術職であり、接客業でもある美容師の仕事は大変なこともありますが、その分やりがいのある仕事です。

アシスタントの時期は大変なときもあるが、しっかり自分にあった仕事場を

美容師は立ち仕事であり、体力面からみても決してラクな仕事ではありません。とくにアシスタントの時期には、拘束時間が長いにも関わらず給料が少なく、掃除などの雑用や先輩スタイリストの補助がほとんどです。直接お客様にかかわることが少なく、やりがいが感じにくいかもしれません。

スタイリストになるためには、日中の業務の前後に自主練習をおこないましょう。ついつい、無理してしまいがちなこの時期を過ごす最初の職場は、体調を崩した際にしっかり療養できるよう、福利厚生がしっかりしている職場を選ぶと安心です。

スキルを身に着けるまでのアシスタントの期間には、苦労することが多いかもしれません。ですが手を動かす美容師の仕事は、練習すればするほど上達するものです。自分自身の成長を実感した際にも、美容師の仕事のやりがいを感じられるはずです。

美容師免許が活きる仕事が多いので、まずはキャリアを決めてから仕事・職場を選ぼう

美容師として仕事をするためには、指定された3年または2年の期間、美容専門学校に通って国家試験受験資格を取得し、国家試験に合格して美容師免許を取得が必要です。

美容師は、ヘアカットやパーマ、カラーリングなどの経験を積んで技術を磨けば、美容室やサロンはもちろん多彩な場面で活躍できる可能性があります。

華やかな結婚式場や芸能界などで、スポットライトを浴びる人のスタイリングをするだけではありません。介護分野でのお年寄りをきれいにしてあげたり、訪問美容師として家庭や施設に訪問してヘアセットをしてあげたりする仕事も注目されています。

どんな場面で美容師として仕事をしたいか、美容師を続けやすい働き方や、自分に合ったキャリアパス・方向性をしっかり決めていきましょう。

美容師の仕事内容やキャリアパスについてはこちらもチェック!

■【2021年最新版】美容師の国家試験とは? 受験資格と試験概要について解説
■理容師と美容師の違いとは?資格を取得した後に活躍出来る場所やダブルライセンスを取得する方法を紹介
■管理美容師の免許とは? 資格を取得するにはどうすればいいの? 2つの条件について解説

■美容師と理容師との違いは何?何が違うのかを教えます
■フリーランスの美容師はどんな仕事? フリーランス美容師の働き方や将来性についてお伝えします

引用元サイト
厚生労働省 理容師・美容師免許の取得まで
理容師美容師試験研修センター 過去の試験実施状況
第44回美容師国家試験 受験案内
理容師美容師試験研修センター 免許
令和3年8~9月実施 第44回美容師国家試験合格者の免許申請について
厚生労働省 理容師・美容師制度の概要等について
美容師法
理容師法

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事