アイキャッチ

美肌&美ボディーをつくる「酢のチカラ」 話題の黒酢&紅酢 #1

飲むだけでキレイになれると、今、ちまたでも評判。美容と健康のために、毎日美味しく続けられる、とっておきのドリンク黒酢&紅酢を発見! “美に携わる人”なら、ぜひ知っておきたいそのメリットをしっかり解説していきます。

身近な発酵食品「酢」は、美容と健康に秘めたパワーを発揮します。酢の力に魅せられ「ハニー&黒酢」と「ベリー&紅酢」の商品開発に至った、食世界のシステム・コミュニケーター、北澗喜樹さんにお話を伺いました。

酢は最高の健康調味料

サラダ

酢が体に良いのは知られていますが、一般的に使われる醸造酢とは、糖質を含む素材をアルコール発酵させ、後に酢酸発酵させた液体の調味料のことを指します。その主な成分は酢酸、その他有機酸やアミノ酸で構成されています。

酢酸には高めの血圧を低くする働きがあったり、血中脂肪を下げ心筋梗塞や狭心症を予防したり、糖質吸収を遅くし糖尿病の予防にも効果があると言われています。その他カルシウムの吸収率をアップさせるなど、酢は身体にいいことがいっぱいなのです。

酢酸は体に入るとクエン酸に変化し、細胞内で新しいエネルギーを作る工程を活発にさせ、脂肪をエネルギーの原料として燃やす燃焼循環を繰り返します。さらにアミノ酸は体内に入ると脂肪の合成を抑え、脂肪細胞に脂肪をためにくくする効果があるそうです。その他、現代の食生活によって酸性に傾きがちな身体は、酢を摂取することでアルカリ性に変化します。すると腎臓がキャッチして利尿促進作用が働き、むくみを解消してくれると言われています。

酢に含まれるアミノ酸が肌に効く

酢には毎日の暮らしを美しく快適に彩るパワーがいっぱい! 身体の中を整えることこそ美肌を引き出す秘訣です。

酢に含まれるアミノ酸はコラーゲンの原料になるため、飲むとハリや水分量が改善され、またシミの原因となるメラニンの生成を抑制し、シミやくすみの予防になると言われています。その他アミノ酸には有害物質を解毒する作用やビタミンCの吸収力をアップしてくれる作用もあります。このように酢には、健康と共に美容にも最大の効果を発揮してくれるので、毎日の美白&美肌づくりに見逃せません。

酢で身体を整えて美肌を引き出す!

女性のイラスト

●便秘を解消

便秘になると毒素が身体にたまるので、肌荒れの元凶となります。酢に含まれるアミノ酸には新陳代謝を活性化する作用があるため腸の動きを活発にします。便秘を解消して美しい肌を引き出しましょう。

●冷えを解消

冷えは身体の再生を停滞させるので、もちろん肌にもよい影響は与えません。酢は血液をサラサラにする作用があるため血流がよくなります。冷えを改善して肌代謝をアップさせましょう。

靴下

●疲労を解消

疲労がたまっている肌はハリやツヤを失います。疲れているなと思ったら、酢と糖分を一緒に摂取しましょう。酢に含まれる酢酸は糖分と一緒に摂ることで疲労回復に役立つと言われています。さらに酢は、疲れはもちろん肌老化の原因と言われる活性酸素も除去してくれます。

●むくみを解消

身体がむくみがちの人は身体が酸性になっている場合が多いので、酢を飲んでアルカリ性に近づけましょう。身体がアルカリ性に傾くと、腎臓が反応して利尿作用が起こり、身体のむくみや顔のむくみがとれます。

●ストレスを解消

酢に含まれているクエン酸には神経を沈める作用があります。さらにカルシウムやミネラルの吸収を高めてくれる働きもあるので、イライラを解消していつも美しい笑顔で日常を送りたいものですね。

女性のイラスト

●こりを解消

酢に含まれるクエン酸は、こりの原因となる乳酸を分解。さらに酢は血液をサラサラにしてくれるので血行がよくなり、肩こりや身体のこりをほぐしてくれます。こりはリンパの流れを悪くするので、血流をよくして美肌を育てましょう。

そのほか、きれいでいるためには清潔感も大切ですね。酢の抗菌効果は口腔内や消化器官の有害菌に対して雑菌の繁殖を抑えることができるそうなので、口臭予防にも効果を発揮するそうです。

酢には、穀物酢、果実酢、米酢、黒酢、紅酢といろんな種類がありますが、その中でも「美容と健康」という観点でおすすめしたいのが「黒酢と紅酢」。 使用する原料にもよりますが、黒酢にはアミノ酸やミネラルが多く含まれ、紅酢にはポリフェノールやアントシアニンなど美容にいい成分がたっぷりと含まれているからです。

●取材協力:コンツェルトハウス 電話:06-6997-3232 http://www.rakuten.co.jp/konzerthaus/

Profile

北澗 喜樹さん

北澗 喜樹 氏

大手食品メーカー勤務を経て、家業である食品商社の株式会社キタマに入社。1994年に代表取締役に就任し、現在に至る。食品の企画・開発・製造・販売に携わった経験を活かし、“自然とともに、美味しさと健康、そして心のうるおい”を追求した「コンツェルトハウス」ブランドを展開。コンツェルトハウスとは、心を豊かにするメロディが流れ、つねに聴衆を魅了するウイーンにあるコンサートホール。食の世界でも、そのような食品を提供したいとの思いから名付けた。商品開発やアイデアを生み出す原点は、学生時代に打ち込んできたオーケストラでの音楽活動に。「音楽は感性と共にロジックも大切。リズム、メロディ、ハーモニーの要素が論理的に構築されて心地よい音楽が生み出される。商品開発も、一見関係のない素材や事象が何かの拍子に融合し、クリエイティブなものが生まれる」。ここ近年はサックスとボーカルでジャズを楽しんでいるとか。

毎日続けることで、きっと「キレイ」に差がつく! 話題の黒酢&紅酢 #2 >>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

アイキャッチ

この記事をシェアする