美容業界の応援メディア
コラム・特集 2016-08-10

猫の本音・お部屋はいつもきれいにしてね! 【愛しのペットCAT編・猫とシアワセに暮らす #2】

いまや、空前の猫ブームですよね。サロンでも、お客さまと猫の話題で盛り上がることも多いのでは?

シリーズでお伝えしている、猫とシアワセに暮らすための方法。今回は、猫との暮らしの基本となるお部屋の環境についてです。

よく「猫のいる家はクサイ!」などという方もいらっしゃいますが、そもそも猫には体臭がありません! つまり、健康な猫であれば「猫クサイ!」ということはないのです。

とはいえ、猫を飼っていて、ペット臭のある家とまったくない家があるのはなぜでしょう。

ペット臭のある家は、じつはトイレ周りがあまりきれいでない場合があります。猫は基本的にきれい好きですから、トイレ周りは清潔に保ってあげることがとても大切。

トイレの中にいつまでもおしっこやウンチが残っていては、猫はシアワセではありません。中には、怒って、わざと粗相するコもいます。汚いトイレは足におしっこやウンチがついてしまい、そのまま家の中を歩けば、それだけで部屋が臭くなってしまいます。

「うちのコ、全然トイレを覚えなくて!」という場合は、一度トイレ周りを見直してみましょう。

トイレはこまめにとってあげてね!

そもそも猫のおしっこはアンモニア臭がとてもきついです。さらに、したてのウンチは相当臭いです。時間がたつとそれほどではありませんが、したては、「ウッと!」息を止めてしまうほどです。

ということで、猫のおしっこやウンチはこまめに取り除いてあげましょう。できればトイレに行く時には、前にしたおしっこやウンチがないのがベストです。

猫はキレイ好きですから、もちろんきれいなトイレを好みます。面倒くさいからといって、トイレ掃除を怠っていると、怒ってトイレからはみ出しておしっこをしたり、ソファーやカーペットなどにわざと粗相をします。これは猫なりの考えがあっての行動なのです。

愛しのペットCAT編

また、猫のトイレのそばにご飯やお水を置いていませんか? 人間だってトイレでご飯は食べたくないですよね。猫もそれと一緒です。ご飯を食べる場所、トイレをする場所は離してあげるのが基本です。

猫もトイレはひとりでゆっくりこもりたいのです。落ち着ける環境を用意してあげれば、気持ちよくトイレに入れるというわけ。もし、これできちんとトイレマナーが守れるコになってくれれば、やっぱりトイレ周りに不満があったことになります。

そして、つねにトイレを清潔に保つには、砂を全部出して定期的に洗ってあげることも必要です。トイレを定期的に洗うことで、ニオイの元となる雑菌の繁殖を抑えることができます。できれば一週間に一回程度洗ってあげるとよいでしょう。洗ったトイレは天日干ししてしっかり乾燥させてから使用しましょう。

使用している猫砂にどんどん足していくより、時々、猫砂も全部を新しいものに変えたほうがニオイを軽減することができます。ただし、自分のおしっこのニオイがなくなると困惑する場合もあるので、ほんのちょっと使用済みの砂を入れてあげるとよいでしょう。

いろいろやってみてもトイレのニオイが収まらない場合は、猫砂をまったく異なる銘柄に変えてみるのも一案。最近ではいろいろな種類の猫砂があるので、消臭力に優れたものを購入することをおすすめします。これだけでも抜群のニオイ対策になることがあります。猫の好みもあるので、いろいろ試してみてください。

閉め切りの部屋では脱臭機が大活躍!

ひとり暮らしで、閉め切りの部屋で猫を飼っている場合、どうしても部屋の中がトイレのニオイがすることがあります。そんな環境の場合には、脱臭機が効果を発揮します。トイレの近くに置いておくと、気になる臭気をオゾンで元から分解してくれるのです。臭気を他の臭いで包み込みごまかす芳香剤とは違い、高い脱臭効果が得られ、いま人気のニオイ対策グッズになっています。空気清浄機とは異なるのでお間違いなく!!

おしっこやウンチがついてしまったらシャンプーしてあげて!

猫は体臭が少なく、グルーミングもするので、基本的にはシャンプーの必要はありません。でも長毛タイプの猫の場合、ウンチやおしっこが毛についたり、皮膚から出る油で毛が固まってしまうことがあるのでシャンプーをしてあげる必要があります。頻度は多くても2ヶ月に1回くらいが目安です。

愛しのペットCAT編

シャンプーが難しい場合は、濡らしたタオルで念入りに拭いてあげましょう。また水のいらないドライシャンプーなどもあります。この場合は体をなめるので、害のない物をしっかり見極めて選んであげる必要があります。

また、シャンプーのしすぎは皮膚トラブルの原因にもなりかねないので要注意です。その猫に合う方法で、つねにきれいにしてあげましょう。

清潔なお部屋で、清潔な体で暮らすことが、飼い主さんにとっても猫にとってもシアワセの第一歩なのです。

文・ORCA

猫の本音・もっと、わたしを見て!【愛しのペットCAT編・猫とシアワセに暮らす #3】 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事