11_026_yakuzen#2

人をキレイにするため心もカラダも元気な自分に!余慶先生に学ぶ「薬膳」#2

美容の仕事も家事もフル回転で寝不足。肌の調子も悪い…。人をキレイにしながら、自分はすっかり疲れているという方も多いのでは? そこでオススメなのが「薬膳」です。

薬膳料理は漢方理論に基いて調理された料理で、病気を予防したり健康を保つための食事のこと。カラダのコンディションに合わせて改善していく薬膳料理は、体内バランスを整え、免疫力を高めてくれます。

最近では、私たちが入手しづらい漢方薬に入っているような生薬が入った古来からの「薬膳」とは別に、幅広く私達が食べている穀物や肉、魚、野菜、乳製品など身近な食材でも作れるのも「薬膳」とされ、たいへん注目されています。

「身近で購入できる食材が薬膳?」と思われるかもしれませんが、スーパーで買える材料で充分に薬膳料理は作れます。大切なことは自分のカラダのコンディションや改善したい体質などに合わせた食材を積極的に取り入れることです。今回は自宅でも簡単にできる薬膳料理を漢方美容家&韓方(はんばん)薬膳料理専門家の余慶尚美さんに伺いました。

旬のものを取り入れること! それは立派な薬膳になります

「例えば、暑くて湿度が高い時はカラダに“熱”がこもります。その熱を取り、むくみの原因になるカラダに必要なくなった“湿”を追い出し、その時に汗で失った水分を補うことが大切です。それにピッタリの野菜が夏に旬を迎えるきゅうりやゴーヤ、トマトなどです。このように旬の食材は私たちのカラダが求めているもので、その時期はたくさんスーパーに並びますよね。これは立派な薬膳になります。

野菜だけではなく、肉の場合は、豚肉はカラダに潤いを与えてくれて、元気も届けてくれます。寒い冬は生姜や鶏肉、羊肉がカラダを温めてくれます。全ての食材にはカラダを冷やす、温める、潤す、イライラを解消してくれるなどの効果があります。これらを上手に取り入れるのが薬膳なのです」と余慶さん。

ph2-min
旬の食材はそのときにカラダが求めていることに効果的。

即席ラーメンも薬膳に早変わり! 五臓六腑から温まる韓方薬膳ラーメン

薬膳とは程遠いと思われるインスタントラーメン。実はそのラーメンでも、薬膳料理は作れるのです。寒い時にぴったりの、カラダの中から温まるラーメンを教えていただきました。こちらのレシピはTBSラジオ「伊集院光とらじお」という番組のレシピ対決コーナーで、見事1位となったレシピです。

ph3-min

〈材料 1人分〉
インスタントラーメン(今回は味噌味) 1袋
海老のむき身 2~3尾
ニラ     3~4センチの長さ30g~40g
くるみ    2~3片
黒ごま   小さじ2
ごま油   小さじ1
一味唐辛子 小さじ1~2

調味料A
醤油    小さじ1
砂糖    小さじ1/2
酒     小さじ1/2

作り方

  1. フライパンにごま油を熱し、海老を火が通るまでいためる。ニラもさっといためる。
  2. ①に調味料Aを入れて混ぜる。
  3. 黒ゴマとくるみはすっておく。(くるみがない場合は黒ごまだけでもOK)
  4. インスタントラーメンをゆでる。
  5. 器にタレと一味唐辛子を入れておく。
  6. ⑤にお湯を注ぎ良く混ぜて、麺を入れ②を③をトッピングして出来上がり!

海老は足腰の冷えや血行促進に効果的で、胃腸の働きを高めるので食欲増進効果も期待できます。また、めまいやふらつき、手足のふるえも改善する効果があります。ニラは足腰の冷えや腰痛の改善、免疫力アップや風邪や肌荒れ予防に。また、男性の滋養強壮にもいいとされます。くるみは腰痛、下半身の冷えに効果的。また、アンチエイジング作用が高く、耳鳴りや頻尿、糖化防止にも良いです。腸を潤す作用もあるのでお通じの改善にもつながります。

また、健脳作用があり、認知症の予防にも良いとされています。黒ゴマは滋養強壮やアンチエイジングに効き目があり、潤い作用があり、血を養い巡らすので貧血などに良く特に女性にオススメです。唐辛子はカラダを温める作用がとても強く、胃腸を温めて消化を促進し、胃もたれやお腹のハリを解消。カラダの余分な水分の排出にも効力があり、むくみにも良いと言われています。

毎日の生活で実現できる漢方&薬膳をもっと身近に感じてほしいです

上記に述べたようにスーパーで売っている食材で薬膳は作れるのです。まずは自分の体質を知り、今自分のカラダが求めているものを知って欲しいと思います。今まで何気なく使っていた食材が「薬膳」に変わってきます。それは前菜だったり、主食だったり、副菜だったり、デザートやスイーツだってできちゃいます!また、その味も美味しくなくては続かないと思います。カラダにも良く、美味しいとなるともっと気軽に薬膳を取り入れられますよね。普段から馴染みのある食材から始めてて、疲れた自分のカラダをリセットして、もっと元気な自分になりましょう♪

「美味しい!簡単!カラダにいい!」と3拍子揃った薬膳料理は、疲れたカラダにはうってつけですね。明日から、いえ、いますぐにでも始めらそうです。

ph4-min-1
くるみやクコの実などの木の実をたっぷりつかったチョコレートバー。

取材・文/いけだゆきこ
写真提供/余慶尚美オフィシャルブログ

profile

7-min
ph8-min

余慶 尚美さん

漢方美容家/韓方(はんばん)薬膳料理専門家
「巡り」をコンセプトに、漢方美容&薬膳サロンを白金高輪にて主宰。
薬膳が根付く韓国の薬膳料理界において日本人初の大韓民国薬膳料理専門家としても活躍中。
国際薬膳師 /大韓薬膳料理専門家:약선요리전문가/ 漢方養生指導士/毛髪診断士
※「女性のための漢方薬膳&薬膳茶」講座を開催中。
詳しくは、余慶尚美HPでご確認ください。

HP: http://yokeinaoko.manna-heart.jp/
オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/yokeinaoko/
オフィシャルインスタグラム:https://www.instagram.com/yokenao/

デトックス&ダイエット!キレイの味方「あずき」余慶先生に学ぶ「薬膳」#3>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

11_026_yakuzen#2

この記事をシェアする