“奇跡のハーブ”を毎日!食べて美髪を叶えるパクチー・マジック#2

“奇跡のハーブ”を毎日!食べて美髪を叶えるパクチー・マジック #2

ベトナム料理やタイ料理でお馴染みのパクチー。その独特な香りを嫌がる人がいる一方で、最近はパクチー好きが急増。なんと「パクチスト」という呼び名まで生まれました。
2016年には、ぐるなびが選ぶ「今年の一皿」に“パクチー料理”が選ばれたほどで、もともと料理の引き立て役だったパクチーは、今や料理の主役として堂々と君臨しています。
この大注目のパクチー、実は“奇跡のハーブ”と言われるほどすごいパワーを持った、美髪を叶える食材だということ、知っていますか?
パクチーを愛してやまない人はもちろん、パクチーの香りがちょっと苦手という人も、その魅力を知ったら、きっと積極的に食べたくなるはず。管理栄養士の沖 五月さんの監修のもと、#1ではパクチーの美髪効果の秘密、#2ではパクチーを手軽に摂る方法などをご紹介します。ぜひ、参考にしてくださいね。

パクチーを毎日の暮らしに取り入れよう!

パクチーの独特な味や香りが好きな人には、やっぱり生で味わうのがおすすめです。最近、レストランメニューとしても流行しはじめているのは、パクチーたっぷりのシンプルサラダ。また、好きな野菜を加えてナンプラーで風味づけするだけで、エスニックなサラダになります。

パクチー

でも、パクチーが得意ではないという人もいますよね。そこで、おすすめなのが「オリジナルヘルシーウォーター」です。

作り方はとても簡単。ミネラルウォーターに適量のパクチーと好きなフルーツを入れて、適度に味や香りが溶け出したら出来上がりというもの。フルーツの甘味や香りでパクチー独特のクセが緩和されるので飲みやすく、ミネラルウォーターに溶け出したパクチーの成分をたっぷり摂取することができます。

レモンやオレンジなどの柑橘系のフルーツと合わせれば、さっぱりとした味わいに。合わせる果物の種類や量を調整すれば、お好みのフレーバーウォーターを作ることが可能です。4時間くらい冷蔵庫で置くと、充分溶け出した状態になるそう。飲み終わった後のパクチーは香りや味が優しくなっているので、サラダや料理に刻んで、余すことなく活用したいですね。

もちろん、煮たり炒めたりするのも、香りや味を和らげるコツです。熱に弱いと言われるビタミンも、調理時間くらいの加熱なら、それほど壊れる心配はないそうです。

パクチー

パクチーから生まれた「コリアンダーシード」でデトックス

「コリアンダーシード」というスパイスがありますが、実はこれもパクチーです。熟したパクチーの種を乾燥させて粉状にしたもので、葉の部分と違ってあまりクセがなく、甘さの中にちょっとスパイシーな香りがする香辛料。カレーや肉料理だけでなく、ハーブティーなどの飲み物やお菓子にも使われます。日本には、香辛料としては「コリアンダー」とか「コリアンダーシード」という名前で伝わり、タイ料理などで生で使われているものは「パクチー」という名前で定着。それで、もともと同じ食材なのに違う呼び方をされるようになったそう。パクチーが苦手という人は、葉や茎と同じようにデトックス効果が期待できて、気軽に取り入れられるスパイスから始めてみてもいいかもしれません。

また、パクチーそのものも、いろいろな呼び方をされています。スーパーの野菜売り場でパクチーが見当たらない場合は、コリアンダーやシャンツァイとして売られていることもあるので、探してみてください。さらにパクチーにも種類があって、一般的に「パクチー」として使われているのは、「パクチータイ」という種類だそう。その他に、さらに香りが強くてトムヤムクンなどに使われることの多い「パクチーファラン」、香りの優しい「パクチーラオ」があります。「パクチーラオ」はハーブの「ディル」と同じものだそうなので、いろいろな種類が手に入るなら、目的によって使い分けてみても。

パクチー

「奇跡のハーブ」を暮らしに上手に取り入れて

パクチーの国内栽培量は、ブームの勢いに乗って増えてきてはいるものの、実はまだまだ少ないそう。需要も増えているので、近くのスーパーでいつでも買えるとは限らないかもしれません。そんな場合は、直送をしてくれている農家さんから、まとめて手に入れるという手もあります。パクチーはきちんと下処理すれば、冷凍保存も利く野菜。ストックしておいてたくさん食べたい人は、利用してみるのはいかがでしょう。新鮮なパクチーが手に入りそうですね。

パクチー

また、プランターなどで栽培することもできるようです。種もホームセンターなどで手軽に手に入るので、キッチンでハーブを育てるように挑戦してみれば、楽しくておいしい体験ができそう。

パクチーは、ビタミンやミネラルをたっぷり含んだ「奇跡のハーブ」。その抗酸化力やデトックスパワーで、たくさんの美容効果や健康効果をもたらしてくれると言われています。パクチーが好きな人も、ちょっと苦手な人も、毎日の暮らしに上手に取り入れて、美髪とキレイを手に入れましょう。

取材・文/宮内ともこ

監修/沖 五月さん 管理栄養士

https://www.facebook.com/satsuki.oki.

あなたも「パクチスト」に!食べて美髪を叶えるパクチー・マジック #1>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

“奇跡のハーブ”を毎日!食べて美髪を叶えるパクチー・マジック#2

この記事をシェアする