改めて考える水のチカラ

毎日取る水分だからしっかりと考える!『水のチカラ』の凄さ

水は何よりものサプリメント! 健康や若々しさ、美容にもダイエットにも効果的な水の種類と飲み方を紹介します。カラダの60%をしめる水分は全身に栄養を運び老廃物を回収する大事な働きをしているのです。水分不足だと代謝が落ちて便秘や肌荒れの原因にもなってしまうことも。1日1.5Lの水分補給と目的別水の飲みわけ、料理にも使える水ワザも紹介します。

カラダの60%は水分! 水分の取り方に気をつけて

水

「1日にどれくらいの水分をとっていますか?」
成人が1日に飲むべき水分は1.5Lが目安と言われています。でも1日で1.5L飲もうとすると意外と大変なのです。女性の場合「トイレが近くなる」「汗をかきたくない」「むくみたくない」などの理由から水分の摂取を控えている人もいますよね。

では水分が足りないとカラダはどうなってしまうのでしょうか。
カラダの大部分を占める水分は、血液となり全身を隅々まで巡って栄養や酸素を運んでいます。さらに細胞に浸透しやすい体液にもなり、老廃物を回収するリンパ液にもなります。

しかし水分が足りないと、カラダはそれ以上の喪失を防ぐために循環をやめて水分を留めようとします。巡りが悪くなると便秘や肌荒れの原因になると言われています。新鮮な血液を運ぶことができず、代謝が落ち、体内が冷えて疲れやすくもなるそうです。

人間のカラダは、男性は体重の約60%、女性は約55%が水でできています。
そしてここから毎日約2.5Lの水が排出され、ほぼ同じ量が入ってくるのが理想的な循環だと言われています。排出は尿、便、汗だけではなく、呼気からも排出されています。乾燥したオフィスで2時間座っているだけでコップ1杯分以上の水分を失われたと言う実験結果も残っているのです。

これだけ乾燥しやすい環境にいるので、意識して水分補給しないと渇きを補えません。

体内の渇きを防ぐ飲み方のポイントは3つ。

  • のどが渇く前に飲むこと。のどが渇いたと感じた時はすでに脱水が始まっています。
  • 少量をこまめに飲むこと。一度に大量飲んでもカラダが吸収しきれずトイレが近くなるだけです。
  • 常温に近い温度で飲むこと。キンキンに冷えた水は内臓を冷やします。できるだけ常温にして飲みましょう。

目的別、水の種類と飲み方

目的別、水の種類と飲み方

水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの含有量を表す数値を硬度といい、硬度によって水の飲み方やカラダへの影響が変わります。日本で採取された水は、水道水も含めてほぼ軟水です。口当たりがよく飲みやすいので常飲に向いています。一方欧米で採取された水はほぼ硬水。カルシウムやマグネシウムを多く含むため独特なクセがあると感じられます。どれも輸入食材店やネットでいろいろな種類の水が手に入ります。

<<疲労回復・老廃物排出>>のためには、<<食事中に常温の軟水を1〜2杯>>飲みましょう。
栄養を全身に巡らせてくれます。

<<ストレス解消、お通じをよくする>>には、<<食前に常温の硬水を1杯>>飲みましょう。
含まれているカルシウムがイライラを緩和し、ストレスによる食べ過ぎを予防してくれます。マグネシウムは便秘を解消する作用があります。

<<便秘解消の特効薬>>には、<<寝起きに1杯の冷やした超硬水>>を飲みましょう。
クセが強く飲みにくいですが、マグネシウムを豊富に含んでいるのでコップ1杯で胃腸が刺激されて便通を促します。

<<ダイエット>>には<<300ml以上の常温の炭酸水を食前に>>飲むと気泡で胃がふくれて食欲が抑えられるので効果的だと言われています。

<<スポーツ時>>には、効率よく水分とミネラルを補給できる<<スポーツドリンク>>を飲みましょう。
スポーツドリンクには、体内でもっとも吸収しやすいバランスでミネラルと糖分が含まれているので、大量の汗をかくときには必須です。

一口に「水分」と言ってもその種類はさまざま。飲むタイミングや温度によってもカラダに与える影響は変わります。軟水を常飲としながら、硬水や超硬水をサプリメント的に飲み分けると、より嬉しい効果が現れるかもしれません。

料理も水を使い分けてワンランクアップ!

料理も水を使い分けてワンランクアップ!

土地の料理は、それぞれの土地の水質と深く結びついていると言われています。日本食には軟水が合い、洋食には硬水が合うのです。
例えば、だしをとるには軟水が最適。昆布やカツオ節への浸透圧が高いため、うま味を引き出すことができます。お米も軟水で炊くと、水がしっかり米に浸透してふっくらと炊き上がります。

肉料理にあうのは硬水。水の中のカルシウムと肉の成分が結合してアクが取りやすくなるからです。パスタも、硬水で茹でたほうがアルデンテに仕上がります。

飲み物も同様です。日本茶を淹れるなら軟水で、英国紅茶や深煎りのコーヒーを淹れるなら硬水を使うと、素材の味を生かすことができます。

野菜の保存にも、水を使った得ワザがあります。保存の前に10分間水に浸すと鮮度を長持ちさせることができるのです。食品添加物を取り除くために、肉やハムも水に浸してから調理するのがおすすめです。
水を上手に使うことで、料理の腕がワンランクアップするのは間違いありません。

まとめ

水は美容やダイエットに密接に関わっていることをご理解いただけたと思います。
美容液やサプリメントにお金とエネルギーを注ぐことを一旦止めて、水の飲みわけに挑戦してみませんか。水分補給をジュースやコーヒーで済まさないで、水を飲むという習慣をつけると、体内が潤っていくのをきっと感じられると思います。

参考文献:『飲むだけで体が変わる!』日経BPムック ISBN978-4-8222-6191-7

この記事が気に入ったら
いいね!してね

改めて考える水のチカラ

この記事をシェアする