batch_f81316787e7e7c57349f0239b3caaec4_m-min

美容師の離職率は10年で92%?仕事を辞めたくなる理由・原因

美容師は離職率が高いとよく言われます。実際に現場で働いている美容師は痛感しているでしょう。同じサロンで2年以上働く人すらかなり少ないからです。まだ美容師として仕事をしていなくても、美容専門学校に通っている段階で美容師の離職率の高さは聞いているかもしれません。 この記事では美容師の勤務年数ごとの離職率をまとめ、美容師の離職が多い原因を説明します。これから美容師になる人は覚悟を固める意味でも参考にしてみてください。

美容師の離職率・勤務年数ごとのまとめ

美容師の離職率は厚生労働省の「産業別入職率・離職率」の調べによると、1年目で約50%、3年目で約80%、10年目で約92%とされています。統計を取った年度によっても変わりますし、アンケートの対象によっても変わりますが、全体的にこのくらいの数値ということは長年言われています。

この数値は「完全に美容師自体を辞める」ということではありません。そのようなケースも含みますが、単純に「サロンを変えた」というものも含みます。それにしても「1年で半分の美容師がそのサロンを辞めてしまう」ということですから、他の職業と比較してもかなり高い離職率でしょう。 3年目の80%という数字も「同じサロンに3年勤める美容師はほとんどいない」というデータになります。

普通の会社でも「3年で新卒の大部分が辞める」という話はありますが、美容師の場合は「新卒だけでなく中途で入った美容師でも3年で辞める」という統計になりますから、かなり流動性の激しい業界だと言えます。

美容師の離職率が高い原因は激務だから?

美容師は激務とよく言われます。これは身体的な負担が大きいこともありますが、休日が少ないというのも激務と言われる大きな理由です。美容師の月間の休日数は平均で6~7日とされており、一般の職業と比較してかなり少なくなっています。サービス業全体と比較してもやや少なめです。

また、通常の休日が少ないだけではなく、有給休暇が消化しにくいことも激務と言われる理由です。有給休暇が消化できる普通の会社であれば通常の休みに加えて、さらに有給休暇もあるのですが、美容師はそれもないわけです。有給休暇自体は一応与えられていますが消化率が非常に低いため、消化したくてもできない雰囲気があります。

これで給与が高ければまだいいのですが、給与も日本人の平均より大幅に安くなるため、ますます激務と感じる美容師が増えます。そこに手荒れなどの体の不調が加われば辞めざるを得ないと感じる美容師も多いでしょう。

給与の安さも美容師の離職の原因

美容師は全体的に給与が安い職業ですが、これも離職率の高さの原因になっています。厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」の調べによると、美容師の平均年収は270万円前後とされています。美容師の平均年齢が約29歳なので「30歳手前でようやく年収270万円」ということです。

一方、日本人全体の平均年収は「求人情報・転職サイトDODA」の調べでは「29歳で410万円程度」とされています。これは男女の平均で、男性だけなら430万円程度となっています。この金額と比較しても美容師の給与の安さがわかるでしょう。

業務内容がハードで休日も少なく、しかも給料が安いとなれば辞めたくなるのも自然かもしれません。特に男性の場合は将来の結婚や育児にかかる費用を考えると美容師を続けたくても辞めざるを得ないという事情もあるでしょう。

接客業ならではの対人ストレスが溜まりやすい

美容師の仕事には、接客業ならではのストレスもあります。もともと人間関係というのは、よほど気を許せる相手でなければ疲れることが多いものです。美容師は毎日何人も初めて会うお客様を相手にしないといけません。いいお客様も多いですが、中にはコミュニケーションが取りにくいお客様もいます。そのようなお客様に対しても仕事なので愛想よくしなければなりません。

長寿に関するある統計で「コメディアンの寿命は平均より短い」というデータが出たことがあります。これは「人に気を遣うことが多いから」という理由ですが、接客業である美容師にも同じストレスがかかっている可能性が高いでしょう。

身体面の負担が大きいことも、高い離職率の原因

美容師の仕事は身体面での負担も大きくなっています。特に一番大きい負担は「手荒れ」です。お客様に1日に何度もシャンプーをするため、それによって皮脂が激しく失われてしまって手が荒れるのです。肌質によっては「もうシャンプーをできない」というレベルまで荒れてしまい、皮膚科の医師から「美容師を辞めるしかない」というドクターストップがかかることもあります。 もちろん、シャンプーをしなければ美容師を続けられるのですが、現実問題、それはかなり難しいことです。

アシスタントの仕事の大部分はシャンプーですし、アシスタントを卒業してスタイリストになっても、やはり当分の間シャンプーをしないわけにはいきません。このため皮膚科からドクターストップがかかったアシスタントは、泣く泣く美容師という仕事自体を諦めることがあります。

激務とされる他の理由は「立ちっぱなし」ということ。これによって脚がむくんだり、腰痛になったりします。腰痛でもさらに酷い症状になるとヘルニアまで進むこともあり、このレベルまで来ると美容師の仕事自体が継続困難になります。シャンプーの手荒れと同じく、本人が美容師を続けたいと思っていても、できなくなってしまうのです。腰痛の美容師に対して「椅子に座ったままカットしていい」というルールを取り入れるサロンも出てきていますが、まだ圧倒的に少数派です。 ハサミを長時間使っているため「腱鞘炎」になることもあります。特に安い単価により高回転でお客様を呼ぶようなサロンだと、腱鞘炎になる確率は高くなります。腱鞘炎になるほどハサミを使うということは、シャンプーをする時間は少ないということなので、手荒れについては安心できます。

しかし、腕の筋肉や筋が弱い美容師だと、これが原因で仕事を続けられなくなることもあります。 脚のむくみについては他の症状よりは比較的軽くなります。むくみが酷くて美容師の仕事が続けられないというケースはさほど多くは聞かれません。しかし、脚が痛くなるのは確かですし、脚の静脈に浮腫が浮かんでくると見た目も非常に悪くなってしまいます。女性にとっては特に大きな悩みでしょう。 体重が重い美容師だと、一日中立ちっぱなしでいることが原因で膝の関節痛が起きることがあります。これはむくみよりも圧倒的に痛いもので、人によっては美容師の仕事ができなくなることもあります。痩せれば症状も改善されるのですが、一度関節痛になってしまうと痩せるための運動もしづらくなり、さらに太ってさらに脚が痛くなるという悪循環に陥ってしまいがちです。

このような身体的な負担も含めて、美容師は総合的にハードな仕事です。ここまでの内容を読めば、多くの人が「これなら離職率が高くても仕方がない」と感じるでしょう。それでも多くの人が美容師を志し仕事を継続しているということを見ると、やはり仕事のきつさを上回るやりがいも大きいのだと言えます。 美容業界全体でも徐々に美容師の待遇改善が進んでいるため、勤務するサロンによっては、休日にしても給与にしても今よりもっといい条件で働ける可能性があります。これから美容師になる人も今美容師として仕事の辛さを実感している人も、一度多くの求人情報に触れてみるといいでしょう。リジョブのような美容関連の求人情報が多数掲載されているサイトなら、条件がいいサロンを探すことも容易になります。ハードな仕事に疲れ果てて美容師自体を辞めてしまう前に、気持ちよく働けるサロンをリジョブなどで探してみるのもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

batch_f81316787e7e7c57349f0239b3caaec4_m-min

この記事をシェアする