ケアマネジャーの求人・転職・募集

ケアマネジャー

全国のケアマネジャーの求人を探せます。まずはあなたが働きたいエリアを選んでみましょう!

注目の求人情報

ケアマネジャーの求人を検索する

人気のエリアから探す

人気の市区町村
尼崎市 姫路市 札幌市北区 苫小牧市 小樽市 松戸市 柏市 南房総市 市川市 船橋市 千葉市中央区 千葉市花見川区 上尾市 さいたま市北区 越谷市 川越市 川口市 所沢市 大阪市西成区 東大阪市 堺市東区 堺市北区 大阪狭山市 仙台市青葉区 山形市 酒田市 一宮市 板橋区 江東区 江戸川区 足立区 世田谷区 町田市 大田区 八王子市 小平市 杉並区 新宿区 中野区 練馬区 葛飾区 目黒区 宇都宮市 大津市 金沢市 横浜市泉区 相模原市南区 横浜市青葉区 相模原市中央区 伊勢原市 川崎市麻生区 浜松市中区 富士市 静岡市駿河区 藤枝市 掛川市
人気の駅
滝谷駅 南三原駅 仙川駅 掛川駅 浜松駅 新百合ヶ丘駅 西焼津駅 酒田駅 柴又駅 泉駅 取手駅 上尾駅 十日市場駅 町田駅 柏駅 西川口駅 川口駅 富士川駅 静岡駅 堺市駅 小平駅 伊勢原駅 盛駅 篠崎駅 山形駅 神立駅 武蔵境駅 船橋駅 大宮駅 北浦和駅 蕨駅 藤枝駅 八千代台駅 百合ヶ丘駅 町田駅 小田急相模原駅 青葉台駅 葛西駅 浦安駅 堺東駅 狭山駅 一之江駅

職種から求人を探す

介護
介護職 介護福祉士 ホームヘルパー 生活相談員 サービス提供責任者 児童指導員 管理職 サービス管理責任者 児童発達支援管理責任者 その他
リハビリ
機能訓練指導員 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 介護予防運動指導員
看護
看護師 看護助手
社会福祉士 精神保健福祉士 社会福祉主事
その他
介護事務 医療事務 保育士 調理師・調理補助 栄養士・管理栄養士 生活支援員 福祉用具専門相談員 ガイドヘルパー 介護タクシー・送迎ドライバー 高齢者コミュニケーター

コンテンツ

ヘルスケア・介護業界の応援メディア モアリジョブ HEALTH & CARE

モアリジョブ

介護・看護・リハビリ業界で働く方のキャリアやお仕事に「役立つ」「学びとなる」コンテンツを配信中!

掲載をお考えの企業様へ

低コスト料金体系!利用者最大級だから採用できる!企業様向け求人掲載について

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

要介護者や要支援者の方の相談や心身の状況に応じるとともに、サービス(訪問介護、デイサービスなど)を受けられるように、
ケアプラン(介護サービス等の提供についての計画)の作成や市町村・サービス事業者・施設等との連絡調整を行い、
要介護者や要支援者の方が自立した日常生活を営むのに必要な援助を行う職種です。

【ケアマネジャーの仕事内容】
ケアマネジャーの仕事内容は、居宅における業務と施設等における業務に分けられます。
・居宅における業務
 要介護者や要支援者の方の相談を受けた上でケアプランを作成し、居宅サービス事業者等との連絡調整を行い、入所を必要とする場合の介護保険施設への紹介を行う。
 主な勤務場所:居宅介護支援事業所(ケアマネ事業所)、介護予防支援事業所(地域包括支援センター)

・施設等における業務
 施設等のサービスを利用しているご利用者様が、自立した日常生活を営めるよう支援するため、解決すべき課題の把握等を行った上で施設サービス計画等を作成します。
 主な勤務場所:介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム等)、認知症対応型共同生活介護、小規模多機能型居宅介護、複合型サービス

ケアマネジャーになるには?

ケアマネジャーは資格取得のために最短のルートでも5年以上の実務経験が必要となります。
そのため新卒者がおらず、求人市場が分散する傾向にあります。ケアマネジャーの合格率に目を向けると、
資格制度が始まった1998年度の合格率は44.1%でした。以降、合格率は低下傾向にあり2022年度では19.0%となっております。
他の介護・福祉系の資格と比べると決して高い合格率ではありません。その一方で、居宅介護支援の利用者、そして事業所数は年々増加しているため、事業者側からのケアマネジャーのニーズはますます高くなっていると言えるでしょう。
合格率は各年度の厚生労働省「介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況等」より。

ケアマネジャーとして働く上でのやりがい

自分が作成したケアプランがご利用者様やそのご家族の生活の改善に繋がるため、ご利用者はもちろんそのご家族の方からも感謝の言葉をもらうことがあります。
ケアプランに沿った取り組みによりご利用者様の要介護度が低くなった際には特にやりがいを実感できるでしょう。
ご利用者やそのご家族の方々の価値観や考え方、環境や状況など多くの要素が複雑に絡む中で、計画したケアプランのみならず自身の人間力も必要になってくるはずです。
介護サービスの知識だけではなく、ケアマネジャー自身の人生経験によっても提供できる価値が変わってくると言えます。

リジョブケアでの求人状況

最後にリジョブケアでの求人状況を見ていきましょう。 2024年5月22日時点でケアマネジャーを募集する求人は1,131件、施設数は1,835件あります。 募集している雇用形態の割合は、正社員:76%、アルバイト・パート:20%、その他:4%となっており、 平均給与は、正社員:233,744円(最高額:600,000円)、アルバイト・パート:1,304円(最高額:2,800円)です。 ※平均値は求人の下限給与から算出しています。

>
対象者全員 2回もらえる勤続支援金 入社後30日最大10,000円+入社後1年最大10,000円

勤続支援金を
もらうまでの流れ

step1

応募

リジョブで求人に応募

リジョブで求人に応募!

step2

採用

採用決定

応募した企業で採用が決定!マイページより勤続支援金をご申請ください。

step3

1回目

1回目の勤続支援金をGET!

弊社にて確認後、勤続支援金を贈呈!

step4

継続

所定期間の勤務継続

入社から1年間勤務した段階で、再度ご申請ください。

step5

2回目

2回目の勤続支援金もGET!

弊社にて確認後、2回目の勤続支援金を贈呈!

よくあるご質問

勤続支援金とは?

リジョブに掲載中の求人にご応募いただいたすべての方を対象に、採用が決まった段階と、1年間の勤務を継続した段階の2回、勤続支援金をお贈りします。

職種によって10,000円×2回贈呈か、5,000円×2回贈呈かが変わりますので、下の「勤続支援金の金額は?」の箇所でご確認ください。

なぜ2回勤続支援金がもらえるの?

みんな2回勤続支援金がもらえるの?

勤続支援金がもらえる求人は?

期間・対象は?

就業先企業から勤続支援金がもらえるの?

勤続支援金の受取は就業先に伝わるの?

勤続支援金について

勤続支援金の金額は?

勤続支援金はいつもらえるの?

勤続支援金をもらうまでの流れは?

実施要項

対象
2016年10月20日以降の期間にリジョブで求人にご応募した方

1回目の勤続支援金の申請について
採用が決定した後、リジョブのマイページより申請を行ってください。
採用の確認がとれた後、給付の手続きを行います。
詳しくはよくあるご質問の「勤続支援金はいつもらえるの?」からご確認ください。
1回目の勤続支援金の申請期間は入社日から2年以内ですので、期間内にご申請ください。

2回目の勤続支援金の申請について
入社日より1年間の勤務を継続した後、【リジョブアプリ】より申請を行ってください。
手続きの際には、勤務の継続が確認できる書類のご提出をしていただきますので、下記の必要書類をご用意ください。

2回目の勤続支援金の申請期間は「1年間の勤務を継続した日から60日以内(入社日から425日以内)」ですので、期間内にご申請ください。なお、1回目の勤続支援金の給付を受けていない方は2回目の勤続支援金の給付対象外となりますので、ご注意ください。

2回目の勤続支援金申請の必要書類について
「勤務先」「氏名」「入社から1年経過したとわかる日付」の3点が明記されている資料
(例)給与明細、シフト表やサロンボード、在籍証明書など
※「勤務先」「氏名」「在籍年月」以外の情報は伏せていただいて構いません。

勤続支援金金額
採用された職種に応じます。
・勤続支援金 10,000円×2回の職種
美容師・理容師/アイリスト/柔道整復師/鍼灸師/あん摩マッサージ指圧師/理学療法士/作業療法士/言語聴覚士/ケアマネージャー/社会福祉士/介護福祉士/精神保健福祉士/ホームヘルパー1級/社会福祉主事任用

・勤続支援金 5,000円×2回の職種
エステ/ネイリスト/美容部員/セラピスト/アロマ/マッサージ/リフレクソロジー/整体師/カイロ/ヨガ/フィットネス/レセプション(受付)/ホームヘルパー2級/介護事務/ガイドヘルパー/介護予防運動指導員/高齢者コミュニケーター/福祉用具専門相談員/無資格(介護)

※アイリストに関して※
2016/10/21以降にご応募いただいた方に上記の金額が適用されます。それ以前にご応募いただいた方は、一律5,000円となりますのでご了承ください。
なお、2016/10/21以降にご応募いただいた方でも、「未経験(該当資格なし)」の経歴の場合は、一律5,000円となりますのでご了承ください。

注意事項
・下記に該当する場合、1回目の勤続支援金を給付できないことがあります。
‐他の求人媒体(求人サイト、フリーペーパー、店舗HP、貼り紙等)から、該当の企業へ応募していた場合
‐継続して勤務の意思が確認できない場合
※申請後、採用の確認が出来ない場合、勤務が確認出来るもの(給与明細のコピーなど)の提出をお願いすることがあります。

・下記に該当する場合、2回目の勤続支援金を給付できないことがあります。
‐応募時に入力いただいた氏名と、勤務実績を確認するための書類で確認できる氏名(名義)が異なる場合
‐勤務先会社(店舗)名が申請時の提出資料から確認ができない、もしくは応募先の名称と異なる場合
‐提出資料から1年間の勤務の継続があったと分からない場合
‐提出資料が改ざん可能な資料である場合

・下記に該当する場合、2回目の勤続支援金の給付対象外となります。
‐1回目の勤続支援金の給付を受けていない
‐1年間の勤務を継続した日から61日以上(入社日から426日以上)経過している

・本件は株式会社リジョブ主催のものです。お問合せ等は株式会社リジョブへお願いいたします。
・本件は予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。