大好きなネイルを仕事にできた幸せをずっと感じっていきたいと思います。

キャリアアップウーマン

宗像麻衣子 さん「Supreme(シュープリーム) 店長」

宗像麻衣子 さん

INA 2012 ネイルコンペティション プロ部門ジェル・フリーアート 1位。

アーティストや女優のネイル担当として雑誌やTVなどで活躍中。また、スクール講師としても活動の場を広げている。

学校卒業後は、ネイル一筋の人生!

お店を何回か変えましたが、いわゆる『キャリアチェンジ』という意味では転職はしていなくて、ひたすらネイリスト一筋なんです。異業種への転職は考えたことはないです。今の店に来る前は、麻布十番のお店で働いていました。最後の2年間くらいはマネージャー職に就かせていただいて、スタッフの管理等を行っていました。

仕事の幅を広げたいと思った時にチャンスが

ちょうど自分自身の仕事の幅を広げたいと思っていたところにオーナーから声をかけていただきました。オーナーは私が以前働いていたお店でネイリストをやっていたことがあり、さらに元々知り合いだったというご縁があったからなのですが、もっと視野を広げたいと思った時だったので、とてもタイミングが良かったです。

少人数のサロンで、キャリアアップを実感

以前働いていたネイルサロンは大型店だったので人数が多く、役割が決まっていました。それが嫌だったわけではないのですが、もう少し全体的に業務に関わっていきたいと感じていました。今は少人数のサロンなので、いろいろなことを勉強しながら、できることが増えてきました。そういう意味では、少しずつでもキャリアアップをしているんじゃないかな、と実感しています。

趣味が仕事になった幸せ

もともと学生の頃からネイルが大好きで、趣味でずっとやっていました。それが仕事になったことは本当に幸せだと思います。趣味の延長のようなものなので、あまりON・OFFの切り替えって意識したことがないんです。20代前半の頃は仕事が終わった後に遊びに行ったりもしましたけど、今は、仕事の後はゆっくりと自分の時間を過ごしています。

大会の練習は『なるべく美しいものを見る』こと

大会に出る時は、2~3ヶ月前から作りたいものをイメージして、今、自分に何が足りないのかを客観的に見るように意識して練習します。出るからには勝ちたいので練習は怠らないようにしますが、机の上の練習だけ、本を見たりするだけではなく、なるべく外に出て美しいものを見るようにしています。そうすることで、デザインやアートの発想が浮かんだりするんですよ。

今、仕事を探している人へ

私は、転職の際にあまり苦労をしていないんですよ。新しいお店で今までのやり方が通じないこともあったと思うんですけど、割と素直に受け入れてしまうタイプというか……あまり辛く考えないんです(笑)。今、転職で悩んでいる方もあまり思いつめずに、その時その時のご縁を大事にして、ポジティブな気持ちでいれば、道は拓けるんじゃないでしょうか。

宗像麻衣子 さんの日常

アート用の筆

アート用の筆:
ネイルアートがきっかけでネイリストに。材料を買いに行くだけで今もワクワク!

スペースネイル

スペースネイルのキューティクルオイル:
消炎作用・殺菌効果に優れたティーツリー油が配合されています。

ルーロ

ネイルセラム ルーロ:
新成分ペリセアをはじめ、爪本来の機能を取り戻すための要素が詰まっています。

SALON INFO

Supreme

Supreme(シュープリーム)

雑誌で話題のネイル&ビューティーSupreme。店内の壁一面にはアートチップ・チップ200種・カラージェル178種の豊富なサンプルがあります。
ネイルコンペティション優勝など、高いプロ意識を持つスタッフの上質な技術を実感してみてください。
http://supreme-nail.com/pg109.html

キャリアアップウーマンのバックナンバーはこちら

神田道子さん

風通しがよく、働きやすい職場だから、ここでずっと続けていきたいと思うんです。

最初の美容室は大型店で、6年間と長かったので、自分の引き出しを増やすために他の美容室を見てみようと転職しました。ここは規模が小さな個人サロンですが、働く体制がきちんとしていて、提案も出しやすいので、お店づくりに参加できるんです。リニューアルの時は内装や設計などにも関われて、すごく良い機会になりました。おしゃれなお客様が多い吉祥寺の街も気に入っています。

2015/07/10

中山絵美さん

忙しい子育ての中でも、みんなの協力で自分のペースで仕事ができています!

私は、自分の爪が小さいのがずっとコンプレックスでした。ですが、社会人になってネイルサロンでスカルプチャを付けてもらった時、その技術にすごく感動して、「自分でもやってみたい!」と思ったんです。そこで最初は、会社で働きながら夜間のネイルスクールに通いました。1年ほどしてスクール系列のサロンに転職し、その半年後にネイルスクールを卒業。その後、別のサロンに移りました。

2015/07/03

隈本奈緒美さん

スクールの仲間、サロンのスタッフ、みんな私にとって大事な人たちです。

中学生のころから脚のむくみに悩んでいて、足つぼに興味がありました。でも、宮崎はのんびりしているのか、当時はリラクゼーションサロンがありませんでした(笑)。短大卒業後は一般企業に入社したのですが、3カ月ぐらいでやっぱり違うと思い、東京でリフレクソロジーを勉強することに決めました。いくつかのサロンで経験を積んだ後、お給料の安定しているこのサロンに入りました。

2015/05/29

赤見知穂さん

後悔しないように、迷ったらとりあえずやってみること。

念願の美容師になったんですが、サロンでネイルを教えていただくうちにネイルの魅力にハマって、スクールでしっかり勉強したいと思ったんです。親には「本当にやりたいのか?! 今後どうしたいんだ」って言われました。その時、自分のお店が持てたらと話したら、美容師をしている兄と将来のイメージが一致して。未来の姿が見えたことで、ネイリストへの転向を決心しました。

2015/05/08

高橋奈津子さん

フリーター卒業から3年でオーナーに! 可能性の扉は自分で開けられます

高橋奈津子 さん 「バーン・ハナ フォレオ大津一里山店 オーナー店長」 出身地:神奈川県 血液型:A型 高校卒 […]

2015/04/30

青木さやかさん

美容が好きだから、これからも美容から離れません

原宿の美容院で8年間美容師をしていました。女性として結婚や出産を考える年齢になると、美容師という職業がかなりハードになってきて、転職を考えるようになりました。美容院では職場環境にも恵まれ、副店長という役職も任されておりました。第一に美容師という職業が大好きだったので、転職にはかなりの迷いがありましたが、新しいことに挑戦したいという思いが強く、転職を決めました。

2015/03/19

職種別の記事まとめ

人気のキーワード