嵐のような、TOKIOのような、息の長い結束したチームを目指しています

オーナーズセオリー

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

Profile 富田 恭子さん

富田恭子さん

「爪健美庵」 代表

出身地:神奈川県

血液型:A型

趣味:鎌倉の流鏑馬にときめいて、弓道を始めました。

座右の銘:「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」

なぜ、オーナーになろうと思ったのですか?

富田恭子さん

最初は一人でやっていたのですが、お客様の中から「ネイルの仕事をしてみたいので教えてほしい」という方が増えてきてスクールを始めたんです。教えた人がスタッフになり、自然にオーナーになっていた感じですね。やるからには他のサロンとは違う、お客様が求めているニーズを開拓したいと思い、爪の健康を重視した、中高年の方が気軽に楽しめるサロンを作ったんです。

オーナーになって、苦労したことを教えてください。

ネイル

デパートなどのネイルコーナーで販売促進など、店舗を持たないでできるお仕事からスタートして、そのうち、お客様の中から「そろそろお店を持ってやってみたら」というようなことを言われて。お客様に背中を押していただいて自然な流れでオーナーになっていました。こじんまりした店を自分の気持ちが届く範囲でやっているので、苦労らしい苦労もなく、いろんな意味で満足感があります。

オーナーになって、変わった人生観はありますか?

富岡恭子さん

スタッフのモチベーション管理について考えるようになりましたね。また、ネイルサロンは女性がスタッフなので、結婚、出産での離職率が高いんです。その部分は、ぶち当たる壁ですね。でも、ずっとネイルの仕事が好きでいてほしいですから、気持ちよく送ってあげようと思うようになりました。

どんな人と一緒に仕事をしたいですか?

常に勉強する姿勢が感じられる方はいいですね。そして個性。技術力は数を重ねればついてきますので、お客様に愛されるキャラクターであることを重要視しています。新しいスタッフが入ると、お客様が育ててくださるというような環境が整っているので、働きやすいと思いますよ。

今後の夢や展望を教えてください。

スタッフ

今は小田原、鎌倉、藤沢の3店舗ですが、これ以上増やしたいとは思っていません。この3つの店舗を地元の皆さんに、もっと愛されるように大切に育てていくのが目標。嵐のような、TOKIOのような、息の長い、愛されキャラのサロンをつくっていきます!


中高年の方が気軽に入れるネイルサロンというのは嬉しいですね! 爪が長くなくても、ちょっとおしゃれを楽しみたいという人は多いはず。爪ひとつで一日の気分は変わりますから♪ リピーター率がとても高いというのもうなずけます!

Salon Data

爪健美庵

爪健美庵

爪を健康的に美しくすることをモットーにしたサロンです。どんなに短くても、傷んでいても、プロの技で美しく! 「私みたいなオバサンが行ったら変に思われないかしら」と一歩が踏み出させなかった方も是非お越しください!

求人案件はコチラ

インタビューのバックナンバーはこちら

若井裕史さん

仲間になってほしいのは、ビジョンをもって働いてくれる人です。

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

2015/11/12

高橋直樹さん

サロンをつくるには自分だけでは足りない。みんなの力が必要なんです

親が理容室をしていた影響で高校時代に理容師免許を取得、卒業後は理容室で働きながら美容師免許を取得して、美容室での経験も経て独立をしました。最初の理容室の就職面接で『夢と志』というテーマの作文を書くよう言われ、それまで何となく考えていたことを、自分なりにしっかり文字にする機会を得ました。

2015/07/22

yawaraka_ca

お客様との会話を通して、日々、自分の知識が広がるのを感じています。

子供を送り出してから出勤するまでの1時間、コーヒーを飲みながら新聞を読んで、ゆっくり過ごして気力を充電します。新聞を読んでいると、お客様との会話につながる情報も集まるんです。

2015/07/15

山本真理奈さん

癒しの時間を提供するために、まず自分自身の心と体を磨いています

「美養茶」という、お腹の調子が良くなるデトックスのお茶を毎日飲んでいます。体の中の水分をきれいにしてくれるんです。一日中、お水の代わりにこれを飲んでいます。

2015/07/08

image04_ca

実力派貧困セラピストを救え!  最終章「じゃあねー♪」

未だに、涼花の正体が貧困セラピストだということは酒居にはバレていない。そしてバレる様子もない。偽インタビューは滞りなく進んでいた。涼花が質問をする、酒居が答える。このルーティーンとも言える流れが、涼花の油断を誘っていた。

2015/06/27

セラピストを救え

実力派貧困セラピストを救え!  第三章「タイムリミットは30分」

「涼花がライターではない」ということを、酒居が気付いた時点で逃げないといけない。涼花は脇のカバンをしっかり掴み、さりげなく酒居の電話の声に耳を傾けた。

2015/06/26

職種別の記事まとめ

人気のキーワード