実力派貧困セラピストを救え!  最終章「じゃあねー♪」

未だに、涼花の正体が貧困セラピストだということは酒居にはバレていない。そしてバレる様子もない。偽インタビューは滞りなく進んでいた。



セラピストを救え

涼花が質問をする、酒居が答える。このルーティーンとも言える流れが、涼花の油断を誘っていた。

「経営者からの相談で多いものってなんですか?」

「『三大悩み』と呼んでいるんですが、『コンセプト』『料金設定』『集客方法』ですね」

「なるほど……」

「ダメなサロンコンセプトで多いのは『抽象的すぎるコンセプト』で、例えば『美容と健康』みたいなコンセプトです。正直、それではやっていけません。もっとコンセプトを絞り込まないと」

「た、例えばどうやって……」

涼花は青ざめた。涼花の経営しているサロンのアピールポイントがまさしく「美容と健康」だったからだ。

「私の講義ではまず、経営者に『サロンをやろうと思った動機』を書いてもらいます。そこがコンセプトのコア(核)なので。『なんでアロマ?』『なんでエステ?』『人の役に立ちたいだけならボランティアでもいいでしょ?』そこを思い出してもらって、コンセプトを考えてもらいます」

涼花は自分がサロンを始めた時のことを思い出していた。酒居にとって、涼花の思い出している様が、よほど「ぼ~」っとしているように見えたのであろう。酒居の方から次の話題へと移行させた。

「次に、料金設定についてですが……」

「あ……はい!」

「料金設定は高い・低い以前に、自分のサロンの原価計算ができていない人が多すぎますね」

「げ、原価……計算? (したことない……)」

時間経費、つまりサロンで1時間にかかる経費です。そこに利益をどう付与するかですね。マンションの一室で開業している人が、5年後にテナントを借りて経営するつもりなら、それに必要なプール金も加算しないといけません。それを踏まえた上で、料金設定をするのです。決して『他のサロンがこの料金だから、ウチもこの料金にしよう』という考えではダメです」

「う……」

涼花は謝罪したいと思った。酒居に対してではなく、これまでのサロンの客にでもなく、自分自身にでもなく、何かに謝罪したい気持ちになった。涼花は折れかかった気持ちを建て直し、質問を再開した。

「最後の、『集客』についても教えてください」

「はい、最近の集客はWEBが主流ですよね?」

「だと思います」

「でも残念ながら、私はWEBに関してはプロじゃないので……」

「……」

「ただ言えるのは、広告に『ウチのサロンは、ここがスゴイんです!』なんてものは必要ありません」

「え!? でも、スゴイところをアピールしないと……」

「広告を見た人に『すごいサロンだ!』って思わせるんじゃなくて『このサロンは私に必要だ』と思わせることが大切なんです」

「あ……確かにそうですね」

「もうひとつ大切なのはリピーターをつくることですね」

「でも、そのリピーターがなかなかできないんですよ」

「そうですね。自宅のサロンだと最初は、お客様はお友達がほとんどです。でも、お友達はお付き合いで来てくれるので、半年もすると全員いなくなると思った方がいいです」

――経験済です。

「だから、別のお友達を紹介してくれる人をどうやって作るか。そういう仕掛けの話を講義ではお話します」

「……そのお話は、していただけないんですか?」

「結構ですよ。その前にまず、あなたのサロンではどんなことをしていますか?」

「いやあ、私のサロンでは特に何も……はは♪」

酒居は笑顔で黙って涼花を見つめていた。涼花は照れ笑いをしながら酒居を見ていた。しかし、涼花の笑顔は徐に真顔に変わっていった。涼花は自分の背中を一筋の汗が流れていくのを感じた。

――やってしまった。

涼花は完全に油断していた。油断のために、涼花はカバンと財布を掴んで逃げるという行動に即座には移行できなかった。

「申し訳ございません!」

涼花には立ち上がり、頭を下げることしかできなかった。

「え!? 何を謝っているんですか?」

「わ、私はウソを吐いていました! 私は『月刊リラクゼーション』の記者でも、ニシジマという人物でも……」

酒居は涼花の言葉を遮るかのように言葉を返した。

「きっと……聞こえなかったんですよ」

「え?」

「あなたは……私に名前や職業を伝えましたか? 私に名刺を渡しましたか?」

「え……いや……」

「私が勝手にあなたのことを勘違いしただけ。私の『月刊リラクゼーションの西島さんですよね?』という言葉も、私の声が小さくて、あなたに聞こえなかったのよ」

涼花は溢れ出そうになる涙を堪えながら、やっぱり頭を下げることしかできなかった。

「あ……ありがとうございます!」

「さあ、そろそろ次の仕事の時間だから」

「あ、30分経ちますもんね。次の現場ってどこですか? そこまでご一緒させてくださいよ」

「次も……ココなの」

「え? 次ってもしかして……」

酒居は涼花の言葉に対して、笑顔でゆっくりと頷いた。

「わかりました。じゃあ、ここで失礼します」

涼花は自分の飲んだエスプレッソ代の1,080円を置き、荷物を持ってカフェの入り口に行った。入り口に立ち止った涼花はスッと振り返り

「酒居さん。私、なんとかなりそうです! ありがとうございました!」

涼花は深々と礼をした後、店を出た。酒居はフッと笑みがこぼれた。酒居がコーヒーを飲もうとした時、窓の外に涼花の姿が見えた。
涼花は酒居の方を見て何かを言いながら、笑顔で手を振っていた。窓で遮られているため、涼花の声は酒居に届かなかったが、涼花の口の動きは紛れもなく「じゃあねー♪」であった。


セラピストを救え
≪終≫

<第一章「勘違いの救世主」>
<第二章「逃げる準備」>
<第三章「タイムリミットは30分」>

PROFILE

酒居悦子さん

酒居 悦子

AEA認定インターナショナルエステティシャン
JAAセラピストマナー講師
サロンコンサルタント
日本航空客室乗務員、コンサルタント会社の社員教育講師、大手エステティック会社の教育担当を経て、エステティックサロンを開業。現在は個人サロン経営者のためのコンサルティングコーチとして、お客様のリピート・固定化を専門に指導。その他、サロン経営やセラピストのための講座・セミナー・カウンセリングを随時開催している。
http://www.relikerelife.jp/
http://www.jaa-aroma.or.jp/

インタビューのバックナンバーはこちら

若井裕史さん

仲間になってほしいのは、ビジョンをもって働いてくれる人です。

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

2015/11/12

高橋直樹さん

サロンをつくるには自分だけでは足りない。みんなの力が必要なんです

親が理容室をしていた影響で高校時代に理容師免許を取得、卒業後は理容室で働きながら美容師免許を取得して、美容室での経験も経て独立をしました。最初の理容室の就職面接で『夢と志』というテーマの作文を書くよう言われ、それまで何となく考えていたことを、自分なりにしっかり文字にする機会を得ました。

2015/07/22

yawaraka_ca

お客様との会話を通して、日々、自分の知識が広がるのを感じています。

子供を送り出してから出勤するまでの1時間、コーヒーを飲みながら新聞を読んで、ゆっくり過ごして気力を充電します。新聞を読んでいると、お客様との会話につながる情報も集まるんです。

2015/07/15

山本真理奈さん

癒しの時間を提供するために、まず自分自身の心と体を磨いています

「美養茶」という、お腹の調子が良くなるデトックスのお茶を毎日飲んでいます。体の中の水分をきれいにしてくれるんです。一日中、お水の代わりにこれを飲んでいます。

2015/07/08

image04_ca

実力派貧困セラピストを救え!  最終章「じゃあねー♪」

未だに、涼花の正体が貧困セラピストだということは酒居にはバレていない。そしてバレる様子もない。偽インタビューは滞りなく進んでいた。涼花が質問をする、酒居が答える。このルーティーンとも言える流れが、涼花の油断を誘っていた。

2015/06/27

セラピストを救え

実力派貧困セラピストを救え!  第三章「タイムリミットは30分」

「涼花がライターではない」ということを、酒居が気付いた時点で逃げないといけない。涼花は脇のカバンをしっかり掴み、さりげなく酒居の電話の声に耳を傾けた。

2015/06/26

職種別の記事まとめ

人気のキーワード