サロンをつくるには自分だけでは足りない。みんなの力が必要なんです

オーナーズセオリー

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

Profile 高橋直樹さん

高橋直樹さん

&*again(アンドアゲイン) オーナー

出身地:大阪府

血液型:B型

趣味:テニス、バイク、一眼レフで撮影

座右の銘:「愛をもって、心で切る」(「ANTI」池田裕真氏)/「壊れるぐらいやってみな、夢へと向かう力は次々とわいてくるものだから」

なぜ、オーナーになろうと思ったのですか?

高橋直樹さん

親が理容室をしていた影響で高校時代に理容師免許を取得、卒業後は理容室で働きながら美容師免許を取得して、美容室での経験も経て独立をしました。最初の理容室の就職面接で『夢と志』というテーマの作文を書くよう言われ、それまで何となく考えていたことを、自分なりにしっかり文字にする機会を得ました。

私がその時に書いたのが、『将来は独立して3店舗は持ちたい』。今はそれを目標にがんばっています。

オーナーになって、苦労したことを教えてください。

ハサミ

それまで幹部や店長としての経験はありましたが、オーナーはもちろん初めてで、人生で初の『アグレッシブ』な経験をしてきました。スタッフが急にやめてしまったり、自分の給料も取れない時期もありました(笑)。売上げを上げるということひとつとっても、店長時代とは必死度が全く違います。今さらですが、これまで雇ってくれていたサロンのオーナーの気持ちが分かるようになりました。

オーナーになって、変わった人生観はありますか?

高橋直樹さん

自分一人でできることは小さいと実感したことです。店に出ながら、経営もこなさなければならない。だから店舗を大きくするには、みんなの協力が必要です。2店舗目の開店は、美容師の妹に1店舗目を任せることができたから実現しましたが、3店舗目はスタッフがちゃんと育った段階で考えようと思います。

どんな人と一緒に仕事をしたいですか?

チャレンジ精神と、継続力と、一緒にサロンを盛り上げたいという気持ちのある子です。そういう子が来てくれたら、私も成長させてあげたいという思いになります。とはいえ最初から完璧な人はいないから、徐々に育ってくれたらそれでいいんです。今、いい子たちがきてくれているので、がんばってもらいたいですね。

今後の夢や展望を教えてください。

サロン

独立の時に『5年後に2店舗、10年後に3店舗』という目標を掲げました。この目標が実現したら、さらに店舗を増やすなり、フランチャイズ展開なり、スタッフと力を合わせて一緒に仕事をしていける環境をつくっていきたいです。そして、スタッフに幸せになってもらいたい。その上で、大阪で名の通るサロンになっていくのが夢です。


働き始める前に決めた「将来は独立して3店舗は持ちたい」という夢。まさしくその途中を歩み続けている高橋さん。オーナーとして休みはほとんどなく、経営や人間関係でつらい思いもあるけれど、それでも毎日では充実し、やりがいを感じていると話してくれました。

SALON INFO

&*again

&*again

輝きを与え続けたいという想いのもとに、お客様の理想の髪型に近づけるようしっかりカウンセリングをして施術をしています。キッズスペースがありますので、お子さま連れでも気軽にお立ち寄りいただけます。もちろんお子様のカットも得意です!

http://and-again.net/

インタビューのバックナンバーはこちら

若井裕史さん

仲間になってほしいのは、ビジョンをもって働いてくれる人です。

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

2015/11/12

高橋直樹さん

サロンをつくるには自分だけでは足りない。みんなの力が必要なんです

親が理容室をしていた影響で高校時代に理容師免許を取得、卒業後は理容室で働きながら美容師免許を取得して、美容室での経験も経て独立をしました。最初の理容室の就職面接で『夢と志』というテーマの作文を書くよう言われ、それまで何となく考えていたことを、自分なりにしっかり文字にする機会を得ました。

2015/07/22

yawaraka_ca

お客様との会話を通して、日々、自分の知識が広がるのを感じています。

子供を送り出してから出勤するまでの1時間、コーヒーを飲みながら新聞を読んで、ゆっくり過ごして気力を充電します。新聞を読んでいると、お客様との会話につながる情報も集まるんです。

2015/07/15

山本真理奈さん

癒しの時間を提供するために、まず自分自身の心と体を磨いています

「美養茶」という、お腹の調子が良くなるデトックスのお茶を毎日飲んでいます。体の中の水分をきれいにしてくれるんです。一日中、お水の代わりにこれを飲んでいます。

2015/07/08

image04_ca

実力派貧困セラピストを救え!  最終章「じゃあねー♪」

未だに、涼花の正体が貧困セラピストだということは酒居にはバレていない。そしてバレる様子もない。偽インタビューは滞りなく進んでいた。涼花が質問をする、酒居が答える。このルーティーンとも言える流れが、涼花の油断を誘っていた。

2015/06/27

セラピストを救え

実力派貧困セラピストを救え!  第三章「タイムリミットは30分」

「涼花がライターではない」ということを、酒居が気付いた時点で逃げないといけない。涼花は脇のカバンをしっかり掴み、さりげなく酒居の電話の声に耳を傾けた。

2015/06/26

職種別の記事まとめ

人気のキーワード