お客様との会話を通して、日々、自分の知識が広がるのを感じています。

自分Style

やわらか整体 整体師 安達ちひろさん

■朝起きてからの習慣は?

安達ちひろさん

子供を送り出してから出勤するまでの1時間、コーヒーを飲みながら新聞を読んで、ゆっくり過ごして気力を充電します。

新聞を読んでいると、お客様との会話につながる情報も集まるんです。

■仕事で欠かせないアイテムは?

靴下

面白い柄の五本指ソックスです。

お客様に好評で、会話にもつながり空気が和らぎます。

もう一つはモバイル端末。ご年配のお客様の病気や薬のことをすぐに調べたり、お客様の帰りのバスの時間をチェックしたりします。

■仕事で落ち込んだ時のモチベーションアップ法は?

気分が落ちている時には、まず掃除をします!

部屋をキレイにすると、気分もチェンジするんです。

あとはお菓子を作ったり、バッグや小物を作ったりしていると、気持ちがアップしてきます。

■健康維持のために気をつけていることは?

デトックス

今、ハマっているのは、デトックスウォーター作りです。

4年前の暑い時期、水分をあまりとらずに仕事をしていたら、具合が悪くなったことがありました。

それ以来、水分を多く摂取するよう心がけています。

せっかくなら利尿作用のあるものを……と考えて、デトックスウォーターにたどり着きました。

また、顔や手にシミがあると年齢を感じてしまうので、シミができないように、1年中、日焼け止めやアームカバーを使っています。

■この業界を目指す人に向けて、メッセージを!

自分自身も身体を動かす仕事なので、血行が良くなりますよ。夏場は暑いですが 冬はポカポカ。

お客様のお悩みが改善しきれないと、自分の勉強不足に落ち込むこともありますが、それよりも多くのお客様に喜んでいただいて、とてもやりがいを感じます!

お客様との会話から、ためになること、新しい知識がどんどん増えていきますので、仕事をしながら勉強もさせていただいています。

◆◆ある1日の過ごし方◆◆

6:30
起床 朝食 身仕度 子供の送り出し
9:10
出勤 掃除 朝礼
10:00
勤務開始(3人施術)
14:30
退社 スーパーで買物
15:30
帰宅 子供とおやつの時間
16:30
子供を塾へ送る
18:00
歯医者
18:45
夕食 翌日の準備 宿題の確認
21:00
お風呂
22:00
PTAや友人とのメール 学校の連絡プリント確認 リラックス
24:30
就寝

■目標:起業です。他には、将来的には介護施設などを訪問して、ボランティアで施術してさしあげたいですね。

SALON INFO

やわらか整体

やわらか整体

やわらかな施術で凝り固まった体をほぐします

体に現れる不調は筋肉の緊張や体の歪みが原因かも。私たちが体をほぐすお手伝いします。

求人案件はコチラ

インタビューのバックナンバーはこちら

若井裕史さん

仲間になってほしいのは、ビジョンをもって働いてくれる人です。

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

2015/11/12

高橋直樹さん

サロンをつくるには自分だけでは足りない。みんなの力が必要なんです

親が理容室をしていた影響で高校時代に理容師免許を取得、卒業後は理容室で働きながら美容師免許を取得して、美容室での経験も経て独立をしました。最初の理容室の就職面接で『夢と志』というテーマの作文を書くよう言われ、それまで何となく考えていたことを、自分なりにしっかり文字にする機会を得ました。

2015/07/22

yawaraka_ca

お客様との会話を通して、日々、自分の知識が広がるのを感じています。

子供を送り出してから出勤するまでの1時間、コーヒーを飲みながら新聞を読んで、ゆっくり過ごして気力を充電します。新聞を読んでいると、お客様との会話につながる情報も集まるんです。

2015/07/15

山本真理奈さん

癒しの時間を提供するために、まず自分自身の心と体を磨いています

「美養茶」という、お腹の調子が良くなるデトックスのお茶を毎日飲んでいます。体の中の水分をきれいにしてくれるんです。一日中、お水の代わりにこれを飲んでいます。

2015/07/08

image04_ca

実力派貧困セラピストを救え!  最終章「じゃあねー♪」

未だに、涼花の正体が貧困セラピストだということは酒居にはバレていない。そしてバレる様子もない。偽インタビューは滞りなく進んでいた。涼花が質問をする、酒居が答える。このルーティーンとも言える流れが、涼花の油断を誘っていた。

2015/06/27

セラピストを救え

実力派貧困セラピストを救え!  第三章「タイムリミットは30分」

「涼花がライターではない」ということを、酒居が気付いた時点で逃げないといけない。涼花は脇のカバンをしっかり掴み、さりげなく酒居の電話の声に耳を傾けた。

2015/06/26

職種別の記事まとめ

人気のキーワード