不器用でも、一生懸命な人が すごく良い美容師になります

オーナーズセオリー

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

Profile 岡部 鮎美さん

岡部 鮎美 さん
 

Amuser ravie オーナー

出身地:埼玉県

血液型:A型

趣味:ゴルフ、映画鑑賞

座右の銘:一期一会

なぜ、オーナーになろうと思ったのですか?

岡部 鮎美 さん

結婚した人が現在のサロンのオーナーをしていたので、オーナーという立場になりました。元々は他の店でスタイリストをしていて、結婚してからもしばらくは主人とは別でやっていたんですけど、10年くらい前からは一緒にやるようになりました。主人は個人で小さくやるタイプだったんですが、将来を考えた時に永続できる企業にしたいと思い、経営や組織化に力を入れていくようになりました。

オーナーになって、苦労したことを教えてください。

はさみ

最初はわからないことばかりだったので、大変でしたよ。当初は経営コンサルタントを入れて、私自身も勉強していました。今でも経営の勉強会やセミナーに参加して、勉強は続けていますよ。後は、スタッフの教育と、スタッフを集めることに苦労しましたね。育てたスタッフが辞めてしまうことはとても辛いです。何度経験しても慣れることはないですね。

オーナーになって、変わった人生観はありますか?

岡部 鮎美 さん

なかなかやらない人や、できない人に対してなんでやらないんだろうって感じていました。オーナーになってわかってきたのは、不器用な子ほど時間をかけてあげると、すごく良い美容師になるんです。そういったいろんなタイプの人がいてみんなに支えられていることに気づきました。

どんな人と一緒に仕事をしたいですか?

誠実な人ですね。不器用でも前向きに、ひたむきに一生懸命に努力している人は絶対に伸びるし、会社にとっても軸になると思います。器用でも心が入っていない人はダメです。今のスタッフは不器用な人間が多いんですけど、仲間やお客様に対して誠実な人が集まっているのでいいですね。

今後の夢や展望を教えてください。

岡部鮎美さんとスタッフ

女性美容師が結婚・出産しても活躍できるというのが今のテーマです。一人一人が生産性を高めて、勤務時間が短くてもしっかりお給料を貰えるような働き方をすることで、結婚生活との両立ができると思います。まずは、来年から完全週休二日でもお給料を減らさないでいられるような形を作りたいと思っています。


岡部さんは、「オーナーと結婚したからオーナーになっただけ」とおっしゃいますが、「永続する美容院を作る」という、しっかりした考えもお持ちです。トレードマークの帽子が素敵な岡部さん。有難うございました。

SALON INFO

サロン

Amuser ravie

傷ませない施術をコンセプトに、生活スタイルそのものをトータル的にサポート。次のご来店までがひとつのスパンとして考え、1か月以内に再来店くださると、前髪や眉のメンテナンスを無料で受けられます。

求人案件はコチラ

インタビューのバックナンバーはこちら

若井裕史さん

仲間になってほしいのは、ビジョンをもって働いてくれる人です。

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

2015/11/12

高橋直樹さん

サロンをつくるには自分だけでは足りない。みんなの力が必要なんです

親が理容室をしていた影響で高校時代に理容師免許を取得、卒業後は理容室で働きながら美容師免許を取得して、美容室での経験も経て独立をしました。最初の理容室の就職面接で『夢と志』というテーマの作文を書くよう言われ、それまで何となく考えていたことを、自分なりにしっかり文字にする機会を得ました。

2015/07/22

yawaraka_ca

お客様との会話を通して、日々、自分の知識が広がるのを感じています。

子供を送り出してから出勤するまでの1時間、コーヒーを飲みながら新聞を読んで、ゆっくり過ごして気力を充電します。新聞を読んでいると、お客様との会話につながる情報も集まるんです。

2015/07/15

山本真理奈さん

癒しの時間を提供するために、まず自分自身の心と体を磨いています

「美養茶」という、お腹の調子が良くなるデトックスのお茶を毎日飲んでいます。体の中の水分をきれいにしてくれるんです。一日中、お水の代わりにこれを飲んでいます。

2015/07/08

image04_ca

実力派貧困セラピストを救え!  最終章「じゃあねー♪」

未だに、涼花の正体が貧困セラピストだということは酒居にはバレていない。そしてバレる様子もない。偽インタビューは滞りなく進んでいた。涼花が質問をする、酒居が答える。このルーティーンとも言える流れが、涼花の油断を誘っていた。

2015/06/27

セラピストを救え

実力派貧困セラピストを救え!  第三章「タイムリミットは30分」

「涼花がライターではない」ということを、酒居が気付いた時点で逃げないといけない。涼花は脇のカバンをしっかり掴み、さりげなく酒居の電話の声に耳を傾けた。

2015/06/26

職種別の記事まとめ

人気のキーワード