どんな人にもチャンスを与えられる環境を作っていきます。|大山秀樹さん

オーナーズセオリー

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

Profile 大山 秀樹さん

大山さん

「LAMPE HAIR MAKE」代表

出身地:福島県

血液型:B型

趣味:空手

座右の銘:「成功の反対は失敗ではない。チャレンジしないことだ」

なぜ、オーナーになろうと思ったのですか?

大山さんのカット

美容師って雇われていると30歳くらいで将来が見えちゃうんですよ。幹部というポジションに就いても、下の子を育てなければいけないなどの理由で、プレーヤーとしては終着地点になってしまうんですね。
こんな悩みを持っている美容師はたくさんいると思うんです。だったら、オーナーになることによって、どんな人にもチャンスを与えられる環境を作りたいと思って独立しました。

オーナーになって、変わった人生観はありますか?

シザーケース

自分が良かれと、こうすればスタッフが幸せになるんじゃないかなって思ったことに対して、なかなかスタッフはそう捉えてくれないことがあります。
当然ですが、人それぞれ価値観は違うってことですね。みんなが幸せになれるように指導したり、体制や環境を整えたりしたことに対して、100%賛同はしてくれないんです。最近は60%くらい賛同してくれたら、100%だと思うようにしていますよ。

2店舗目を出店された経緯を教えてください。

大山さん全身

1店舗目をオープンしてから、女性のスタイリストが入って来たんです。その子がすごく頑張って売上を上げてくれて。私を超すんじゃないかっていうくらい。で、その子のチャンスを広げるためにも五反田店をオープンして、店長になってもらいました。

どんな人と一緒に仕事をしたいですか?

向上心があって、「意地でも美容業界で稼ぎたい!」と思っている人ですね。最近は求人を見ていても休日が多いとか給料が高いとか、美味しいことを書かないと集まらない時代になっているのがすごく残念です。
手に職という一生の財産を築くということに真摯に向き合ってほしいですね。

今後の夢や展望を教えてください。

スタッフ

将来は3店舗経営をしたいと思っています。独立して5年後に2店舗目ができました。2年後に3店舗目を視野に入れています。そのための人集めは一番大切なところなので、仕組み作りや体制を整えることに重きを置いて、人が集まって辞めたくならない状況を作っていくことが大切だと考えています。


5年前、大山さんのお子様が生まれた日が、LAMPEの契約日だったそうです。だからLAMPEとお子様は同い年。
大山さんとお子様とサロンと、いつまでも一緒に育って行ってほしいものです。

SALON INFO

店内

LAMPE HAIR MAKE


大人の女性にオススメ。技術にもサービスにもこだわっているサロンです。とても丁寧で上質な雰囲気ながら、4席ならではのアットホーム感。ナノスチームやオーガニックシャンプーなどの、お客様の髪のダメージケアを考えたメニューなので、安心してごゆっくりおくつろぎください。

インタビューのバックナンバーはこちら

若井裕史さん

仲間になってほしいのは、ビジョンをもって働いてくれる人です。

各業界で活躍されているオーナーがいかにして現在のポジションを手に入れたのかリジョブ注目のサロンオーナーをゲストにお迎えしてオーナーまでの道のりを語っていただきました。

2015/11/12

高橋直樹さん

サロンをつくるには自分だけでは足りない。みんなの力が必要なんです

親が理容室をしていた影響で高校時代に理容師免許を取得、卒業後は理容室で働きながら美容師免許を取得して、美容室での経験も経て独立をしました。最初の理容室の就職面接で『夢と志』というテーマの作文を書くよう言われ、それまで何となく考えていたことを、自分なりにしっかり文字にする機会を得ました。

2015/07/22

yawaraka_ca

お客様との会話を通して、日々、自分の知識が広がるのを感じています。

子供を送り出してから出勤するまでの1時間、コーヒーを飲みながら新聞を読んで、ゆっくり過ごして気力を充電します。新聞を読んでいると、お客様との会話につながる情報も集まるんです。

2015/07/15

山本真理奈さん

癒しの時間を提供するために、まず自分自身の心と体を磨いています

「美養茶」という、お腹の調子が良くなるデトックスのお茶を毎日飲んでいます。体の中の水分をきれいにしてくれるんです。一日中、お水の代わりにこれを飲んでいます。

2015/07/08

image04_ca

実力派貧困セラピストを救え!  最終章「じゃあねー♪」

未だに、涼花の正体が貧困セラピストだということは酒居にはバレていない。そしてバレる様子もない。偽インタビューは滞りなく進んでいた。涼花が質問をする、酒居が答える。このルーティーンとも言える流れが、涼花の油断を誘っていた。

2015/06/27

セラピストを救え

実力派貧困セラピストを救え!  第三章「タイムリミットは30分」

「涼花がライターではない」ということを、酒居が気付いた時点で逃げないといけない。涼花は脇のカバンをしっかり掴み、さりげなく酒居の電話の声に耳を傾けた。

2015/06/26

職種別の記事まとめ

人気のキーワード