年収はどれくらい?給与相場から見る鍼灸師という仕事の魅力!!

鍼灸師豆知識

鍼灸師の仕事をしたい

鍼灸師豆知識

手に職をつけるという意味ではマッサージなどに関係する仕事は非常に優秀です。自分の体さえあればいつでも始めることが出来るので、再就職もしやすく、技術を身に付けることが出来れば独立の道も見え始めます。中でも鍼灸師は数ある業種の中でも特殊なため他の人には出来ないことをしたいという方からも注目されているそうですが、給与面は他の業種と比べてどうなのでしょうか。

鍼灸師の年収とは

鍼灸師の年収はお世辞にも多くはないといいます。一般的な鍼灸院などで勤務している方の年収は350万円から400万円ほどと言われていますが、鍼灸師として働く人よりも鍼灸と一緒に他のマッサージも行うという方が多く、鍼灸のみを行う方は給与が安くなりやすいといいます。もちろん中には相場よりはるかに高い年収の方もいますがそうなれる人はそれほど多くないようです。

鍼灸師の給与は安い?

鍼灸師の給与はどちらかというと安めといわれています。その理由は鍼灸そのものの人気があまり高くない事にあるらしく、鍼灸のみを行なう治療院よりもマッサージと合わせて行なわれている治療院のほうが多いそうです。なので鍼灸のみで生活をするのは想像以上に大変になることが多いそうです。

給与相場以上の待遇で働くには

給与が安いといわれている鍼灸師ですが、給与相場以上の待遇で働くにはマッサージなどにも精通する必要があるそうです。もちろん鍼灸師を求めている職場もありますが、鍼灸専門では経営は難しいらしく、人気のあるマッサージなどを求める方が多いのが正直なところのようです。

鍼灸師は独立できる?

マッサージ師などが年収をアップさせる方法として独立が挙げられますが、やはり鍼灸のみを行っているところは少ないようです。しかしながら有名な鍼灸院の院長は年収1000万円以上を得ているとの事なので可能性がゼロというわけではありません。

鍼灸師の仕事の魅力

鍼灸師の仕事は給与面で見ると少々厳しいところに見えるかもしれませんが、学問的な内容としては非常に奥深いもので、現在も多くの方が鍼灸師になるためにスクールに通っているそうです。人を助けるのはもちろん知的好奇心を強く満たすことが出来る鍼灸師の道に進むのは決して悪い判断ではないでしょう。

子持ちのお母さんでも鍼灸師になれる?

子育てには何かとお金が掛かりますが、夫の収入だけでは限界がある場合自分も働きに出る必要が出てくるでしょう。そんな時鍼灸師の仕事があると手に職も付きますし、努力次第で子持ちのお母さんでも優秀な鍼灸師として活躍することが出来るはずです。

子育てと仕事を両立するには

子育てと仕事を両立するためには、それ相応の苦労が必要です。子育てを続けつつ仕事を軌道に乗せるまでにはやるべきことが数え切れないほどあるので、諦めてしまう方も中にはいるでしょう。しかしそれを乗り越えることが出来ればきっと今以上に充実した毎日を送ることが出来るようになりますよ。

鍼灸師の仕事をしやすくするには

鍼灸師の仕事を子育て中でもしやすくするためには、はじめから働きやすい職場を選ぶことが大切です。例えば託児所がある職場なら子育て中でも安心して仕事が出来ますし、子育てと仕事の両立に理解のある職場ならお子さんが急に体調を崩した時などでも何とか時間を作ることが出来るはずです。

自分だけではどうにもならない時は

子育てと仕事の両立は自分自身の努力が何よりも大切ですが、自分一人だけではどうにもならない事態に陥ることもあるかもしれません。そうしたとき家族などのサポートがあると非常に助かるので、子育てをしながらの就職を目指している方は周りの人と話してみておくとサポートが望めるかもしれません。もちろんそうしたサポートに頼りきりにはならずに可能な限り努力することも忘れずにいましょう。

多忙な子育ての中仕事をする

何かと多忙な子育ての中仕事をするのはどれだけサポートがあっても困難です。特に単純に考えて行動すればするほど事態は解決しにくくなるので就職活動からじっくり時間を掛けるようにすることが成功の鍵となってくることでしょう。

子持ちの鍼灸師として活躍するために

鍼灸の仕事は子持ちのお母さんが誰でも活躍することが出来るというわけではありません。成功した人は成功するために出来る事をしっかり行った上で成功させているので、自分も子持ちの鍼灸師として活躍したいという方は可能な限り自分が出来ることを考えて実践していくことを大切にしていきましょう。

鍼灸師として活躍するために

鍼灸師の仕事は手に職をつけることが出来る仕事としての魅力はもちろん学問としても深い魅力を持つ仕事として長い間愛されてきましたが、鍼灸師として活躍するためには国家資格を取得した後就職活動を行わなければならず、中には就職活動が難航する方も少なくありません。就職活動を成功させるにはどんな事に気をつければ良いのでしょうか。

志望理由の伝え方とは

最近は志望動機を上手く考えることができないという方が増えてきているといいます。自分が鍼灸師として働きたい理由をどう伝えたら良いのか分からずに迷い続けた結果当たり障りの無い文章で就職活動に挑む方が最近は多いそうです。

自己分析で伝えたいことを明確に

志望動機を考える際は自己分析を繰り返して自分が伝えたいことを明確にすることが大切です。鍼灸師として働きたいと思ったきっかけは何かしらあったと思いますが、そのことを伝えるためには具体的にどんなきっかけでどのように感じたからなどの理由があるはずです。志望動機を考える際はそうした考えを明確にすることを第一に考えましょう。

自分の考えを言葉に出来ない時は

志望動機を考えているけれども中々自分の考えを言葉に出来ない時はネット上の例文を参考にしてみましょう。最近は志望動機の例文もネットで目にすることが出来るので、形式だけを参考にして自分の志望動機の大まかな形を作ってみましょう。

志望動機について学ぼう!

どんなことでも経験を積むことは大切なので、志望動機などについて学ぶ機会があれば積極的に参加しましょう。就職関連のセミナーなどは毎年何かしらの形で行われているので、そうした情報も逐一チェックして活用できるようにしていけばより良い志望動機を考えることが出来るはずです。

鍼灸師を目指して

鍼灸師の仕事は一般的なマッサージなどとはまた違った形で治療を行うためより難易度が高いといわれています。それでも鍼灸師を目指しているというからには色々な理由があるかと思いますが、志望動機を考える際はその理由をどれだけ印象強く伝えることが出来るかが鍵となってきます。鍼灸師として活躍するまでには苦労することもあるでしょうが、今まで学んだことを活かすためにも良い志望動機を考えてください。

鍼灸師のスキルを磨く

手に職をつけるという意味でも健康に関係する仕事は非常に需要がある仕事で、特に取得が難しいスキルを利用している専門家は年収1千万円も夢ではないといいます。例えば鍼灸師は針を用いて治療を行う専門性の高い仕事ですが、鍼灸師のスキルを磨いてプロの鍼灸師として活躍するためにはどうすれば良いのでしょうか。

鍼灸師の国家資格

鍼灸師になるためには色々な条件をクリアしなければなりませんが、その中でも国家資格の取得は非常に重要な意味を持っています。鍼灸師の国家資格を得るためには鍼灸に関する深い知識はもちろんですが、いくつかの条件もクリアしなければならないので、そのあたりもきちんと考慮した上で取得を目指しましょう。

資格試験の内容は?

鍼灸師資格の検定試験は筆記試験に行われ、鍼灸に関係する基本的な知識はもちろん医療概論や衛生学・公衆衛生学を始め医療関係の知識も多く知っておかなければなりません。意外に思うかもしれませんが鍼灸も医療の一つとして数えられているため、資格取得にはそれ相応の知識が求められるのだそうです。

鍼灸師の資格は取得が大変

鍼灸師の資格取得は、実は非常に大変なことで知られており、取得までにはそれ相応の準備が必要です。例えば受験資格を得るまでに最低でも高校を卒業する必要があり、三年間の専門学校への就学が必要になる上、当然資格取得のために多くの知識を得なければならないので鍼灸師になるまでには相当苦労する事になるでしょう。

確実に鍼灸師の資格を得るには

非常に難易度の高い鍼灸師の試験に合格するためにも確実に資格が得る方法があるなら知りたいところですが、やはりこれという確実な方法はありません。出来ることといえば普段の生活でどれだけ真面目に勉強するかなので、専門学校に在学中の間に習うことは必ずマスターするようにすることだけを考えてください。

鍼灸師として働くために

鍼灸師として働くことが出来るようになるのは長い人生を生きる上で大きなプラスになるはずですが、その分相当な努力が必要になってきます。鍼灸師として働いて自分の人生をより良いものにするためにも出来る努力は可能な限り行うようにしてください。

鍼灸師に必要なもの

現在の日本の景気は良くなってきているとは言うものの、これからの生活に不安を感じているという方は少なくないのではないでしょうか。そうした動きもあって最近は専門的なスキルを身に付けて長い間働けるようになりたいという方が増えているらしく、そうした流れから鍼灸師志望の方が増えているそうです。これから鍼灸師になるという方はどんなものが必要なのでしょうか。

資格の重要性

鍼灸師になる上で必要なものは色々ありますが、中でも一番必要なのが資格です。鍼灸は立派な医療行為にあたるため、鍼灸師は資格を取得しなければ働くことが出来ないのですが、資格を取得するためには専門学校などで指導を受けて資格を取得しなければならず、ハードルは決して低いというわけではないのだそうです。

過去問を使って資格を取ろう

鍼灸師の資格を取得するためにはとにかく勉強しないことには始まりません。鍼灸師の資格を取得する上で必要な知識は学校で学ぶことが出来るでしょうが、それと一緒に過去の資格試験の問題を利用して勉強をするようにすればより効率よく勉強することが出来るので、そうしたテキストを持っていないという方は必ず一冊は持っておきましょう。

過去問が役立つ理由

鍼灸師の資格試験に過去問が役立つ理由はやはり問題の傾向がつかめる事にあります。いくら勉強してもいざ本番になった時自分が見慣れない形で問題を出されると中々実力を発揮できないものですが、予め出題の方向性を把握しておくと自分の実力をフルに発揮することが出来るはずです。

自分に合ったテキストを探す

鍼灸師の過去問は様々な出版社がテキストとして販売していますが、中には少々使いにくいものや自分には合わないものも多いので、より効率よく勉強するためにも適すと選びは慎重に行いましょう。出来れば中身を見た上で判断するのが望ましいので、普段はネット通販を利用しているという方も実際に本屋に行って中身を確認してみてはいかがでしょうか。

鍼灸師への道のりを軽くするために

鍼灸師としての道のりは決して平坦なものではありません。学ばなければならないことは多いですし、資格を取得しても就職に繋がるかどうかはやってみないことには分かりません。そんな道のりを少しでも軽くするためにも資格の過去問は欠かさずチェックしましょう。

鍼灸師になるための学校

鍼灸師は鍼などを用いて身体の調子を整える東洋医学の中でも特に専門的な知識が求められる仕事で、それほど多くの方が行なえるわけではない分鍼灸師のスキルは非常に貴重なものとなっています。上手くいけば独立なども視野に入れて仕事が出来るので、これから鍼灸師になるという方は自分が通う専門学校を探してみてください。

鍼灸師になれる学校選び

鍼灸師の仕事は立派な医療行為として扱われており、鍼灸師になるためには非常に多くの専門的な知識が求められます。そのため鍼灸師になりたい方は鍼灸師になれるような実践的な知識を学ばせてくれる学校を選ばなければなりません。そのため機になった学校を見つけたときはどんな情報が掲載されているかパンフレットなどを確認してみてください。

自分の進む道にあわせた学校

鍼灸師の専門学校にも色々な種類があり、資格取得を主な目標として授業を行なっているところもあれば、店舗で働くことを考慮して授業を行なっているところもあるので、それぞれの特色を考慮して選ぶようにすると理想通りの内容の授業を受けることが出来るはずです。

教育熱心な専門学校の授業

鍼灸師の専門学校では立派な鍼灸師として働けるように非常に力を入れた授業を行ってくれます。資格取得にも役立つ座学はもちろん、実習を行う機会も多いですし、マナー教習など実際に柔道整復師として働くようになった時に必要なことも学ぶことが出来るので、通信教育などを利用して独学で勉強するよりもはるかに学習内容が身に付きやすいそうです。

国家資格もばっちり取れる!

柔道整復師になるためには柔道整復師の国家資格を取得しなければなりませんが、当然専門学校側でもその点は心がけており、在学中に資格が取得できるように徹底して授業を行っています。独学では中々合格できない資格でも専門学校でプロの指導を受ければ必ず取得することが出来るでしょう。

優秀な鍼灸師になるために

現在鍼灸師は鍼灸の人気が下がってきたこともあって、将来は優秀な鍼灸師が減ってしまうのではないかと言われています。そんな時代だからこそ今のうちに鍼灸に関する資格を学んでおけば優秀な鍼灸師として将来大活躍することが出来るようになるかもしれません。

鍼灸時の仕事を始める

東洋医学は昔から日本で活用されてきた健康法の一つで、現在も多くの方が利用しています。鍼灸師の仕事は大変やりがいもありますが、人気が出ればより多くの収入を得ることが出来るチャンスもあることから実に多くの方が鍼灸の勉強をしているそうです。

鍼灸師になるメリットとは

鍼灸師になるメリットは色々ありますが、やはり手に職をつけることが出来るというのは大きなポイントです。終身雇用が崩壊した現代社会において体一つで出来る仕事というのは非常に大きな助けになってくれるはずです。そのため中には働きながら鍼灸についての勉強を行っている方もいるそうで、今後ますます鍼灸師を目指す方は増えてくるのではないでしょうか。

鍼灸師の求人の選び方

鍼灸師の求人を選ぶ際はどんな人材が求められているのか確かめるのも重要です。例えば不妊治療など女性に関係する治療を専門に行っているところだと女性の鍼灸師を募集するところが多いでしょうし、逆に男性に関係のある病気などを治療する場合は男性の鍼灸師を募集することのほうが多いので、そうした求人が無いかどうかチェックしておくと就職活動もスムーズに進みますよ。

将来のためになる職場を探す

鍼灸師としてこれから働くにあたり、自分が進みたい道にあわせて就職先を選ぶのも一つの手です。例えば独立を目指しているのであればなるべく多くの患者の治療が出来てノウハウをより多く吸収することが出来る職場のほうが独立までの道のりも早まるでしょうし、従業員として安定した職場で働き続けたいなら長く続いている鍼灸院で働いたほうが良いかもしれません。

性別は鍼灸師の仕事に関係ある?

鍼灸師には男性も女性もいますが、性別は時に仕事に関係することもあります。鍼灸には色々な症状に効果があり、中には男女別に違った身体の不調も存在するので、それぞれの性別にあわせた治療を行うことが出来るように男女別に求人を出すところも多いそうです。

手に職をつけるために

鍼灸師は手に職をつけることが出来ることもあって昔から多くの方が鍼灸師を目指していますが、大変なのは男性も女性も同じです。どちらかだからふりということも無いので、自分がやりたいと思ったら積極的にチャレンジするようにしてください。

鍼灸師の独立

鍼灸師の仕事をしている方の中には独立を目指している方も大勢いると思います。一国一城の主になることが出来るチャンスが生まれるともなればやる気もみなぎってきますが、実際に鍼灸師として独立するためには様々な条件をクリアしなければなりません。時には専門じゃないことにも挑戦しなければなりませんが、それらをクリアしないと独立は成功しないでしょう。

鍼灸だけじゃダメ?

鍼灸師として独立するためには鍼灸だけではいけません。いきなり出鼻をくじかれたように感じるかもしれませんが、最近は鍼灸だけを受ける人はほとんどおらず、大抵は他のマッサージなどを受ける方がほとんどだそうで、独立して利益を得るためには他の利益を上げる手段も用意しなければならないそうです。

鍼灸以外も学ばなければならない理由

鍼灸師が鍼灸以外のことを学ばなければならない理由はひとえに経営のためです。最近は鍼灸自体に人気がありませんし、スタッフが少ないうちは財務処理なども自分で行う必要があることも多いので、鍼灸のスキル以外の経営に必要なスキルも必ず学習するようにしてください。

鍼灸以外にすべきことは?

鍼灸師が独立するためには鍼灸以外の事にも気を配らなければなりません。最近はそういった方のために用意されたセミナーなども用意されているそうなので、初めから独立を計画していたという方は積極的にそうしたセミナーに参加して自分が身に付けておくべきスキルや知っておくべき知識について学んでおくと独立後の成功確率も上がるでしょう。

魅力ある鍼灸院にするために

鍼灸院を開設するにあたり、多くのお客を集めることが出来そうな環境整備は非常に重要です。中には開業のためのコストを極限まで抑える方もいますが、そのせいでお客が近づいてくれなさそうな雰囲気の鍼灸院になってしまうこともあるので、少しでも人の目に触れて入りやすい雰囲気を心がけるようにしましょう。

鍼灸師の独立は大変

鍼灸師が独立するには色々な条件をクリアしなければならず、想像以上に大変な思いをしなければなりません。ですがそれらの条件をクリアして経営を軌道に乗せることが出来れば想像以上の利益を得ることが出来るようになるかもしれないので、自分の可能性を高めるためにも是非チャレンジしてみてください。

大卒の鍼灸師

鍼灸は昔から行われてきた治療法の一つで、現在も色々な怪我や病気の治療に一役買っています。鍼灸師は最近は安定した仕事が出来ると注目を集めてはいますが、鍼灸師になるための資格は専門学校を通えば取得できるので、そんな鍼灸師の資格を大学を卒業してから取ることに意味はあるのでしょうか。

鍼灸師に学力は関係ある?

鍼灸師には学力が深く関係してくるといいます。というのも鍼灸は立派な医学の一つとして扱われており、それらの勉強をしようとなるとそれなりの苦労が必要になってきます。もちろん地道に勉強していれば解けない問題というわけではありませんが、高い学力を持っている方なら比較的すぐに資格を取得することが出来るでしょう。

大卒が鍼灸師になるメリット

今から大卒が鍼灸師になるメリットはいくつか存在します。例えば就職後の安定した生活がほぼ保障されているので、昨今の日本の情勢では非常に頼りになりますし、上手くスキルを磨けば独立して年収1千万円以上も夢じゃ無いという点もこの後の生活をより磐石にするためには重要なポイントとなってくるでしょう。

鍼灸師としての人気を高めるために

鍼灸師としての人気を高めるためには技術の向上ももちろんですが、もっと他のスキルを磨くことも重要です。というのも最近は鍼灸院だけでは患者を集めることが出来なくなってきているので、予め別のマッサージ師の資格などを取得しておかないと将来独立する時などに困るそうです。

仕事に役立てる大学の勉強

大学で学んだことは患者を治療している際はあまり役に立っていないと感じることもあるかもしれませんが、時には治療以外の場面で活躍することもあります。例えば独立の際などに新しい経営システムを構築したり、外国人が多く集まる町に開業したりしてみるなど自分が大学で学んだことを活かすことが出来るように動けばきっと大学で学んだことも無駄にならないはずです。

自分の出来ることを増やそう

大卒の鍼灸師はそれだけでも仕事をすることが出来ますが、それ以上を望むとなるともっと多くの知識が必要になります。自分の出来る事を増やせば将来の選択肢も増えてくるので、少しでも出来そうだと思ったら積極的に実行してみて、自分の能力をもっと高めていきましょう。

スキルアップのバックナンバーはこちら

鍼灸師豆知識

年収はどれくらい?給与相場から見る鍼灸師という仕事の魅力!!

手に職をつけるという意味ではマッサージなどに関係する仕事は非常に優秀です。自分の体さえあればいつでも始めることが出来るので、再就職もしやすく、技術を身に付けることが出来れば独立の道も見え始めます。

2015/09/18

柔道整復師豆知識

柔道整復師の給与相場を知ると、もっと働きたくなる!

人間の身体は使えば使うほど傷つき、疲れが溜まっていきますが、そうした疲れを癒すことが出来る柔道整復師を求める声が現在高まって来ているといいます。そのため柔道整復師として働きたいという方は増えてきているそうですが、実際に就職活動を行う前の下調べとしてまずは給与額などについて調べてみましょう。

2015/09/18

マッサージ師豆知識

手に職を付けて年収アップ! マッサージ師の給与相場を調査!

マッサージ師として働く 健康な身体を作り、疲れを癒すことが出来るマッサージを受ける方は非常に多く、マッサージ師 […]

2015/09/15

整体師豆知識

年収が意外と高い!?整体師の給与相場を徹底調査!!

現在日本の景気は上向きになりつつあるといいますが、それもいつまで続くかは分かりません。将来不景気に見舞われたときのためにも手に職をつけられるような職場で今のうちから働いてみましょう。

2015/09/08

アロマ資格

アロマセラピーという仕事、やりがいと給与相場!

日本で葉は少し前から知られるようになったアロマセラピーも今では様々な方が利用するようになりました。日々の疲れを香りで癒してくれる独特なセラピーは現代人の心を非常に強く掴んでいるようですが、

2015/09/02

リフレ資格

やっぱり気になる年収、リフレの仕事の給与相場を発表!

皆さんはリフレクソロジーとは何かご存知ですか?リフレクソロジーは足の裏や甲などのツボを押す事によって適度な刺激を与えて身体の不調を改善させたりする療法で別名反射療法とも呼ばれています。

2015/08/26

職種別の記事まとめ

人気のキーワード