ヘルスケア&介護業界の応援メディア
ヘルスケア 2021-04-24

【もっと知りたい「ヘルスケア」のお仕事 Vol.27】ぜんき整体院 石井謙蔵さんが整体師になったきっかけとは

ヘルスケア業界のさまざまな職種にフォーカスし、その道で働くプロにお仕事の魅力や経験談を語っていただく『もっと知りたい「ヘルスケア」のお仕事』の企画。

今回は、「経絡内臓整体」を掲げ、整体院での施術、スクールでの指導を行っている、「ぜんき整体院」院長の石井謙蔵さんにご登場いただきます。大手ITメーカーでサラリーマンをしていた石井さんが、なぜヘルスケア業界を目指し、現在に至ったのか、詳しく教えていただきました。

お話を伺ったのは…

ぜんき整体院/ぜんき整体スクール
代表 石井謙蔵さん

大手ITメーカーに15年勤めた後、整体術および東洋医学古典理論、経絡治療、指圧を学び、市川派剛柔流空手道を礎に、2005年「ぜんき整体院」を開院。2006年には整体スクールを開校。知的生産型の現代社会に通用する、内臓整体整体術を広めている。

働き方の変化による心身の不調和に、危機感を覚えました

―まず、これまでの経歴と、整体師になろうと思ったきっかけを教えてください。

大学卒業後、大手ITメーカーの教育会社に入社しました。働き始めたころバブルがきて、成果主義の時代になったんですね。僕がいた会社も、1人1台パソコンを持つようになりました。肉体労働ではなく、知的生産性の価値が高まり、それに伴って1人にかかる負荷も大きくなりました。

すると、具合の悪さが変わってきたんですね。部署にひとりは心労で体調を崩す人が出てしまうような状態。「このままだと自分も身体を壊すな」という自覚もありました。そして実際に、腎結石や逆流性食道炎を患うことになりました。

その時、「現代人の身体は、内臓から悪くなっていく」と気づいたんです。そして、「自分のような人が、どんどん増えるんじゃないか」という、危機感みたいなものが生まれ、「自分に何かできることはないか」と考えるようになりました。

―それで、整体を学ぶことに?

僕は昔から気功を学んでいたので、当時は自分で気功をしながら胃腸を整えていました。それで元気になったというのもあり、内臓からのアプローチについて、ちゃんと勉強して仕事にしたいなと。そこで退職を決意して、いつ学校を卒業して、いつぐらいに開業して…というところまで考えたんです。

そして、学ぶ場所をいろいろ探すなかで、「内臓からアプローチする」という整体のスクールを見つけたので、入学することにしました。僕が自分の体にしていたことと、スクールをしていた方の考え方がすごく似ていたので、「先にやっている人がいるなら、勉強しようかな」と思って。整体の基礎はそこで学びました。

ロジカルな東洋医学の考えを取り入れ、「経絡内臓整体」が誕生

―それから、開業までは?

スクール自体は1年で卒業しました。会社を辞めて学んでいるので、お金も限られていますから、とにかく早く仕事にしたかったんですね。できるだけのカリキュラムを取って、約3年分の授業を1年で習得しました。

その後2年間、スクールがしている整体院の中で働かせてもらいながら、店長やスクールインストラクターをさせていただいたり。

そして2005年に「ぜんき整体院」を開業しました。

―そのころには、「経絡内臓整体」は生み出されていたんですか?

当時はまだ完成していませんでしたね。経絡に行き着いたのは、開業してから1年以上経ってからでした。

スクールで学んだ内臓へのアプローチについて、「理論的に足りないな」と感じる部分があったので、「これでは、お客さんが納得する施術はできない」と思って、開業後もいろんな勉強をしたんです。そのなかで、「経絡治療」というものに出会いました。

伝統的な鍼灸治療をしている鍼灸師学会で勉強させてもらい、東洋医学を学ぶと、自分が感じていたメンタルと内臓の関係性などもロジカルに説明できるようになりました。そこから、経絡治療の理論を取り入れた、内臓整体法を作り上げていったんです。

―スクールを始められたのも、そのころですか?

スクール開校自体は2006年なので、まだ経絡には行き着いていませんでしたね。でも経絡を取り入れたことで、より効果も感じられるようになったので、それを学びたいという方も増えました。

―では、現在の働き方について教えてください。

基本的には、10時にオープンして22時に終了、とくに休憩時間は設けていません。開業当時から、こういう働き方なのですが、最近はさすがに年齢的にもきついので、間に1時間休憩をとるようにはしています。現在は時短営業で、20時までになっています。

スクールは、基本的には日曜と火曜の14時から2時間ですが、月曜午前しか来られない方がいれば、合わせることもあります。院での施術は、おひとり60分程度。土曜日などは、朝からずっと施術に入っていることも多いです。

………………………………………………………………………………………………………………

ご自身の体験から、現代人の働き方の変化による体調悪化に危機感を覚えたという石井さん。「経絡内臓整体」を生み出し、多くのビジネスパーソンの心身のケアに注力していくことになります。次回は、ヘルスケアをお仕事にすることの魅力と、続けていくためのアドバイスをお伺いします。

▽#2はこちら▽
【もっと知りたい「ヘルスケア」のお仕事 Vol.27】ぜんき整体院 石井謙蔵さんが語る、整体師のお仕事の魅力>>

取材・文/山本二季
撮影/高嶋佳代

Infomation

ぜんき整体院

住所:東京都台東区台東1-34-6 埼畜ビル1F
TEL:03-6315-3034

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事