ホームヘルパーの男女比は実際どれほどあるのか


2016年の政府高齢社会白書によると、総人口に対する65歳以上の年齢の比率を求めた高齢化率は26%となっています。戦後の経済成長を支えた団塊の世代の高齢化が主な原因です。そんな高齢化社会で、需要が高まっていくと予想されているのが介護業界です。中でも、住み慣れた我が家で介護を受けれるホームヘルパーは、特に注目を集めています。ここでは、女性の従事者が目立つホームヘルパーの男女比などを紹介します。

■ホームヘルパーの男女比は仕事の内容のせい?

ホームヘルパーは、介護保険制度上の正式な名称を「訪問介護員」といい、文字通り、在宅での介護を希望する利用者宅を訪問して介護や生活支援を行う仕事のことをいいます。

介護保険法では、ホームヘルパーの業務に従事できるのは、介護福祉士の資格保有者と、訪問介護員養成課程や実務者研修などの修了証書を受領した者のみ。

ホームヘルパーの仕事内容は多岐にわたり、食事、入浴、排泄、被服関係や移動に伴う支援など高齢者の生活面一般ほか、利用者の家族への精神的なケアや、助言、介護の技術的な指導といった、利用者の家族の生活を全面的に支える手助けをする重要な仕事です。

仕事の性格上、家事全般を受け持つケースも少なくないため、利用者の性別に関わらず、男性よりも女性ヘルパーの方が好まれる傾向があります。そのため、ホームヘルパーの従事者のうち、男性と女性の比率は、2015年時点で2対8とも1対9ともいわれ、圧倒的に女性ヘルパーの方が多数という状況です。

■極端に女性が多いのはなぜ?

介護業界全体で見ると、徐々にではありますが男性の職員も増えてきていますが、ことホームヘルパーという職種でいうと、まだまだ女性中心、というよりも、男性がほとんどいないという状況です。

これは、男性の求職者が少ないという面もありますが、利用者からの希望と言う面も少なからず影響しています。排泄や入浴の補助を男性にしてもらうことへの抵抗感のほか、高齢者世代が持っている家事へのイメージも大きいようです。

高齢者世代の間では、家事全般を受け持つのは女性である、という先入観を強く持っている人も少なくありません。女性の利用者の中には、男性の手料理など食べたことがないと言う人もいますし、男性の利用者からは「男のクセにこんな仕事を!」と説教を受けるケースもあるそうです。

日常的に家事を行っている女性が自然に働けるという事情の他、登録制で短時間の労働という就業スタイルが取れるところも、子育て中、扶養内での就労を希望する主婦にも人気があり、自然と女性の方が多くなる傾向にあります。

■ホームヘルパーは女性向きの仕事?

たしかに、日ごろから炊事、洗濯、掃除をそつなくこなしている主婦など女性の方が仕事もスムーズに行えそうですし、高齢者世代の先入観に逆らうこともなくホームヘルパーの業務を行うことができそうです。

しかし、ホームヘルパーの仕事は、ベッドから車椅子への移動、歩行補助など力仕事も随分あります。一般的に男性は女性より力が強い傾向にありますので、このような力仕事では、しっかり支えてくれる男性の方が安心感があるという声も少なくありません。

また、ホームヘルパーは、日常的な家事や生活の援助のほかにも、利用者とのコミュニケーションも大切な仕事のひとつですので、性差に関係なく利用者といかにいい関係を築けるかが重要になってきます。

現に、グループホームなどの介護施設では、利用者からの信頼を得て活躍している男性職員も数多く存在します。慢性的な人材不足で中高年の転職先としても、比較的入りやすく、今後は男性のホームヘルパーも増えてくるでしょう。

現状ホームヘルパーは、圧倒的女性優位の男女比ですが、利用者の中には男性ヘルパーを求める声もあり、男性ヘルパーの求人も昔に比べて多くなってきました。今後は男性ヘルパーの比率も徐々に上がっていくものと思われます。

これからの高齢化社会ではホームヘルパーの需要も拡大しているため、若い世代の就職先としても中高年の転職先としても、検討の対象に上がっているようです。



<リジョブ介護 人気カテゴリ>
職種ガイド 介護施設ガイド 介護問題 介護ニュース 介護インタビュー オススメ求人
職種ガイド 介護施設ガイド 介護問題 介護NEWS 介護のひと オススメ求人

ホームヘルパーのバックナンバーはこちら

92

ホームヘルパーの離職とその理由について考える

ホームヘルパーの仕事はやりがいを感じることができる仕事です。けれど、離職率が高いということもまた事実です。ホームヘルパーを目指すのであれば、この離職に関してもしっかりと向き合い、考えていくことが大切でしょう。多くのホームヘルパーがどうして離職することになってしまうのか、その原因について触れてみましょう。

2017/03/14

78

ホームヘルパーに向いている人は

日本は現在高齢化社会を迎えており、介護業界の成長に伴い、さまざまな介護施設で常に人手不足が叫ばれています。その中でも、ホームヘルパーは特に人手不足が叫ばれている職種であり、一年中求人情報が出ています。そんな中、他業界からの転職や、同業種からの転職を考えている人のため、ホームヘルパーへの転職についてまとめてみました。

2017/03/14

100

ホームヘルパーの男女比は実際どれほどあるのか

2016年の政府高齢社会白書によると、総人口に対する65歳以上の年齢の比率を求めた高齢化率は26%となっています。戦後の経済成長を支えた団塊の世代の高齢化が主な原因です。そんな高齢化社会で、需要が高まっていくと予想されているのが介護業界です。中でも、住み慣れた我が家で介護を受けれるホームヘルパーは、特に注目を集めています。ここでは、女性の従事者が目立つホームヘルパーの男女比などを紹介します。

2015/09/20

99

ホームヘルパーの正社員として働きたいが待遇面が不安

離職率が高いと言われるホームヘルパーのお仕事。やりがいを感じることができるお仕事であることに間違いはありませんが、多くの問題を抱えている職業であることもまた事実です。特に気になるのは給与や年収、将来のキャリアアップについてではないでしょうか。今回は、みなさんが知りたいであろう、ホームヘルパーの正社員についての情報をお伝えします。

2015/09/19

96

ホームヘルパーという仕事を通じて感じる苦労とは

超高齢化社会を向かえ、高齢者の生活を支えるホームヘルパーという仕事はますます重要性を増しています。不況の中、女性だけでなく、男性もまたホームヘルパーを目指す人が増えています。このように、社会のニーズが拡大しているホームヘルパーですが、現場働くホームヘルパーには、さまざまな苦労があるようです。今回はそんなホームヘルパーが感じている苦労についてまとめてみました。

2015/09/18

98

これからホームヘルパーを目指す方が心に留めておくべきこと

高齢化社会を迎えて、ホームヘルパーのニーズも拡大しています。不況の影響や、未経験でも目指せることからホームヘルパーを目指す人もまた増加しています。利益の追求だけでなく社会貢献がしたいという理由でホームヘルパーを目指す人もいます。今回はそんなホームヘルパーを目指す人が、知っておいたほうがいいことや心に留めておくべきことについてまとめてみました。

2015/09/18

職種別の記事まとめ

人気のキーワード