ヘルスケア&介護業界の応援メディア
学び・キャリア 2019-10-13

コンセプトは「生きがい創造企業」。心身の健康を提供するスポーツクラブ『ルネサンス』

北海道から沖縄まで日本全国で展開しているフィットネスクラブ『ルネサンス』。豊富なプログラムと充実した設備で支持を集めており、良質な接客も魅力のひとつです。とくにオリンピック選手も輩出しているスイミングスクールの指導は高い安全性と技術指導に定評があり、保護者の方からも厚い信頼を得ています。

今回はそんな『ルネサンス』の亀戸店でスイミングインストラクターとして活躍中の高橋津さんにインタビュー。前編では高橋さんが入社した経緯や指導の際に意識していることについて伺いました。

コンセプトは「生きがい創造企業」

「スマイルスタッフ制度」による人材育成

―まずは、高橋さんが『ルネサンス』に入社した経緯について教えてください。

入社は3年ほど前で、もともとは、小学生から大学生までおよそ18年間水泳を続けていました。就職活動の時期にいろいろな職業を考えましたが、やはりスイミングに関わる仕事がしたいと思いフィットネスクラブ業界に興味を持ったんです。さまざまな会社を調べたなかで『ルネサンス』の企業理念などに共感し、実際に現場を見学に行った際にイキイキと働いているスタッフを見てとても好印象を受けました。ちなみに企業理念は「生きがい創造企業」で、お客さまに健康で快適なライフスタイルの提案を目指しています。他にも「スマイルスタッフ」という制度を導入していることも入社を決めた理由のひとつですね。

―「スマイルスタッフ制度」とはどのような制度なのでしょうか?

「スマイルスタッフ制度」はホスピタリティを高めるための取り組みです。全社員が受ける研修となっており、役職や雇用条件に関係なく実施しています。研修ではロールプレイのテストを行い、身だしなみ、立ち居振る舞い、話し方などが評価され合格したスタッフには、習得レベルに応じて黒、赤、青の3色いずれかのストラップが授与されます。

―それぞれの色ごとのスタッフのレベルについて教えてください。

まず黒はスマイルインストラクターです。スタッフのお手本となる接客ができるスタッフで、接客品質のリーダーとして働いています。次に赤はスマイルスタッフアドバンスでお客さまが満足する接客ができるスタッフです。最後に青はスマイルスタッフベーシックで第一印象が良い接客ができるスタッフに与えられています。ちなみに「スマイルスタッフ制度」

の導入は20年ほど前のことです。ホスピタリティは評価があいまいになりやすいと感じたことが制度を取り入れたきっかけで、視覚化することで会社全体でより接客の質に意識が向きやすくなりました。実際に働いていてもモチベーションアップにもつながりますし、とくに若手はランクアップすることで自信になると感じています。こうした制度をはじめとして、日頃から社員の接客を細かくチェックされていることが質のよいサービスにつながっていると思いますね。

常にアンテナを張って接客にあたること

スイミング指導は命に関わる可能性がある仕事

―日頃の接客指導について詳しく教えてください。

先輩スタッフが若手に丁寧に指導をしています。私も入社当初はいろいろな指摘を受けました。いま振り返ってみると当時はまわりが見えていないことが多かったと思いますね。たとえばスリッパをきれいに並べる、ドアの開け閉めを丁寧に行う、小さなゴミでも拾うなど、当たり前のことですが小さなことをコツコツ重ねることが居心地のよい施設を作っていると思います。些細なことに気づけるように、アンテナを張って働くことがとても大切です。

―スイミング指導の際にはどのようなことを意識しているのでしょうか?

スイミングは命に関わる危険があるので安全面にはもっとも気を配っています。とくにキッズクラスのスクールでは小さなポイントまで意識して指導にあたっています。たとえば水深台の配置。プールの深さを調整するために底に設置する台で、隙間ができると子どもが落ちて溺れる可能性があるため、自分の目が行き届くような配置を意識しています。他にも常に監視のスタッフがプール内をチェックしており、15分おきに生徒の人数を確認しているんです。そして指導員と共有し、ふたりで安全を確かめています。保護者の方がスイミングスクール選びでもっとも気にしていることは安全面だと思うので、徹底して危険をなくすことは常に心掛けていますね。また、お子さまには毎回前向きに教室に通ってほしいので、水泳が楽しくなるように指導することも大切です。

「水泳が楽しくなる指導」をするために大切なこと

指導で大切なのは、まずはスタッフ自身が楽しむこと

―「水泳が楽しくなる指導」をするために大切なことはありますか?

生徒さんにポジティブな感情が伝わるので何よりもまずはスタッフ自身が楽しむことです。会社全体としてもエンジョイスイミングを提唱しており、辛いと思ったらなかなか上達もしないので、まずは楽しんでいただける指導を心掛けています。とくに小さなお子さまは、水が怖い子も多いため、おもちゃを使って一緒に遊ぶなど工夫をしながら指導していますね。またクラスが変わる時は話を聞くことが苦手な子、お手洗いに行くことが多い子など、生徒さんの情報をスタッフ間で共有することも大切にしている点です。

入会の際には現状の泳力や今後目標などを丁寧にヒアリングすることも心掛けているという高橋さん。後編では『ルネサンス』が独自に開発した商品やスポーツインストラクターという職業の魅力について伺いました。

Information

スポーツクラブ&スパ ルネサンス 亀戸

住所:東京都江東区亀戸2-1-1 2-4F (コモディイイダ上)
TEL:03-5836-1301
URL:https://www.s-re.jp/kameido/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事