美容業界の応援メディア
コラム・特集 2019-08-08

エステティシャンの給料・平均年収はどれくらい? 求人情報からサロン業界の給与事情をチェック!

美に対して強い関心をもっているお客様の体や顔に美容施術をおこなうのがエステティシャンの仕事です。施術によってお客様の悩みを解決し、美しさをひきだすというエステティシャンの仕事をしてみたいと考えている女性は少なくありません。しかしエステティシャンとして働く前に気になるところが、給料や平均年収でしょう。

華やかな職業のように思えるエステティシャンですが、実際にはどれほどの収入が得られるのでしょうか。あこがれているエステティシャンの仕事に就くことができたら、長く働くためにも、安定した収入が欲しいと思いますよね。そこで今回の記事では、エステティシャンの給料や平均年収などをサロン業界の求人情報をもとにまとめてみました。

エステティシャンのお仕事、給料・平均年収はどれくらい?

正社員のエステティシャンの給料や平均年収をいくつかの求人情報からみてみましょう。正社員の月給は18~27万円、30歳前後の平均年収からすると、300万円~400万円ほどになるところが多いです。ほとんどのエステティシャンは、この基本給にプラスして指名歩合やお店の物販手当、交通費が加算されます。

専門学校などを卒業後、新卒でエステサロンに採用された場合はエステティシャンとしては未経験です。そのため、平均月収は18万円程度とやや低い水準になっています。年収でみると300万円未満になるといったところです。

経験者採用の場合、前職の経験が考慮され、新卒よりも高い基本給で就職できる場合があります。とくに売り上げや成績での評価が徹底されている勤務体系のサロンでは、結果を残すことができれば勤務年数に関係なく高収入が見込めます。

さらにエステティシャンには、指定歩合制などの給料体系があるため、若い年代であっても、エステティシャンとしての確かな経験や技術などがあれば、その分給料が増える可能性があるのです。

エステティシャンが収入アップするためにはどうすればいいの?

エステティシャンは、自分の確かな技術や知識によってお客様に最高のサービスを提供します。このサービスによってお客様の悩みが解決でき、喜ばれるという、やりがいがもてる職業です。しかし実際に働いてみると、思うように収入が伸びないと悩むこともあります。ここでは、どうすればエステティシャンの収入をアップさせることができるのかをみていきましょう。

1.学校やスクールなどに通い資格を取得する

エスティシャンの収入を上げたいと思ったら、エステティシャン関連の資格が取得できる学校やスクールに通うことをおすすめします。エステティシャンは専門の資格がなくても働くことは可能ですが、資格があることで資格手当をつけてくれる会社もあるのです。

エステティシャンの技術を学ぶ資格だけでなく、接客やマーケティングなどを学ぶことも、いずれ独立開業を考えている人には必要になります。学校やスクールに通うには学費や学ぶ時間を捻出しなくてはいけませんが、のちになって必ず自身の経験となり、経済的な恩恵として返ってくるでしょう。

2.より給与の高いサロンへ転職する

エステティシャンとしての給料を上げたいと思ったら、今の会社よりも給料の高い会社へ転職するのもひとつの方法です。しかしよほどのことがない限りは、はじめて入社したサロンで必要最低限の知識や技術を習得することをおすすめします。一人前のエステティシャンとして働けるようになるまでは、転職はあまりおすすめできません。

なにも経験が積めていない段階で給与面だけで転職をしても、エステティシャンとして稼ぐことはむずかしいでしょう。新人のときは、なにかとつらいこともあるかもしれません。しかし下積み時代にどれだけエステや美容の知識や技術を得られるかによって、今後の収入が大きく変わってきます。早く収入を上げていくためには、知識や技術の習得を優先することも大切です。

3.美容サロンを開業する

エステティシャンとして美容の知識や経験を積むことができて、一人前のエステティシャンとして収入が得られるようになれば、美容サロンを独立開業することができます。うまく軌道にのせることができれば、収入を大きくアップすることが可能です。ただし独立開業するには、開業するための資金や指名のお客様が安定してついてくれていることが必要です。

経営が軌道にのるまで地道に続けていけば、サロンで勤務している時よりもはるかに多くの収入が得られる可能性があるのです。

4.エステティシャンの経験が活かせる企業へ転職する

エステティシャンの経験を積んでいるのなら、エステサロンの店舗で働く以外にも、美容やエステ関連の知識が生かせる企業へ転職することが可能です。その企業の規模によっては、エステサロンで働くよりも収入が上がり、経済的にも安定して働くことができます。

エステティシャンの転職先としておすすめなのが、化粧品メーカーです。店頭に立って、お客様におすすめの化粧品を勧めたり、フェイシャルマッサージをおこなったりします。これまでエステティシャンとして働いた経験を、ダイレクトに仕事に生かすことができるでしょう。美容やエステの知識や技術があれば、お客様に対するカウンセリングも的確におこなえます。

ほかにも、ブライダルサロンやホテルなどのエステ部門にエステティシャンとして勤務することが可能です。結婚式前の花嫁や旅行客など、これまでとは異なる特定のお客様のエステをおこなうことで、より接客技術を上げることができるでしょう。

スキルアップ・キャリアアップで収入は増やせる!

資格なしでエステティシャンとして採用されると、収入面では不安に感じることがあるかもしれません。しかし働きながらエステや美容の知識を蓄えていき、少しずつエステティシャンとしての経験を積み重ねていくことで、次第にお客様から評価されるようになります。今できることを最大限におこない、自分の仕事を認めてもらうように努力すれば、固定客を増やしていくことが可能です。

施術を受けたいというお客様が増えることで、目標数字を達成することができるようになります。そうすれば、必然的に歩合が上がり、収入アップも必ず期待できるでしょう。サロンの勤務だけでは不安がある場合は、学校やスクールなどに通い、エステティシャンの技術や接客、マーケティングについて学びスキルアップすることも大切です。

現在、エステティシャンとして働いているものの給与に不安がある方は、自分の経験やこれからの目的に合わせた収入UPの方法を探していくことをおすすめします。

出典元:
ハローワークインターネットサービス 東京+フルタイム+エステティシャンの求人

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事