%e6%95%b4%e4%bd%93%e5%b8%ab%e3%81%ae%e7%b5%a6%e6%96%99%e3%82%84%e5%b9%b4%e5%8f%8e%ef%bc%81%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%84%e3%80%8c%e3%81%8a%e9%87%91%e3%80%8d%e3%81%ae

整体師の給料や年収!知っておきたい「お金」の話

過度なストレスや過労などが問題視されている昨今、人を癒し整える職業が脚光を浴びています。そんななか、施術を受けるだけでなく自ら施術する側になりたいと、社会人になってから整体師の勉強を始める人が増えています。そのため、専門学校や協会の講習会などに高いお金を払うのですから、プロとして働きたいと考えている人がほとんどでしょう。

今回は、そのような整体師を職業にして生計を立てたい人のために、整体師の給料や年収などについてまとめてみました。

整体師の手取り金額の相場は一体どのくらい?

整体師のように、個人の能力によって評価されて受け取る給料が変わってくるような職種は、なかなか給料の相場を断言するのが難しいものです。努力して高い技術を身に付けて、その技術をきちんと評価してくれる職場に出会えれば、もちろん手取りの金額もそれに比例して上がっていくでしょう。独立開業して成功すれば尚更です。そのため、給料の手取り金額の相場が分かりやすいのは、整体やカイロプラクティックの学校を卒業してから数年の修行時代といえます。整体師の技術や知識を活かして働ける場所は、整体院やカイロプラクティック院をはじめ、整骨院、整形外科、リラクゼーションサロンなどが挙げられますが、学校を卒業したての技術が未熟な人を雇うのですから、どの職場も研修期間があるのがほとんどです。時給制なら700円〜1,000円程度、月給制なら手取り15万円から20万円未満が相場です。研修期間が終了してからは20万円前後になる場合が一般的ですが、クライアントを直接受け持つようになると手取りが30万円から50万円程度にアップするケースもあるようです。

さらに、歩合制を採用している職場であれば、固定給に加えて歩合給も支払われるため、手取り金額に差が出てきます。

資格の有無によって給料に違いはあるのか?

人の身体と向き合うという点は共通であっても、鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師になるのには「国家資格」が必要ですが、整体師になるには資格は必要ありません。極端なことをいえば、整体師の資格を持っていなくても技術や知識さえあれば、「私は整体師です」と名乗って働くことができるのです。しかし、実力が物をいう業界だからこそ、その技術や知識が正当であり、かつ高いものでなければクライアントを獲得できないというのも事実。そのため、ほとんどの人が専門学校や協会の講習などでしっかりと学んでから、その学んだ団体の「認定資格」を取得しています。その一連の流れが、整体師としての信頼を得る一歩になるからです。そして、資格の有無は雇う際の良い判断材料になります。なぜなら、「整体の技術と知識をある一定レベルになるまで教えます」という看板を掲げた団体のお墨付きが、いわば認定書だからです。そのため、資格の有無で研修期間中の給料に差をつけるケースはもちろんあります。しかし、資格がなくても整体師になれるという前提があるため、資格が無くても研修期間中にその人の技術や知識が認められれば、研修期間が終了してからは資格保有者と同等に扱われることがほとんどです。

アルバイト・正社員・店長の給料はどれくらい差があるの?

どんな業界でも、雇用形態や役職の有無によって給料に差が出るのは仕方がないことでしょう。そこで、整体師の場合は、実際にどの程度差が出るのか調べてみようと、首都圏をはじめ全国に複数の店舗を展開している大手の整体・整骨サロンの求人給与例を見てみました。まず、アルバイトの時給950円から1,200円。時給950円で1日8時間、週5日働いたとしたら15万円程度で、この金額に交通費が追加されます。続いて、正社員の月給は月8日休みで20万円程度、年収例が載っていなかったので一般的な賞与を考慮した見積もりになりますが、年間給与額240万円に賞与として2カ月分の月給を加算すると、280万円程度になります。店長の年収例が330万円なので、年収の差は50万円程度ありそうです。月収だと、約4万円程度の差になるでしょう。大まかに比べて見ても、結構な差があることがわかります。また、給与だけでなく福利厚生について考えると、アルバイトと正社員ではかなりの差が生じます。当たり前ですが、福利厚生が充実している職場であればあるほど、その差は歴然です。この結果を見ると、アルバイトとして働きたい理由がない限り、整体師として一定水準の能力があるのであれば、正社員として勤務してステップアップするのが良さそうです。

雇われ整体師の平均年収はどのくらいか?

先述したように、一般的な整体院で働く整体師の手取り平均額は15万円から20万円前後といわれているため、平均年収額は賞与などを加算しても200万円から300万円程度です。さまざまな職種があるなかで、一般的な整体師の年収は決して高いとはいえません。しかし、これがリラクゼーションサロンになると、歩合給が加算されるケースが多くあります。リラクゼーションサロンで働く整体師の手取り平均額は20万円から50万円前後といわれているため、平均年収額は300万円から650万円程度になります。このように、一概に整体師といっても、勤務先によって年収に大きな開きが生じます。それに加えて、整体師未経験者か経験者か、雇用形態の違い、役職の有無、受け持っているクライアントの人数なども、年収に大きく関わってきます。どのような職場を選ぶかは、どのような整体師になりたいかという着地点にも通じることですが、年収を高めることに重きを置くのであれば、歩合制のある職場で力試しをしてみるのもいいでしょう。とはいえ、歩合制には向き不向きがあるのも事実です。技術が高くてもクライアントに自分を売り込む能力が低ければ、思っていたように稼げない可能性も大いにあります。それがプレッシャーになり、整体師としての業務を全うできなくなるかもしれません。歩合制の職場でクライアントに選ばれる整体師になるためには、技術・知識の研鑽だけでは足りないのです。細やかな気配りや親しまれる人柄、客観的な目線など、サービス業に必要なものも磨いていかなくてはなりません。

整体院に勤めるor開業、どちらが高年収?

ここまで、整体師の手取りや年収について述べてきましたが、それは全て雇われている整体師の話です。実は、専門学校などを卒業して整体師の資格を得ると、2〜3年修行を積んで独立開業する人が多いのです。整体師としての能力に加えて、経営者としての手腕が必要になるため、整体師としてどんなに優れていても必ずしも成功するとは限りません。独立開業しても、雇われていたときよりも低い年収になってしまう人もいれば、成功して年収1,000万円以上稼げるようになる人もいます。しかし、1,000万円以上稼ぐためには複数の店舗を展開するレベルにならなければなりません。クライアントが増えて経営が軌道に乗ったとしても、年収は300万円から800万円程度が一般的です。この数字から見ると、年収500万円以上になれば独立開業は成功だったといえるでしょう。これらを鑑みると、雇われ整体師と独立開業したオーナー整体師の、どちらが高年収なのかは断言できません。雇われ整体師であっても、店長クラスになれば年収300万円以上は稼げるわけですから、雀の涙ほどしか稼げていないオーナー整体師と比べると、企業に勤めて安定した給料を得る方が良いという人もいるでしょう。そうはいっても、ハイリスク・ハイリターンですが独立開業には夢があります。いわば、自分の城を持って自分の好きなように施術や技術・知識の向上に努められるため、やりがいも大きいでしょう。結局は、全て自分次第。勤め人でいたい人、ゆくゆくはオーナーになりたい人、どちらであっても整体師として日々努力を怠らなければ、その努力に見合った収入が得られるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

%e6%95%b4%e4%bd%93%e5%b8%ab%e3%81%ae%e7%b5%a6%e6%96%99%e3%82%84%e5%b9%b4%e5%8f%8e%ef%bc%81%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%84%e3%80%8c%e3%81%8a%e9%87%91%e3%80%8d%e3%81%ae

この記事をシェアする