美容業界の応援メディア
コラム・特集 2018-01-08

世界ではどうなっている? アジアの美容の歴史

国が違えば文化も美容法も大きく様変わりするものです。アジアの美容の歴史について見ていきましょう。日本もアジア諸国のひとつということもあり、もしかすると共通点が見つかるかもしれません。

ベトナム発・アジアンビューティーの秘密は「ベトナム式食事」

ヨーロッパや北欧の国とはまた違った魅力のあるアジア系美人は、エキゾチックで神秘的なまさしく「アジアンビューティー」の言葉がよくお似合いです。

アジア諸国の中でも美意識が高いといわれているベトナムの女性は、高身長でスレンダーなスタイルで、日本人女性から見ても理想的な体型だといえます。

そんなベトナム発のアジアンビューティーにフォーカスをあててみると、すらっとした泰家の秘密は毎日の食事に隠されているようです。

日本でも人気のベトナム料理には、たくさんの種類のハーブが使われているのはご存じの方も多いでしょう。パクチーをはじめ、バジル、ミント、グラス、大葉、レモンなどなど、爽やかな香りで食欲もそそられるハーブがふんだんに使われている料理が多いです。

麺類や生春巻き、サラダ、炒め物と、身体にいいといわれているハーブを日常的にたくさん摂っているため、健康的な美しさを保っているといえます。

日常でのベトナム料理はヘルシーなものばかりで、日本人と比較してみるとベトナム人の肥満率は低いそうなので、アジアンビューティーを目指したいならベトナム料理を積極的に食べるといいかもしれません。

アジアの美容の歴史

韓国発・アジアンビューティーの秘密は伝統エステ「よもぎ蒸し」

韓国は美容大国といわれているほど女性の美容意識は高く、韓国発といわれている美容法もたくさんあります。透き通るような白くキメの整った肌、スレンダーな体型と、同じアジア人でも日本の女性と韓国の女性とでは見た目にも違いがありますが、韓国人女性の美の秘密はいったいどこにあるのでしょうか。

近年では日本でも韓国コスメが人気を集めていて、愛用しているという方もたくさんいると思いますが、韓国人女性の美の源は伝統エステの「よもぎ蒸し」に秘密があるようです。

「よもぎ蒸し」の施術を行なっているサロンは日本でもたくさん開設されていて、韓国の美容法を知るにはまずこの「よもぎ蒸し」から始めないと知ることができないといわれているほど。

600年前から代々受け継がれてきている歴史のある美容法の「よもぎ蒸し」は、美肌や美白などの美容効果のほかにも、新陳代謝の促進やダイエット効果、婦人科系疾患の改善にも効果が期待できるといわれています。まさに女性のための伝統エステといっても過言ではないでしょう。

アジアの美容の歴史

中国発・アジアンビューティーの秘密は「3つの食材」

中国の女性は「色白で透明感のある肌」「真っ直ぐ伸びた美脚」「顎のとがった輪郭」などが美女の条件といわれています。何千年という長い歴史の中で培われてきた美容法は様々ありますが、中でも特に食材に関しては健康面にも美容面にもこだわったものを積極的に摂る傾向にあります。

中国の歴史の中でも”傾国の美女”として有名な”楊貴妃”は、「白きくらげ」「ツバメの巣」「ライチ」の3つの食材を愛していたといわれています。

栄養価が高く食物繊維やカルシウムが豊富な白きくらげ、抗酸化物質の減少を抑えるためのシアル酸が含まれているツバメの巣、冷えから身体を守り血を養ってくれるライチと、どれも美容と健康に大きな効果が期待できる食材を積極的に摂っていたようです。

アジアの美容の歴史

カンボジア発・アジアンビューティーの秘密は「ハーブ療法」

カンボジアに昔々から伝わる伝統的なハーブ療法「チュポン」は、それぞれの症状や悩みに効果が期待できるハーブを選んで行ないます。

特に出産後の女性は体力が低下していてお肌の状態や体調も乱れやすくなっているため、肌や体調改善を目的に行なわれていることが多いようです。

身体の内側が健康でないと本当の美を目指すことはできないので、健康法と美容法の両面に効果が期待できるこの「チュポン」は、日本の女性も試してみる価値はあるといえるでしょう。

アジアの美容の歴史

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事