美容業界の応援メディア
コラム・特集 2017-12-15

風邪菌を寄せ付けない! 忙しい美容人のための風邪予防法 #3

毎日忙しいサービス業に従事する者は、風邪を寄せ付けない対策が必要です。誰かが風邪をひけば、それで仕事に大きな穴が空いてしまうことになります。ビジネスマンだからこそ、しっかりからだの管理もしなければなりませんね。風邪を寄せ付けないぞ! というモチベーションがあれば風邪なんて大して恐いものではありません。

睡眠と食事をしっかり摂ることが最重要と心得る

風邪予防法

そこで第一に、しっかり睡眠を取る必要があります。できる限り睡眠に時間をあてて、疲れを睡眠によって吹き飛ばしてください。

忙しいビジネスマンでも7時間から8時間程度は睡眠時間が必要なようです。子供の場合はもっと多くの睡眠量が必要であり、11時間程度だと言います。最近の若い人たちは寝る間を惜しんでスマホライフを楽しんでいる人も多いですが、その生活スタイルでは、風邪をまんまとおびき寄せてしまっているようなものです。

室内湿度は60%を目安に。乾燥させてはダメ!

ウイルスは気温の低い場所、乾燥している場所で、積極的に行動しようというモードに入ります。ウイルスを活発化させないために、湿度は60%を保つのがベターです。濡れた洗濯物をかけておくのもかなり効果的でお手軽な方法です。是非一度実践してみてください。

湿度50%で半分程度のウイルスが死に、湿度60%で80%のウイルスを死滅させることが出来ると言われています。しかし、あまり湿度を高くすれば、ダニ・カビの温床となってしまうので注意が必要です。

マスクでウィルスの侵入を防ぐ!

風邪予防法

最近ではマスクがブーム化していて、風邪対策のためだけではなく、すっぴん隠しにマスクをしていたりします。しかしすっぴん隠しの人たちもしっかりそれで風邪予防が出来ているのですから、マスクはまさに一石二鳥。

マスクがウイルスの侵入をしっかりガードしてくれて、のど・鼻の乾燥を守ってくれます。口呼吸をしている人たちは寝ている間にカラカラに口が乾燥してしまうので、マスクをして寝ることもおすすめです。そこまでしっかり予防をすれば、きっと風邪なんてひかない季節を迎えることができます。

手洗いとうがいを習慣にしてウィルス&乾燥対策

風邪予防法

うがいの習慣をつけて、乾燥したのどに付着したウイルスを外へ出すように心掛けましょう。またうがいはのどの乾燥も防いでくれます。

更に風邪対策のために、徹底して手洗いをするようにしましょう。石鹸を使用して、最低でも60秒以上は洗う必要があります。これくらいの時間をかけて手洗いをしてやっと風邪ウイルスは死滅すると言われています。爪、親指のつけ根などもしっかりと。

1.2リットルの水分を補給してからだのうるおいを保つ

風邪予防法

からだを潤すために水分をしっかり補給する習慣を身につけましょう。水分であればいいので、スープや牛乳、お茶やコーラなど、何でも構いません。水分補給の量の目安は、1.2リットルと言われています。子供も同じ量を。子供だって、大人と同じだけの汗腺を持っているのです。

人ゴミはウィルスの宝庫!できる限り避けて

風邪予防法

サービス業の人たちが働く場所は、いつも人間がゴミゴミとしているようなたくさんの人の集まる場所ではないでしょうか。人が多く集まる場所にはウイルスもやはりウヨウヨいると考えて良いです。日々の仕事の疲れがたまってヘトヘトだというとき、このような場所で過ごすことで簡単に風邪ウイルスに感染してしまうリスクは非常に高くなります。

最後に。ビジネスマンは忙しくて、大事だと分かっていても睡眠時間を多く取ることはなかなか実践できないかもしれません。寝ろと言われて寝れるだけの睡眠時間を取ることができれば何も問題はないのです。

忙しい人たちに是非取り入れてもらいたい、風邪予防に効果的な方法があります。それは2分間目を閉じることです。たったこれだけなので、トイレの時間でも、喫煙タイムでも、電車の中でも簡単に出来てしまいます。

普段体調を良好に保つためには、活動する神経である交感神経と休む神経である副交感神経のバランスを保つことが大事なのですが、体力が落ちている人たちは、副交感神経を優位にして、からだにエネルギーをチャージすることが必要です。

たった2分間目を閉じるだけで、副交感神経が優位になりやすい体質を作ることができます。たった2分間という、こんな短い時間でも、休める時間をからだに与えてあげることが大事なのです。

文/sapuri

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事