美容業界の応援メディア
コラム・特集 2018-10-04

副業でエステティシャンの仕事ってどうなの?アルバイトやパートで始める前に知っておくべきこと

お客様の顔や身体に美容施術を行うエステティシャン。カウンセリングや施術を通して、お客様の美しさを引き出したり、悩みを解消してあげることのできる、素敵なお仕事です。

美容に関心のある方の中には、エステティシャンとして働いてみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

エステティシャンには、様々な技術が必要ですが、美容師のように国家資格が必要な訳ではないので、未経験から働きながら技術を習得していくことができます。

そこで今回は、エステティシャンに憧れる未経験者のために、技術を学ぶ方法や、働くエステサロンの探し方についての注意点などについて紹介していきます。

エステティシャンが主に行う仕事内容

カウンセリング

お客様の悩みや特に美しくなりたいところなどについて、普段の生活スタイルや食習慣なども含めて丁寧にヒアリングし、そのうえで、お客様に最適な施術のプランを提案します。

このとき、施術内容だけではなく、料金やオプション、来店の回数や成果が出るまでの期間などについてもしっかり説明すると、お客様に安心して頂けます。

フェイシャルエステティック

手や美容器具、化粧品を使ってトリートメントを行い、顔の老廃物を取り除いたり、血行を促進してむくみを改善するような施術を行います。

ボディエステティック

フェイシャルエステティックと同様に、手技や機器、化粧品などを使ってウエストや脚、お尻回りなど、全身に渡って施術を行います。

ダイエットや肌質改善、リラクゼーションなど、お客様の要望に応じて様々な施術があります。

リフレクソロジー

手や足の反射区を指で優しく施術します。血行促進や老廃物の排出促進のほか、ストレス解消や体質改善などにも役立ち、また着替えなしで受けられるコースもあるので男女ともに人気があります。

脱毛

脱毛器を使って顔や身体に光線を当てて脱毛をします。ただし、医療用の強力なレーザー脱毛はエステサロンでは使いません。

エスティシャンの魅力・やりがい

エステティシャンは、コンプレックスを持ったお客様の悩みを一緒に解消したり、綺麗になりたいという望みを叶えられるお仕事です。

自分がしっかりとした技術を身に付けることで、お客様から感謝してもらえる機会も増え、やりがいも感じられます。

さらに、努力次第でどんどん美に関する知識や技術が得られるので、美容に関心がある人にとっては働きながら美しくなれ、さらに手に職が付けられるうってつけのお仕事です。

未経験からエステティシャンの技術を学ぶには

エステティシャンになるために、専門学校に行く方も多いと思います。しかし、エステサロンの中には、未経験の方を募集しているところがたくさんあります。

エステでの施術には、様々な知識や技術が必要なため、ほとんどのサロンでは未経験者を最初から現場に出すのではなく、研修からスタートします。

実際のエステサロンで、研修を通して基本的な技術を身に付けた後、現場で実践を積むというのも、未経験からエステティシャンになる方法としておすすめです。

働きながらエステティシャンを目指す方法としては、
・アルバイトをして技術を身に付ける
・パートとして技術を身に付ける
・副業で技術を身に付ける
などがあります。自分のライフスタイルに合わせて働き方を選びましょう。

未経験から技術を学ぶことによるメリット・デメリット

未経験からを技術を学ぶことによるメリット

すぐに実践で技術を試すことが出来る

エステティシャンとしての技術は、実際に施術をすることで身に付くことが多いです。働きながら学ぶことで、より実践に近い形で知識を習得することができます。

最新の技術を学ぶことが出来る

エステティシャンには資格が必要ないため、独学でも美容の知識を習得することはできます。

しかし、現場では高い技術や知識のレベルを求められるため、机上の勉強だけでは難しいことが多いです。

働きながらサロンの研修などで勉強すれば、より実践に近い形で学べるだけでなく、最新の知識や技術が習得できます。

技術以外に必要なスキルを学ぶことが出来る

エステティシャンには、美容に関する知識だけではなく、接客スキルやマナーなど、社会人としての基本的なスキルも必要です。

そういったスキルを身に付けるのも、働きながらであれば自然に身に付けることができます。

希望する分野の施術方法を学ぶことが出来る

エステサロンにも様々な種類があり、それぞれに得意な分野などの特色があります。

自分の希望に合ったサロンを選んで働くことで、その分野のスペシャリストになる近道になります。

未経験から技術を学ぶことによるデメリット

最初は雑用から始まるため施術が出来るまでに時間がかかる

未経験からエステティシャンを目指す場合、最初は十分な施術の技術がないため、先輩のお手伝いなどの雑用から始まります。

始めは少しつまらなく感じることもあるかもしれませんが、実践に入る前にしっかりと必要なスキルを習得しましょう。

仕事内容によっては収入が少ない

特に研修期間中などは、雑用の仕事がメインとなるため、サロンによっては収入が少なくなる可能性があります。

短期間で技術や知識の習得を求められる

未経験でも、お客様の前に出ればきちんとした施術を求められます。

そのため、サロンの方針や施術の方法、接客スキルなどを短期間で習得することが求められ、覚えることも多いので、最初は戸惑うことも多いかもしれません。

エステサロンを探すときに注意するべきポイント

キャリアアップが出来る制度が整っているところを選ぶ

せっかく実力がついてきても、いつまでも待遇が未経験者と同じだとモチベーションが下がってしまいます。

長期的に見て、正社員になれるのか、先輩方はどのようなキャリアアップをしているのかなどを確認し、制度の整ったサロンを選びましょう。

研修制度が充実しているところを選ぶ

研修制度の充実度合はサロンによってかなり差があります。

サロン独自の研修制度や資格取得へのサポート、化粧品や皮膚科学についての理論など、技術以外のスキルについての研修の有無についても確認しましょう。

自分が希望している技術を学べる店舗を選ぶ

サロンによって、取り扱っている施術の内容や得意分野が違います。自分の希望に合うサロンを選びましょう。

職場の雰囲気がいいところを選ぶ

しっかりと技術を身に付けるためにも、職場や働く人たちの雰囲気が自分に合うかどうかは重要なポイントです。働く前に一度サロンへ来店してみるのもおすすめです。

未経験者が必要とされる人材になるためにするべきこと

最低限の知識を身に付けてから働くようにする

いくら未経験とはいえ、全くなんの知識もないまま研修に参加するとやる気がないと思われてしまったり、研修についていけないといったことがあるかもしれません。

最低限の知識やマナーについては、事前に調べて勉強していくと安心です。

積極的にわからないことを聞くようにする

わからないことがあったときに、聞かずにわからないままにしておくと、いざお客様の前に出たときに困ってしまうことがあります。

不安な点があったときはその都度先輩や講師の先生に聞くなどして、できるだけ研修の間に解消し、実践では一人前のエステティシャンとして振る舞えるようにしましょう。

コミュニケーションをしっかりととるようにする

エステティシャンは接客業なので、実際に実践に出ると施術やお客様への対応などで困ること、相談したいことがたくさん出てきます。

普段から職場の人たちと円滑なコミュニケーションを意識してとっておくことで、何かあったときにスムーズに対応することができます。

生活サイクルを修正する

エステティシャンは美容のプロです。普段から規則正しい生活を心がけ、自分自身も美しくいられるよう努力しましょう。

明確な目標を持つようにする

未経験のエステティシャンは、最初雑用からスタートするため、モチベーションが下がってしまったり、いやになってしまうこともあるかもしれません。

自分が身に付けたいスキルや、目標とする先輩、キャリアアップや独立など、できるだけ具体的な目標を持って働くことで、モチベーションを維持していくことが大切です。

まとめ

美容のスペシャリストである、エステティシャン。未経験でも目指すことができ、お客様に喜んでもらえるのはもちろん、自分にも嬉しいポイントがたくさんある素敵なお仕事です。

せっかくエステティシャンになるなら、しっかりとした技術や知識、社会人としてのマナーを習得して、手に職を付けたいですよね。

学びたい技術が学べたり、キャリアアップも目指せる、自分に合った雰囲気の人たちに囲まれて働けるかどうかなど、きちんとリサーチしてエステサロンを選びましょう。

未経験の方もたくさん挑戦しているエステティシャンのお仕事に、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事