エステティシャンは誰でもなれる?なり方や魅力、将来性についても紹介

美しくなりたい人の願望を叶える仕事、エステティシャンにあこがれている方は多数います。しかし、くわしい仕事内容やなり方がわからない方も多いのではないでしょうか。

一人前のエステティシャンになるには、長い道のりが必要です。しかし、その分やりがいも感じられる職業といえるでしょう。今回は、エステティシャンの業務・なり方・給料など、幅広い情報をお届けします。

エステティシャンはどんな仕事?

エステティシャンとは、手技や機器などを用いて人の肌や体に美容に関する施術を施す技術者のことです。ただし、日本で広く使われている「エステティックサロン」や「エステティシャン」という言葉は実は和製英語で、英語ではそれぞれ「beauty salon」、「beauty treatment technician」などと呼ばれます。

エステティシャンの仕事の主軸となるのは、カウンセリングと施術です。ここでは、それぞれの仕事内容について詳しく説明していきます。

カウンセリング

エステでは、施術をおこなう前にカウンセリングが必要です。カウンセリングでは、現在お客様が抱えている肌やボディの悩みを詳しく聞くとともに、体質・体調・普段の生活などについても細かくヒアリングをおこないます。

多くのエステでは、事前にお客様からカウンセリングの予約を取ってもらうので、予約時にフォームに記載してもらったり、来店時にカウンセリングシートに記入してもらったりすることもあります。アレルギーの有無や過去の病歴なども確認しておきましょう。

お客様との会話のなかで相づちを打ったり共感したりしながらお客様に安心感を与え、信頼関係を作ることが重要です。

お客様の状況を把握できたら、お客様の状況に最適な施術内容(メニューやプラン)を提案します。どれぐらいの期間や回数がかかる見通しか、費用の目安はいくらぐらいかなど、詳細に説明しましょう。

また、日常生活で気をつけたいことについてのアドバイスもおこないます。エステティシャンには、自店で使用している器具や取り扱っている化粧品への知識のほか、運動や栄養などのホームケアに関する知識も必要なのです。

施術

エステティックサロンには、フェイシャル・ボディ・脱毛といったタイプがあります。それぞれのエステでおこなわれる施術内容について詳しく解説していきましょう。

フェイシャル

フェイシャルエステは、首から上の部分へ集中的におこなう施術です。頭や顔、首周りのデコルテ部分に、オイル・クリーム・ジェルなどを用いて手や専用の器具でケアします。

具体的な施術内容は、マッサージ・光照射・超音波・スチーム・パック・ピーリングなどです。自宅では使えない業務用の機械を使用し、振動を与えたり電流を流したり水分を補ったりしながら、気になる部分にアプローチしていきます。ただし、サロンによって提供しているメニューは異なります。

老廃物を流し、メイク汚れや毛穴の詰まり(角栓や角質)といった余計なものを取り除くため、施術後はすっきりと心地よい気分になれるでしょう。

自分ではおこなえないケアをエステティシャンの技術やエステのマシンで施してもらえるので、美容に気づかう方に支持されています。さらに、自宅でのケア方法をアドバイスすることにより、自己流のスキンケアで納得できていなかった方にもきっと喜んでもらえるでしょう。

ボディ

ボディエステとは、顔以外の全身をケアする施術のことをいいます。具体的にどのような部位にアプローチするかというと、上半身であれば腕・バスト・背中・ウエストなど、下半身であればヒップ・太もも・ふくらはぎなどです。

アロマオイルなどを使用し、ハンドマッサージで強弱をつけながら体を揉みほぐしたり、専用機器を使ってラジオ波を当てて熱を加えたり、超音波でキャビテーションをおこなったりと、お客様のお悩みや希望に合わせた施術でボディパーツに働きかけます。

結婚式を控えたお客様がおこなう「ブライダルエステ」の要望も多く、ブライダル専用のメニューを用意しているエステサロンもあります。予算や日時などと照らし合わせながら、お客様ごとに合ったプランを提案してくれ、「ウェディングドレスをきれいに着こなし、一生に一度の大切な日を最高に美しい姿で迎えたい」という女性の願望をしっかりとサポートしてくれるでしょう。

脱毛

脱毛エステは、専用の脱毛機を使って体の一部や全身を脱毛する施術のことです。エステティックサロンでおこなわれる脱毛なので、「エステ脱毛」や「美容脱毛」と呼ばれたり、使用する機器から「光脱毛」「フラッシュ脱毛」「美容ライト脱毛」といわれることもあります。

エステ脱毛は、出力が低い脱毛機を使って毛根などにライトを当ててアプローチする施術方法です。

日本エステティック振興協議会においては、「美容ライト脱毛とは、除毛・減毛を目的に皮膚に負担を与えず毛の幹細胞を破壊しない範囲で、エステティックサロンで行なわれる光脱毛をいう。」
と定義されています。

つまり、エステティックサロンの脱毛は一時的な抑毛・制毛です。出力の高いレーザー機器を用いておこなう医療脱毛のような永久脱毛ではありません。

エステ脱毛と医療脱毛では使用する脱毛機のパワーが違うことに加え、施術者の資格やお客様の通う期間・回数、費用なども異なり、どちらがいいかということは一概にはいえないため、ここでは詳細は省きます。

脱毛エステでは、脱毛のほかに、自宅で行なうムダ毛ケア方法についてもアドバイスをおこないます。どのエステタイプにもいえることですが、お客様のお悩みに寄り添った対応が必要です。

その他の店舗業務

エステティシャンの業務は、接客に関することだけではありません。来店したお客様の受付や予約の管理、会計、データ入力といった事務的な業務や、店内の清掃業務もあります。集客のために、ダイレクトメールの送信やホームページ・SNSの更新などをおこなうサロンもあるでしょう。

ただし、サロンによっては受付や事務作業はエステティシャンではなく、専用のスタッフを採用しているところもあります。

また、店舗で取り扱っている化粧品などの美容品を販売することも重要な業務の1つです。商品の特徴やおすすめポイントなどの知識をもとに、お客様のニーズに合わせた商品を紹介しましょう。

しかし、販売につなげたいからといって無理に押しつけて買わせるのではなく、本当に納得していただいたうえでお求めいただくことが大切です。親身になって相談に乗り、提案することで、お客様からの信頼感にもつながります。

なお、エステティシャンの仕事の内容については、以下のページでもお伝えしています。ぜひ参考にしてみてください。

エステティシャンになるにはどうしたらいい?

ここからは、実際にエステティシャンを目指している方に向け、エステティシャンになる方法を紹介します。エステティシャンになるためにはどのような資格が必要なのか、また、どのようにして知識や技術を身につければいいのかを学んでいきましょう。

資格

実は、エステティシャンには、国家資格などの特別な資格や取得が困難な免許は必要ありません。そのため、美容に関する知識・技術がない方や未経験者でもエステティシャンになることができ、美容業界のなかでは比較的目指しやすい業種といえるでしょう。

ただし、民間の資格があると就職や実際の接客の際に有利なのは事実です。なぜなら、採用するサロンにとっては即戦力としての活躍が期待でき、お客様にとっては信頼感や安心感につながるためです。

資格所有者のみを募集するサロンや、資格所有者を未所有者よりも優先して採用するサロンもあるでしょう。個々のエステティシャンの技術や腕前は見た目ではわからないため、肩書きは1つの目安になります。

では、実際のエステ現場ではどのような資格が優遇されやすいのか、以下で具体的に紹介しましょう。

あると便利な資格

エステティシャンに関係する資格を取れる団体としては、「日本エステティック協会(AJESTHE)」と「日本エステティック業協会(AEA)」が代表的です。

AJESTHEの認定資格には、

AJESTHE認定エステティシャン:エステの基本的な知識や技術を持っている
AJESTHE認定上級エステティシャン:エステティシャンより高等な知識や技術、経験を持っている
AJESTHE認定トータルエステティックアドバイザー:エステをさらに深く理解し、技術力や指導力を兼ね備えている
AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン:エステとフェイシャルケアの基礎知識を持っている
AJESTHE認定ボディエステティシャン:エステとボディケアの基礎知識を持っている

という資格があります。それぞれ所定の要件を満たしていれば受けることが可能です。

試験に合格すると、ディプロマ(認定証)や認定バッジを受け取ることができます。

また、AEAにも、独自の基準で定められた「AEA認定エステティシャン(基礎資格)」「AEA上級認定エステティシャン(上位資格)」「AEA認定インターナショナルエステティシャン(最上位資格)」という資格があります。

いずれもエステ業界ではメジャーな資格なので、自分の技術や知識を知ってもらう後ろ盾となってくれるでしょう。

学校で学ぶ

エステティックに関する専門知識を身につけるためには、美容専門学校やエステティックスクールで学ぶことが一般的です。それぞれの学校の特徴について解説しましょう。

美容専門学校の特徴

美容専門学校には、昼間課程・夜間課程・通信課程があります。エステティシャンを目指す場合は、昼間や夜間課程の「エステティックコース」「トータルビューティー科」などで学ぶのが一般的です。

たとえば
東京ビューティーアート専門学校トータルビューティー科エステティックコース
早稲田美容専門学校トータルビューティー科WBCエステティックコース
九州美容専門学校フェイシャルエステティックコース
広島美容専門学校トータルビューティ科エステティックコース
東京総合美容専門学校トータルビューティー科エステコース
北海道美容専門学校ビューティーエステ科
などがあります。学費は2年間で100万円~200万円程度です。

学科やコースによってカリキュラムは異なりますが、美容専門学校では保健・衛生管理・文化論など、美容に関する総合的な幅広い知識を学ぶことができます。AJESTHEやAEAの認定を受けているところもあり、資格を取得しやすい点がメリットです。

カラーコーディネイト・マナー・フォトなどの選択科目を学べる学校もあるほか、サロンと連携して、会社説明会を開いてもらったり特別推薦枠を設けてもらっていたりといった、就職に関するサポートを整えているところもあります。

エステティックスクールの特徴

エステティックスクールでは、国の認可がないため自由なカリキュラムが組まれているのが特徴です。通学や通信講座でエステティックに特化した内容を学ぶことができ、美容専門学校同様、AJESTHEやAEAなどエステ界で権威のある団体が認定しているスクールもあります。

例としては
フォレストエステティックスクール
クレド スパ&エステティックスクール(CIDESCO、AJESTHE認定校)
デフィーエステティックスクール(AEA認定校)
タカラ・インターナショナルエステティックカレッジ(CIDESCO、CIBTAC、AJESTHE認定校)
などです。

なお、CIDESCO(シデスコ)はベルギーで設立された国際エステティック教育機関で、世界的にハイレベルなエステティックに関する知識や技術を身につけることができます。また、CIBTAC(シブタック)は、イギリスに本部を置くセラピストの国際資格認定機関です。

認定校で学べば、より高い知識と手技を身につけられ、卒業後も一流のエステティシャンとしての活躍が期待できるでしょう。

エステサロンで働きながら技術を身につける

大手のエステサロンなどでは、独自のエステティシャン教育カリキュラムを組んでいるところもあり、未経験者を募集する求人を出して未経験の人や資格のない人も採用しています。

そのようなサロンでアルバイトや見習いとして働きながら、社内研修制度を利用したり、営業時間外に練習したりするなどして少しずつ知識と技術を身につけ、将来的にエステティシャンになることも可能です。

業務は受付や施術準備など雑用中心ではあります。しかし、実際にエステサロンの設備や機械に触れたり先輩エステティシャンの技術を目にしたりすることができる環境のなかで、給料をもらいながら現場経験が積めるのは魅力といえるでしょう。

あこがれのサロンで仕事をしつつキャリアとスキルを磨き、立派なエステティシャンを目指しましょう。

エステティシャンになるための詳細については、以下のページでも解説しているのでご覧ください。

エステティシャンの魅力とは?

エステティシャンという仕事には、どのような魅力があるのでしょうか。まず、仕事を通して国内外の美容に関する最新情報に触れたり、最先端のトレンドを知ることができたりすることが挙げられます。

情報や知識が増えることは、お客様に還元できるだけでなく、自分自身の美にも役立てられるでしょう。常にアンテナを高く持ち、移り変わりの激しい流行をキャッチして、エステティシャンとしての糧にしましょう。

また、サロンによっては最新のマシンや商品を自分の肌・体で試したり、自店のサービスを格安料金で受けられたりするところもあります。美に興味関心が高い人にとっては大きな魅力でしょう。

さらに、仕事を通じて、悩みを抱えるお客様の「キレイになりたい」という願いを叶え、喜んでもらえたり感謝してもらえたりすることによって、やりがいも感じられます。

自分の施術が気に入ってもらえれば、お客様からの信頼感につながり、リピートしてもらえる可能性も高くなるでしょう。固定客がつくことにより、収入アップにも期待できます。

エステティシャンの大変なところ

どんな仕事に就いても、良い面もあれば苦労する部分も必ず出てきます。ここからは、エステティシャンの大変な面として考えられる部分を紹介しましょう。

肉体的な負担

エステティシャンの仕事は、肉体的な負担を感じる人が少なくありません。なぜなら、施術は多くの場合前かがみの姿勢になって行うため、肩首や背中、腰などに力が入り負担がかかってしまうためです。慢性的な肩こりや腰痛を感じている人もいるようです。

このような肉体疲労の対策としては、首・肩まわりのストレッチをおこなったり、整体などでもみほぐしてもらったりする方法があります。お風呂にゆっくり浸かってセルフマッサージをし、血行を良くするのもおすすめです。

また、手を使って強い力で施術を行うことで、腱鞘炎にもなりやすいといわれます。痛みのあるときには手首やすじなどのストレッチやマッサージをおこない、セルフケアで足りない場合には、整骨院などの専門家に診てもらうことも検討しましょう。

せっかくあこがれのエステティシャンになれたのに、無理をして体を壊してしまっては本末転倒です。体力仕事でもあるので、休日にはしっかり休養を取って体を休め、オンとオフの切り替えをきっちりおこなうことも大切といえます。

精神的なストレス

エステティシャンは、お客様のお悩みに寄り添いながら、改善に向けてアプローチしていく仕事です。しかし、お客様にとって満足のいかない施術結果になることもあります。すると、クレームが発生してしまうことがあるのです。

エステティシャンとして活動している人のおよそ半数が、お客様からのクレームを受けた経験があるという報告もあります。なかには理不尽なクレームもあることでしょう。

しかし、接客業ではクレームは避けて通れない道ともいえます。お客様の意見に耳を傾けることで学べることもあり、その後の接客態度やサロン運営に生かすこともできるでしょう。

また、お客様だけでなく職場内の人間関係でもトラブルが発生することがあります。エステサロンは女性スタッフが多いため、女性ならではのライバル心や嫉妬心などから関係がこじれることがあるのです。スタッフ同士でコミュニケーションをしっかりとり、先輩から注意された点は改善するよう努めるなどしましょう。

このように、エステティシャンは精神的なストレスがかかりやすい環境ともいえるので、休日にストレスを発散する方法を持っておくと良いでしょう。もちろん、悪い人間関係はまったくなく、アットホームでみんなが仲良くしているサロンもあります。

リピート客を得るための努力

エステティシャンの仕事は、リピート客を得たりリピーターが増えたりすることでインセンティブ(指名料)や昇給が見込めます。歩合給のサロンなら、リピーターの増加が給料にわかりやすく反映され、やる気にもつながりやすいでしょう。

しかし、リピート客を増やすためには、美容の勉強をしたり技術を磨いたりお客様とコミュニケーションを図ったりと、日頃から地道な努力の積み重ねが必要です。

また、契約や商品販売のノルマが設定されているサロンもあり、リピートが伸び悩んでいる場合、ノルマの達成にも苦しめられる可能性があります。ただし、ノルマをやりがいと感じる人もいるので、自分に合った環境のサロンで働くことが大切です。

モアリジョブでは、実際にエステティシャンとして活動している方にインタビューをおこなっています。先輩エステティシャンの生の声を知りたい方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

エステティシャンに向いている人はどんな人?

エステティシャンはキレイを目指す人をサポートする仕事です。そのため、自分自身が美に対して興味を持っており、知識や技術を磨くことに貪欲で向上心がある人に向いているといえるでしょう。

さらに、お客様にとって話しやすい雰囲気を作ったり、お悩みにしっかりと耳を傾けて共感したりするというコミュニケーション能力の高さも求められます。お悩みを改善するにはどのようなメニューを提案すれば適切かを考え、お客様が美しくなることに尽力できることも大切です。

また、エステティシャンは華やかな職業に見られがちですが、前述したように肉体的な負担も大きく、立ち仕事が多いため体力も必要になります。体力に自信がある人、自分を鍛錬することに魅力を感じる人にも向いているといえるでしょう。

エステティシャンの給料の目安

エステティシャンになると、どれくらいの収入が望めるのでしょうか。

実際の求人情報から統計を取ると、正社員や契約社員で月収約20万~30万円、平均で25万円程度という結果になりました。インセンティブがつくことによりプラスアルファの収入を得られたり、別途残業手当や賞与などもついたりする場合があるので、年収にすると、300万~400万円程度を見込めるでしょう。

なお、アルバイトで働く場合は、時給約1,000円~1,400円、平均で1,200円前後です。

給料は働くサロンによっても異なり、大手のほうが年収が高い傾向や、都市部は高く、地方は低めという傾向もあります。また、独立した場合、人気が高まると500万~1,000万円ほどの年収を得られる可能性もあるので、美容の知識や技術だけでなく経営に関することも学んでおくと良いでしょう。

エステティシャンの給料については、以下の記事でもくわしく解説しています。

エステティシャンの将来性

エステティック業界の動向を見ると、サロン同士の競争激化やエステティシャンの離職率の高さから、事業者数や従業者数は横ばいとなっています。

ただし、美容のニーズはなくならず、エステサロンという従来の形態だけではなく、ブライダルやスポーツクラブなどの業界でのサービス拡大も見込まれるため、エステティシャンの人手不足は深刻な課題です。そのため、エステティシャンの待遇改善や人材育成が求められます。

なお、AJESTHEの協力のもと、2018年に厚生労働省から出されたエステティック業の職業能力評価基準により、店舗のクリーンな運営やエステティシャンの適正な評価への期待が高まっています

技術や知識をもとに経験を積み、単なるエステティシャンにとどまらず、講師やインストラクター、マネージャーなどとして活躍するキャリアプランも構築できるでしょう。

エステティシャンの業界動向については、以下の記事も参考にしてみてください。

お客様に喜ばれる技術と知識を身につけて仕事・職場を選ぼう

資格がなくてもエステティシャンにはなれますが、勉強や実践が欠かせません。また、エステティシャンという仕事は魅力ばかりではなく、心身への負担など大変な点もあるので、きちんと理解したうえで目指しましょう。

エステティシャンの給料や将来性にも触れました。エステ業界は今後も発展の可能性が十分にある業種といえるため、条件をよく吟味し、正しい技術と知識を身につけられる職場選びをすることが重要です。努力とキャリアを積み重ねて一流のエステティシャンに成長し、活躍の幅を広げましょう。

引用元サイト
エステティシャンになるには?必要な資格や仕事内容は?|東京総合美容専門学校
美容ライト脱毛 | 一般社団法人日本エステティック振興協議会
資格・検定 | 日本エステティック協会
AEA公式サイト|資格取得について
クレド スパ&エステティックスクール【公式】
デフィーエステティックスクール|南大阪で初めてのAEA認定校
【エステスクール】資格試験合格率100% タカラ・インターナショナル エステティックカレッジ
CIDESCOとは | 一般社団法人 CIDESCO-NIPPON
55_エステティック業|厚生労働省

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事