美容業界の応援メディア
コラム・特集 2020-02-03

【2019年最新版】JNAジェルネイル検定とは? 試験概要について解説|受験対策におすすめのスクールを紹介!

ネイリストを目指す方におすすめの資格として、「JNAジェルネイル検定」があります。この検定はジェルネイルの確かな技術と知識を持っていると証明するものです。この検定は健全なジェルネイルの普及を目的としていて、すでに全国で10万人以上が取得しています。

ジェルネイルを扱うサロンは多いため、就職活動においても、JNAジェルネイル検定を取得していることは有利になります。JNAジェルネイル検定の取得を目指す方に向けて、詳しい試験内容や受験対策におすすめの認定スクールをご紹介します。

【2019年度最新版】JNAジェルネイル検定とは?試験概要について解説


JNAジェルネイル検定は初級・中級・上級の3種類あります。初級・中級・上級の試験の概要を見ていきましょう。

初級

2019年の初級の試験は12月7日の土曜日に実施されました。会場は札幌地区・仙台地区・東京地区・名古屋地区・大阪地区・広島地区・福岡地区の地区ごとに分かれています。地区ごとに複数の会場で試験がおこなわれ、時間帯は午前と午後で1日2回試験があります。なお、会場や時間帯を選ぶことはできません。

受験資格

初級は義務教育を修了している人であれば誰でも受けることができます。

受験料

受験料は税別9,000円です。

試験内容|実技

試験は実技と筆記に分かれています。
実技では第1課題が両手10本のネイルケア、第2課題が左手5本のポリッシュカラーリング・右手5本のジェルカラーリング・右手中指のジェルアートとなります。

第1課題の制限時間は35分で、ネイルケアには手指消毒・ポリッシュオフ・ファイリング・キューティクルクリーンまでが含まれます。第2課題の制限時間は60分で左右のカラーは赤という指定があり、右手中指のジェルアートはジェルカラーリングの赤に映えるジェルアート(ピーコック)を施します。

第1課題と第2課題の間には5分のインターバルがあるため、最初の課題の片付けや次の課題の準備に時間を使うことができます。ネイリスト技能検定3級以上を取得していれば第1課題は免除されるので確認しておきましょう。免除者は第1課題終了時の状態に仕上げておく必要があります。

試験内容|筆記

筆記試験ではネイルやジェルネイルに関する基礎知識が問われます。
制限時間は30分で、ネイルに関する基礎知識では衛生と消毒・爪の構造(皮膚科学)・爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)・ネイルケアの手順などが出題されます。

合格基準

筆記試験・実技試験ともに100点満点のうち80点以上で合格となります。

中級

2019年は12月8日の日曜日中級の試験が実施されました。会場は初級と共通しています。

受験資格

中級はJNAジェルネイル検定の初級に合格した人が受けられます。

受験料

受験料は税別12,000円です。

試験内容|実技

実技試験開始前右手5本はネイルケアを済ませた後に真赤なジェルカラーリングを施し、左手5本はカラーリングなしで1週間前からネイルケアをしていない状態にしておきます。

第1課題は左手5本にネイルケアと真赤なポリッシュカラーリングをおこないます。制限時間は30分です。
第2課題の制限時間は85分で右手はジェルオフと中指以外のジェル・グラデーション、中指はジェルイクステンション(クリアスカルプチュア)をします。左手はポリッシュオフとジェル・フレンチカラーリングをおこないます。

ネイリスト技能検定2級以上を取得していると第1課題は免除されるので、試験の申込時に合格認定番号を忘れずに入力しましょう。

試験内容|筆記

筆記試験はネイルとジェルネイルに関する基礎知識が問われます。制限時間は30分で、ネイルに関する基礎知識では衛生と消毒・爪の構造(皮膚科学)・爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)・ネイルケア・ジェルネイルの手順・その他実践的施術全般・プロフェッショナリズムなどが出題されます。

合格基準

筆記試験は100点満点のうち80点以上、実技試験は100点満点のうち70点以上で合格となります。

上級

2019年は中級と同じく12月8日の日曜日に試験が実施されました。1日2回、午前と午後に試験がおこなわれますが受験会場や時間帯を選ぶことはできません。

受験資格

JNAジェルネイル検定の中級合格者が受験資格を得ます。

受験料

受験料は税別15,000円です。

試験内容|実技

実技の制限時間は85分です。
手指消毒後に指定された5本の指にイクステンションを施します。右手人差指はジェルクリアスカルプチュア・右手中指はジェルクリアスカルプチュア・右手薬指はジェルチップオーバーレイ+デザイン(テーマ:フラワー)・左手中指はジェルチップオーバーレイ・左手薬指はジェルチップオーバーレイ+フレンチルックとなります。

使用するチップの色はナチュラルかクリアと指定があります。他にもスタイリングはスクエアオフで長さは5~10ミリ程度、イクステンションに使用するジェルはハードジェルかソークオフジェル(クリアジェル)のクリアを使用するという決まりがあります。

試験内容|筆記

上級では筆記試験がおこなわれず、実技のみとなります。

合格基準

実技試験で100点満点のうち70点以上ならば合格です。

受験対策におすすめの認定スクールを紹介!


JNAジェルネイル検定の受験対策には認定スクールがおすすめです。認定スクールの詳細を見ていきましょう。

ヒューマンアカデミー|ネイリスト資格マスターコース

ヒューマンアカデミーのネイリスト資格マスターコースは、ネイリストに必要な知識や技術が学べる総合コースです。3時間の講習を100回受けるので就職や開業に必要な資格すべての取得を目指せます。

ヒューマンアカデミーは全国展開しており、通いやすいというメリットがあります。首都圏だけでなく北海道や沖縄にもあるので地方で受験対策をする人に便利でしょう。

出典元:ヒューマンアカデミー ネイリスト・ネイルスクール
https://haa.athuman.com/class/course/dcmn/lpo/index07.html?code=051068&xadid=051068&gclid=EAIaIQobChMIxrvJw7-b5gIVVnZgCh2nBAZVEAAYASAAEgIKvPD_BwE

アフロートネイルスクール|JNAジェルネイル技能検定対策講座

アフロートネイルスクールのJNAジェルネイル技能検定対策講座は、JNAジェルネイル検定の受験対策に特化している点がポイントです。

模擬テストの実施もあるため、試験当日は緊張せずに自分の持っている力を発揮できるでしょう。東京の他に千葉や神奈川、名古屋などにも校舎があります。

出典元:アフロートネイルスクール ネイル検定対策講座・費用一覧

クラスタイルネイルカレッジ|ジェルネイルエキスパートコース

クラスタイルネイルカレッジのジェルネイルエキスパートコースでは、サロンワークで必要なジェルの技術を学べます。JNAジェルネイル検定の実技試験対策も含まれているので安心です。

ジェルネイルエキスパートコースは、自宅で学ぶ通信制に授業がプラスされているスクーリング制です。毎日の通学は難しいけれど技術を直接見てほしい人にピッタリといえます。

なお、その他のネイルコースでは、自宅で学ぶ通信制や校舎に通う通学制も選べるため、働きながら資格を目指す、あるいは毎日学校に通って講師からしっかり学ぶなど、自分に合う学習スタイルを見つけやすいでしょう。校舎は東京・大阪・札幌・名古屋・福岡にあります。

出典元:
クラスタイルネイルカレッジ スクーリング制 ジェルネイルエキスパートコース
ネイルコース一覧

キャリエールネイルカレッジ|トータルネイルコース

キャリエールネイルカレッジのトータルネイルコースは、ネイルの知識と技術を学んでサロンワークに対応できるレベルまで到達できるコースとなっています。JNAジェルネイル技能検定試は初級~上級にまで対応可能です。新宿・横浜・立川に校舎があるので通学に便利です。

出典元:キャリエールネイルカレッジ コース&カリキュラム

ナイスネイルスクール|ネイルプロフェッショナルコース

ナイスネイルスクールのネイルプロフェッショナルコースは受講回数が104回、受講時間は364時間あるのでネイルについてしっかりと学ぶことができます。東京の池袋、大阪の心斎橋、愛知の名古屋駅前で開講しています。

出典元:ナイスネイルスクール コース&料金

JNAジェルネイル検定はネイリストとして持っておきたい資格!

JNAジェルネイル検定は3つの級に分かれていて、初級は義務教育を修了している人であれば誰でも受験可能です。中級は初級に合格していること、上級は中級に合格していることが受験資格として求められているので順番に検定を受けていきましょう。

JNAジェルネイル検定はネイリストとして活躍したいなら、ぜひ持っておきたい資格のひとつです。受験しようか悩んでいるならばぜひチャレンジしてみてくださいね。

出典元:NPO法人 日本ネイリスト協会 JNAジェルネイル技能検定試験

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事