美容業界の応援メディア
コラム・特集 2020-05-20

ネイリストの勤務時間は平均どれくらい? 正社員でも時短勤務はできる?|アルバイトやパートの募集は多い?

ネイリストはお客様の指先をきれいに整え、美しいネイルを施すことが仕事です。そんなネイリストの勤務時間や勤務内容は、実際にはどのようなものなのでしょうか。ここでは、ネイリストの勤務時間や正社員としての働き方、アルバイトやパートの求人の内容などについて、詳しくご紹介します。ネイリストとして働きたいと考えている方は、参考にしてみてください。

サロンに勤務するネイリストの勤務時間は平均どれくらい?

サロンで毎日忙しく働いているネイリストですが、勤務時間はどのくらいなのでしょうか。ここでは正社員として働くネイリストの、平均的な勤務時間についてご紹介します。

勤務時間はサロンの営業時間によって違う

ネイルサロンで働くネイリストの勤務時間は、それぞれのサロンの営業時間によって異なります。繁華街に位置するサロンだと営業時間が深夜におよぶこともあり、なかには24時間営業のお店もあります。

一方、住宅街などにある完全予約制のサロンの場合、昼前から夕方までといった営業時間のところもあります。サロンごとに営業時間が違うため、ネイリストの勤務時間もそれによって変わってくるのです。

シフト制|早番・遅番や3分割など

正社員で働くネイリストの場合、上述したように勤務するサロンの営業体制によって勤務時間は違います。営業時間が長いお店であれば、シフト制になっているところが多いようです。早番・遅番の2分割や、早番・中番・遅番の3分割などがあります。

早番であれば、営業開始前の30分~1時間くらい早めに出勤して、サロン内の掃除などお店を開ける準備をします。また、勤務終了後も残ってネイルの練習をすることがあります。強制ではありませんが、技術を磨いて指名がもらえれば、そのぶん給料もあがります。

勤務時間のみなら8時間程度となることが多いですが、練習や開店準備なども入れた場合、サロンにいる時間は長くなります。経験の浅いネイリストの場合、自宅などでゆっくり休める時間は少ないようです。

シフト制だと平均年収や給与はどうなる?

ネイリストの平均年収は、約300万円といわれています。これはあくまで平均であり、年代別に見るとまた異なってきます。20代が200~240万円、30代が300~360万円、40代が220~260万円というのが平均年収です。

これは30代をピークに収入が減るというわけではなく、独立開業して経営者側に回っていたり、結婚や出産などで仕事をやめていたりする方が多いということが理由です。

ネイリストとしての練習を残業でおこなうことも

ネイルサロンのなかには、歩合制を取り入れているお店もあり、指名をとってお客様が増えることで、給料が上がっていくのです。このため、ネイリストとしての技術を高める練習を残業でおこなうこともあります。

固定給のサロンでも、技術力を磨いて売り上げに貢献すると給料は上がります。ネイリストの仕事は技術力が重要となるため、練習に力を入れる方が多いのです。

正社員でも時短勤務はできるサロンはあるの? 求人情報をチェック!

勤務するお店にもよりますが、ネイリストの勤務時間が長くなる職場もあります。しかし女性が多い職業なので、出産や育児などで長時間働けなくなることもあるでしょう。ここでは、正社員でも時短勤務できるサロンがどのくらいあるのか調査して、詳しくご紹介します。

時短勤務OKなサロンはある!

結果から述べると、時短勤務ができるサロンは存在します。特にネイルサロンの多い東京では、時短勤務OKの求人も多くあるようです。ここでは時短勤務OKのサロンについて、東京・神奈川・埼玉に分けて具体例をご紹介します。

・東京
ネイルサロン激戦区といってもいい東京ではネイリストの需要も高く、時短勤務OKのサロンも非常に多いです。営業形態もさまざまで、日祝が定休日で夕方には閉店するようなサロンもあります。結婚して育児をしていても、ネイリストとしてのスキルを活かして時短勤務で働けるような職場も少なくないのです。

・神奈川
神奈川県にも、時短勤務OKの求人はあります。産休や育休を取得して、復帰後に時短勤務で働けるようなサロンもあります。ネイリストを生涯の仕事として、長く働き続けることのできるような制度が整っているお店もあります。

・埼玉
埼玉県には、商業施設内のネイルサロンなどで時短勤務OKの正社員の求人があります。週休2日制で、ブランクがある方でも時短勤務で働けます。40代が活躍中の求人もあり、子育てが一段落ついてから、時短勤務で復帰するといった働き方もできます。

アルバイトやパートでお仕事したい! 募集は多い? 時給はどれくらい?

ネイリストのなかには、アルバイトやパートで働きたいと考える方もいらっしゃるでしょう。ネイルサロンには、アルバイトやパートの求人があるのか、また、時給はどのくらいなのかも気になります。ここでは、求人情報を調査した結果についてご紹介しましょう。

アルバイトやパートの需要は高い!

ネイリストのアルバイトやパートの需要は非常に高いです。ここでは東京・神奈川・埼玉に分けて、求人情報の調査結果をご紹介します。

・東京
東京にはネイルサロンが数多くあることもあって、ネイリストの需要が非常に高く、アルバイトやパートの求人もたくさんあります。社会保険や雇用労災が完備、交通費全額支給で完全週休2日制など、安心して働ける職場も多いです。

・神奈川
神奈川県にも、アルバイトやパートでのネイリストの求人は多くあります。昇給や雇用保険制度もあり、週3日の勤務から相談できるようなサロンもあります。勤務時間が夕方までの求人もあり、仕事もプライベートも充実させながら長く働くことができます。

・埼玉
埼玉県でも、アルバイトやパートでのネイリストの需要はとても高いです。週2日で1日4時間という働き方が可能なサロンもあり、ライフスタイルに合わせて無理なく働くことができます。大型商業施設内のサロンであれば、車通勤もできるうえ、交通費の支給やボーナスもあるところなどもあります。

時給の相場はどれくらい?

アルバイトやパートでのネイリストの募集だと、時給の相場はどのくらいなのでしょうか。ここでは上述した求人情報の調査結果をもとに、東京・神奈川・埼玉に分けて、時給の相場をご紹介します。

・東京
数多くのネイルサロンが存在し、ネイリストの需要も非常に高い東京では、時給もほかより高めのサロンも多いです。985~3,000円と、サロンによって幅広い金額となっているのも特徴です。人気サロンで技術を磨けば収入も増えるでしょう。

・神奈川
神奈川県のネイリストのアルバイトやパートの求人では、時給は970~1,600円となっています。東京よりはやや低い金額となっていますが、ライフスタイルに合わせて自由な働き方のできるサロンもあり、結婚や出産などでライフスタイルが変わる可能性がある女性でも働きやすいです。

・埼玉
埼玉県のネイリストのアルバイトやパートの求人では、時給は926~1,200円となっています。福利厚生が充実していて休日も多く、仕事とプライベートを両立させた働き方のできるサロンもあります。

ネイリストの勤務時間はサロンによって違う|自分に合ったサロンを見つけて転職しよう

ネイリストの勤務時間はサロンによって異なり、働き方もさまざまです。都心の繁華街にある人気サロンの場合は忙しい日々になるかもしれませんが、技術を磨くなど努力すれば高収入も望めるでしょう。

郊外のゆったりした環境のサロンなら、営業時間が夕方までのところもあり、仕事とプライベートを両立させられ、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。自分の暮らしや働き方に合ったサロンを見つけてみてください。

参考元:
リジョブ「東京 ネイリスト 正社員」
リジョブ「東京都 ネイリスト 正社員 時短勤務OK」

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事