美容業界の応援メディア
コラム・特集 2020-03-18

エステサロンの集客で効果のある方法とは? 新しいお客様を呼び込みリピートを増やすためにできること

エステティシャンを目指している方、あるいは現在エステティシャンとして働いている方の中には、将来自分でエステサロンを開業したいと考えている方もいるのではないでしょうか。中には、すでに開業するための資金調達や資格の取得、あるいは提出書類の作成などで動き始めている方もいるかもしれません。

しかし、どんなに施術やサービスが素晴らしくてもお客様が来なければお店は成り立ちません。開業した後に安定した経営を続けていくためには、「集客」もとても重要なのです。

今回は新規客を呼び込む方法とリピート客の予約を増やすための方法をご紹介します。集客の効果を上げるために大切な3つのことについても確認していきましょう。

エステサロンの集客で効果のある方法とは?

エステサロンの集客において、効果のある方法にはさまざまな手段があります。しかし、実は新規のお客様とリピートしてくださるお客様では、有効な手段が異なるのです。それぞれに効果のある方法をご紹介します。

知ってもらわなくては始まらない! 新規のお客様を呼ぶ方法

新規のお客様を呼ぶために大切なことは、サロンの存在を知ってもらうことです。お客様がお店のことを認識し、提供しているサービスに魅力を感じれば来店する可能性が高くなります。新規のお客様を呼ぶ方法について詳しく見てみましょう。

ホームページを作る・ブログを更新する

まずは、メニュー・場所・料金がはっきり分かるホームページを作りましょう。メニューについて詳しく載っているのに料金が書かれていないとお客様は不安に感じてしまいますし、せっかく興味を持ってもらえても場所が書かれていなければ来てもらうことはできません。

エステサロンだけでなく、エステティシャンについての情報が詳しく記載されているほど、お客様が安心して来店しやすくなります。エステに関する資格を取得しているなら、忘れずに掲載しましょう。

ブログで日々の情報を発信するのも効果的です。ブログは手軽に写真や動画などを掲載できるため、サロンの雰囲気やサービスの様子が伝えやすいというメリットがあります。期間限定メニューなどを載せてお客様にアピールするのもいいですね。

こまめに更新するほど定期的に閲覧してもらえるようになるため、できれば1週間に1回以上は更新するのがおすすめです。どれくらいの頻度でどのような内容を投稿するか、事前にある程度決めておくと、継続しやすくなるでしょう。

SNSを利用してこまめに情報をUPする|Twitter・Instagramなど

TwitterやInstagramなどのSNSを利用すると、ちょっとした情報やイベントの告知がしやすくなります。SNSは不特定多数の人に届きやすいため、興味や関心を持ってもらえれば新規のお客様の集客につながるでしょう。

こまめに情報をアップするほど、情報の拡散やサイト・ブログへの訪問、ひいては来店に繋がりやすくなります。定期的に、できれば毎日情報をUPするのが効果的です。

集客につながるサイトに登録する|ホットペッパービューティーなど

ネットサービスを利用するのもひとつの方法です。エステサロンの集客に効果的なサービスとして「ホットペッパービューティー」などが挙げられます。このようなサービスではエリアからお店を探してその場でネット予約できるため、新規のお客様でも抵抗なく予約がしやすいのです。

集客を増やすためにはエステサロンの存在を知ってもらうことが大事なので、ネットサービスも活用していきましょう。

チラシ・広告を作って宣伝する|ポスティング・広告掲載

チラシを配る、あるいは新聞やフリーペーパーに広告を載せて宣伝すると、近隣からの集客が期待できます。

サロン近くの住宅へポスティングをすれば地元の人にお店を知ってもらうことができますし、立地的にリピーターになりやすいというメリットがあります。駅などに置かれるようなフリーペーパーなら、近隣だけでなくさらに多くの人に見てもらえるでしょう。

地元で開催されるイベントに参加する|体験して知ってもらう

地元のイベントに出店してエステを体験してもらうのも有効です。本格的なエステではなく簡易的なものでもサービスの雰囲気を伝えることはできるので、お店に興味を持ってもらえれば新規のお客様が来店する可能性は十分にあります。

お店の存在を知ってもらうきっかけにもなるため、地元で開催されるイベントの予定をチェックしてみましょう。

また来て欲しい! リピートの予約を増やす方法

新規のお客様を獲得することも大切ですが、リピート客の存在も同じくらい重要です。お店の存在を知ってもらう新規客の集客方法とは違い、もう一度来てもらうことを目的とした集客をおこなわなくてはなりません。リピーターの予約を増やす方法について見ていきましょう。

お礼状・サンクスレターを出す

来店のあとにお礼状を出しましょう。お店のことを覚えてもらうきっかけになるだけでなく、お客様が自分のことを覚えてもらえたと感じて、さらに好感を持ってもらえるでしょう。正しいマナーで書かれたお礼状を送れば、サロンやエステティシャンへの信頼度が上がりやすくなります。

ダイレクトメールを送る

来訪の途絶えたお客様の掘り返しをおこなうために、ダイレクトメールを送る方法もあります。お客様が来訪しなくなった理由にはさまざまなものがありますが、忙しくて通うのを忘れていた場合はお店の存在を思い出してもらえます。

サービス券などをつけておくともう一度来店してもらいやすいので、内容にも工夫をしましょう。内容によってはがき、手紙、あるいはメールなどを使い分けるとさらに効果アップが期待できます。

集客の効果を上げるために大切な3つのこと

より効果を上げるためには「ターゲットを絞り込む」「サロンの強みを打ち出す」「競合調査をする」など3つの点も重要です。これらについて詳しくみてみましょう。

1. ターゲットを絞り込もう

集客をするうえで、ターゲットを絞ることがとても大切です。どのような人に来てほしいのかを明確にしないと、どんな集客をすればよいか判断できず集客方法がブレてしまうからです。

例えばターゲットがエステサロンの近くに住む主婦の場合は、ポスティングをして昼間に利用しやすいことを伝えると効果的です。社会人などをターゲットにするなら、電車に広告を打ち出す、あるいは夜遅くまで営業していることをアピールする必要があるでしょう。

ターゲットを絞り込むことで最適な集客方法・手段を選べるようになり、より効果がアップしやすくなります。

2. サロンの強みを打ち出そう

どのような悩みに対応できるのか、そのサロンだけの特徴や強みなどの有無を、お客様にわかりやすく前面に出すことも大切です。

エステサロンでよく利用されているメニューを並べているだけでは、お客様にアピールすることができません。得意な施術やサービス内容・他のサロンにはないメニューなど、独自の強みを打ち出して魅力を感じてもらいましょう。

例えば、体のどの部位のエステをメイン・得意としているか、施術を受けることでどのような効果やメリットが得られるのか、他店では使っていない材料や機器があるか、立地や環境は快適か、などお店独自のアピールポイントはたくさんあるはずです。このようなポイントを考えてみると、サロンの強みが見えてくるでしょう。

3. 競合調査をしよう

周りのエステサロンはどんなコンセプトで経営しているのかを調査すると、集客の効果を上げることができます。他のお店と差別化を図ることができるため、強みを打ち出すのと同様に自社のエステサロンに魅力を感じてもらえるのです。

周りのエステサロンのことを知るために、実際にサービスを受けてみるのもひとつの手です。サービス内容やお店の雰囲気を知れば、差別化を図りやすくなります。ホームページやチラシのチェックも有効でしょう。

しっかりと調査をすることで、競合にはないサービスや独自のメニューなどを提供できるようになり、より集客効果が高まるでしょう。

開業しただけではお客様はやってこない!

サロンを開業したからといって、自然にお客様が来店するわけではありません。

新規客を呼び込むためには、まずお店を知ってもらう必要があるため、ホームページの作成や集客できるサイトへの登録が有効です。リピート客の予約を増やすためには、お礼状を出したりダイレクトメールを送ったりするとよいでしょう。

集客の効果を上げるためには、ターゲットを絞り込んで集客し、サロンの強みをお客様にわかりやすく伝えましょう。競合他店を調査して他店がおこなっていないサービスを提供するのも有効です。

サロンの状況に合う集客方法を選んで実行してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事