美容業界の応援メディア
コラム・特集 2017-09-26

美容師が「面貸し」で働く場合のチェックポイント

「面貸し」とは、サロンオーナーにセット面を借りてフリーランスで働くことです。サロンオーナーと雇用関係にあるのではなく、個人事業主となり、セット面を借りる代わりに、場所代(家賃)を払います。ひとつのサロンの従業員として雇われて働くのではなく、独立して自分自身の店を持つのでもない、「面貸し」という働き方には、いったいどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。「面貸し」で働くために必要な準備や、注意すべきポイントについても考えてみましょう。

自由度が高い、「面貸し」で働くメリットとは?

「面貸し」で働く一番のメリットは、自分のペースで働けることです。美容師として働くにあたっての不満として多く聞かれることに、「労働時間が長い」という点があります。オープン前からお店のオープン準備やミーティングを行い、閉店後に技術練習やテストをするなど、どうしても拘束時間は長くなりがちです。もちろん、アシスタントや若手スタイリスト時代は1日も早く技術を身に付け、高い技術をお客様に提供していかなければならず、そのための訓練をしていくことを避けては通れません。

ただ、スタイリストとして経験を積んだあとも、先輩として下のスタッフたちの技術をチェックし、指導していくことに時間を割かなければならないのが一般的です。サロンの一員としてチームで働いていくためには、自分の技術のことだけ考えておけばよいのでなく、お店全体としてうまく回るよう動いていくことが求められます。その一環として、後輩の技術が向上するよう育成することも、先輩スタッフの重要な役割として期待されているのです。また、休みについても店休日やシフトによって限られてくるので、自分の思い通りにはならないものです。

一方で、「面貸し」ならば、1日に何時間働くのか、週に何日休むのかは本人の自由になります。マイペースに無理なく働ける点は、一番のメリットだといえるでしょう。長時間労働で体を壊してしまうなどの問題も、自分でコントロールできるのです。また、子育て中の美容師が復帰する際など、時間に制約がある人にも働きやすい勤務形態だといえます。

また、収入についてもメリットとなる場合があります。サロンの従業員として働いている場合、通常は給料制です。一部は売上に対する歩合を採用しているサロンもありますが、基本的には給料のシステムに則って支払われることになります。「面貸し」の場合は忙しければ忙しいほど自分の懐に入るお金も増えていきます。自身の売上が上がれば上がるほどもらえるお金も青天井で増えていくとなれば、モチベーションも上がっていくでしょう。

すべて自己責任、「面貸し」で働くデメリットとは?

「スケジュールも自由で、売上を上げれば入ってくる収入が増える」となるといいことづくしの話のようですが、必ずしもメリットばかりではありません。自由ということは、それだけ責任も伴います。スケジュールが自分で決められるからといって休みが多くなると、当然収入は減る一方です。自分で自分の生活スタイルをきちんと決められないタイプの人には、続けられないでしょう。

また、従業員として働いているのであれば、会社が税金や社会保険料の天引きを行った上で給料を支払ってくれている場合がほとんどですが、「個人事業主」となる「面貸し」の場合は違います。自分で確定申告を行い、適切に税金を収めなければなりません。「売上」から「オーナーに支払う金額」を除いた金額が、すべて自由になるお金ではないのです。所得税、住民税、国民健康保険、国民年金などを、その中から支払っていかなければいけないので、かなり計画的に準備することが大事になります。

確定申告のやり方についてはゼロから勉強して自分でやらなければなりませんし、税理士など専門家に代行を頼むとなると、それなりに費用がかかります。もちろん確定申告を怠れば脱税することになってしまいます。雇用保険や労災保険にも入れないため、何かあったときの保障は自分で考えておく必要があります。

さらに、サロンワークの中でお客様とトラブルになった場合も、自分で対応しなければいけなくなります。たとえば、「カラーの色持ちが悪い」「パーマ液で頭皮トラブルが起きた」など、自身が行った施術に対する問い合わせやトラブルの対応は、自分で解決しなければいけないのです。場合によっては返金したり、施術をやり直したりといったことになり、時間もお金も余計なコストがかかってしまいます。このように、経済面の安定から仕事の中身に至るまで、サロンの従業員として働くよりも、はるかに自己責任の部分が多くなります。

「面貸し」で働く前に、準備しておきたいことは?

「面貸し」として働くからには自分自身についてくれている一定の顧客がいなければ、売上は予測しにくくなります。自分の技術に高い価値を見出し、ついてきてくれるお客様がいなければ、商売として成り立ちません。サロンの従業員として雇われて働いている段階から、技術力を磨くための努力をしておくことが重要です。店全体の雰囲気やサービスではなく「自分自身のファンを作ること」が、「面貸し」の美容師として成功するための近道だといえるでしょう。

実際に「面貸し」として働きはじめてからも、継続的に集客していくにはどうすればいいのかを考えておかなければなりません。たとえば、ブログやSNSなど、自分自身の技術や実績をアピールするコンテンツを持つこともひとつのアイデアです。ファンを地道に増やしていければ、新規客や紹介なども含め、集客は安定します。そのための種まきとなる方法を考えておきましょう。

また、「面貸し」の場合は、シャンプーからスタイリングまですべてをひとりで担当することになります。今までアシスタント任せだったシャンプーやマッサージも、自分で行ないます。カット、カラー、パーマだけでなくすべての技術、接客も含めたサービスをまんべんなく向上させておくことが必要なのです。苦手分野や不安要素がある場合は、徹底的に準備して自信が持てる状態にしておきましょう。

「面貸し」は個人事業主なので、管轄の税務署に開業届を出します。その際、「白色申告」で行うか「青色申告」で行うかなど、確定申告の基本的なやり方についても学んでおきましょう。税務署では、開業に際しての税務相談に乗ってくれることもありますので、問い合せてみましょう。

「面貸し」で働く際に、注意すべきポイントとは?

実際に「面貸し」として働くサロンについては、オーナーに支払う金額やシステムがどうなっているかをきちんと調べておく必要があります。日数や時間によって「家賃」として払うパターンもありますし、売上の何割かを支払うパターンもあります。後者の場合は、売上によってオーナーに入ってくるお金も変わってくることになるため、サロン側で広告費をかけて集客してくれることもあります。したがって、「面貸し」といっても完全なフリーではなく、「業務委託」としてある程度の勤務時間が決められていることもあるのです。「面貸し」の定義や解釈は幅広く、自分が思い描いていたものとサロンの仕組みが異なっていることもあります。希望にあったスタイルのサロンを探すためには、色々なサロンのシステムをよく調べ、理解しておきましょう。

また、サロンの場所も重要です。たとえば「通勤時間を短縮しよう」と思って自宅の近くのサロンを選んだとしても、今まで働いていたサロンと全くかけ離れた場所だったとしたら、既存のお客様を逃してしまうこともあります。いくら自由がきくとはいえ、すべてにおいて自分の都合ばかり優先するのではなく、お客様側に立った目線で考えなければいけないことは言うまでもありません。

「どんなお店がどんなシステムで運営しているのかを知りたい」「どんなお店が自分に合っているのかよくわからない」というときは、「リジョブ」を利用してみるのもおすすめです。全国各地の美容室の求人情報が検索でき、あらゆるサロンの制度を比較しながら検討することができます。自分に合ったサロンで、希望に合った働き方を見つけてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事