美容師は儲かる? サロン勤務・独立開業それぞれの年収は?

これから美容師を目指す人は、美容師が儲かるのか気になるでしょう。また、すでに美容師として働いていて今の給与に疑問がある人も、どうすれば儲かる美容師になれるのかを知りたいのではないでしょうか。

美容師がどのくらい稼げるかはサロン勤務か独立開業をするかで違ってきます。大きく稼げる可能性があるのは独立開業の方ですが、倒産のリスクもありますし、軌道に乗るまでにはかなりの苦労もあります。ここでは両者の年収の比較や独立した場合の収入・経費などをまとめます。

 

サロン勤務と独立開業の収入を比較

美容師の収入について一番大きい分かれ目は「サロン勤務か、独立開業か」という点です。サロン勤務での年収は美容師の経験やレベルによって変わります。アシスタントなら約120万円、スタイリストなら約250万円、店長・マネージャークラスで約320万~400万円とされています。地域によって差がありますが、全国的な平均値です。

一方の独立開業ですが、軌道に乗ったら「年収300万円以上」と言われています。これは「スタイリスト時代よりは上」ということですが、最低限そのくらいの年収を稼げないと軌道に乗ったとは言えないという意味で、この「年収300万円」が1つのボーダーラインになっていると考えられます。

両者の決定的な違いは独立開業の場合は「上限がない」ということです。店舗を徐々に増やしていって1つのグループと言えるような企業になったら、オーナーの年収は1,000万円や場合によっては数千万円ということもあるでしょう。そこまで稼げるオーナー美容師は少数派でしょうが、それでも可能性はゼロではありません。

もちろん独立したら収入は安定しません。毎月極端に変動しますし事業が行き詰まれば倒産のリスクもあります。その後の再就職も美容師以外の仕事では難しいでしょうから、一般のスタイリストよりも安い給与で再出発するケースが多くなります。

美容師が独立した場合にかかる店舗の経費

独立して自分のサロンを持つようになると経費がかかります。経費の割合のおおよその目安は、人件費が35%、家賃・光熱費が10%、美容材料費が10%、その他が25%、オーナーの取り分が20%とされています。

店舗によって大きく異なるのであくまで目安ですが、この割合だと「月の売上が150万円だったら30万円が自分の月収になる」ということです。月収30万円は自分のサロン経営が軌道に乗ったと言える1つのラインになりますが、そのためには月150万円の売上が必要だということです。

月150万円ということは仮に30日毎日営業したら「日商5万円」となります。実際には最低6日程度は休むはずなので、予備も考えて「日商6万円」が目安です。これだけの売上を出せれば独立して月収30万円、年収360万円を稼げるという計算になります。

また、スタッフを雇わずにすべて自分でやれば人件費をカットできます。人件費の35%が自分の報酬の20%に加わると55%です。この条件なら、月に60万円の売上を出せば月収30万円を超えます。

月60万円の売上なら休業日も考えて「大体毎日2万5,000円の売上を出せばいい」ということ。6,500円のお客様を4名呼べばいいということです。6,500円のサービスだと大体1人1時間半ですから、連続で入ったら6時間です。清掃や経営の時間も毎日4時間は必要として、毎日10時間1人で働けば月収30万円はある程度の確率で達成できます。

もちろん、これは毎日お客様が4人入るという前提なので、集客力が命になります。トリートメントも入れて1人6,500円という価格は個人経営の美容院の平均的な金額です。特別高くはないので、あとは「その個人サロンにあえて通いたくなる理由」があるかどうかに尽きます。

美容師が独立開業するために必要な準備は?

美容師が独立するための準備は、スキルの獲得はもちろん、資金の準備もある程度必要です。日本政策金融公庫などの金融機関から融資を受けることもできますが、融資の目安は「自己資金の2倍まで」となっています。1,000万円の融資を受けるには500万円の自己資金が必要ということです。

美容院の開業には平均で500万円は最低でもかかります。豪華な店舗を作ろうとしたら1,000万円必要になることもあるでしょう。立地が都市部の一等地などの場合さらにかかることもあります。

資金以外の準備では、ある程度パソコン操作・インターネットにも通じておく必要があります。自分の店舗を持つとホームページの管理はもちろん、売上の計算などでもエクセルを駆使しますし、新商品の案内をするためにワードやパワーポイントでチラシを作るなど多くのパソコン作業があります。

インターネットでの集客も、大手クーポンサイトに頼るだけでなく、自分でSNS・ブログなどを使ってできればさらに有利になります。このようなスキルもサロン勤務の時代から磨いていくといいでしょう。

インテリアのセンスも重要です。サロンの開業時はインテリア業者などに依頼して内装をとデザイン・施工してもらうことがほとんどですが、その後に店舗をおしゃれに飾るのはサロンのオーナーの仕事です。クリスマスやハロウィン・お正月などのイベントの飾りもありますし、インテリアの邪魔にならないようにうまく新メニューのPOPやポスターを貼るなどの点でもセンスが問われるでしょう。

今勤務しているエリアで開業する予定なら、固定のお客様をできるだけ確保することも重要です。自分が店舗をオープンしても付いてきてくれるようなお客様を多数確保することで、開業当初から経営を軌道に乗せることができます。サロンによっては独立や退職をする時にお客様に連絡先を教えてはいけないというルールもしばしば見られますが、「独立するので挨拶をする」というのは普通のことです。そして、その挨拶の時に新しい店舗名を言うのも、話の流れとして問題ありません。すでに店舗のホームページなどができていれば、それだけで固定ファンのお客様なら来てくれるでしょう。

経営の面・集客の面で準備しておくべきことは多数ありますが、やはり根本となるスタイリングの技術やコミュニケーション力を、サロン勤務時代にしっかり伸ばしておくことです。固定ファンのお客様を確保するのに必要なものも結局これらの実力ですし、独立した後の集客も「実力がないのに実力があるように見せる」より「実力がある美容師がそれをそのまま見せる」方が断然やりやすくなります。美容師として一番根本的な力をサロン勤務時代に高めておくようにしましょう。

美容師が独立する平均年齢は?

美容師が独立開業をする平均年齢は「28歳~30歳」とされています。間を取って「29歳」と言われることもあります。早い人なら25歳程度で独立することもあります。

独立のタイミングは年齢よりも「独立の準備がしっかりできたかどうか」が一番大事です。もうすぐ30歳だからなどの理由で焦る必要はありません。美容院に限らず、起業して5年以内に倒産する確率は85%と言われています。こうした統計は「取り方」によっても数値が変わるので議論も多くありますが、実際「たったの5年でも経営を続けるのは難しい」というのは事実です。東証に上場した数年後に倒産する企業もあるくらいです。美容院は「開業する」ことより「閉業しない」ことが大事なのです。独立を考えている人も年齢について焦るより、必要な準備を1つずつ完了させていくことを重視してください。

独立してオーナー美容師として稼ぐには入念な準備や経費の計算などが必要です。このような準備は、1人で想像するよりも実際にやって成功している人の近くで学ぶのが一番でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事