美容業界の応援メディア
コラム・特集 2018-04-21

毛穴すっきり・美人度アップ! 美白肌を目指す洗顔法

白くて透明感のある美しい素肌は、女性にとって憧れですよね。シミやソバカスのない美白を目指すために、毎日美白成分が入ったスキンケアシリーズを使っているという人も多いと思いますが、中にはあまりその効果が実感できないという人もいるのではないでしょうか。本当の美白肌を手に入れるためには美白のためのスキンケアより、実は毎日の洗顔が大切なポイントとなります。美白肌になるための洗顔法を実践して、キレイな肌へ導きましょう。

「美白肌」ってどんな肌?

洗顔法

そもそも「美白肌」とはどのような肌のことをいうのかご存じでしょうか?はただ単に「色の白い肌」ではなく、シミやソバカスがない、毛穴の黒ずみも目立っていない、潤いがある、キメが整っている、くすみがなく透明感がある、といった条件がそろっているお肌が「美白肌」と呼ぶのにふさわしいといえます。
こうして改めて「美白肌」に必要な条件を見てみると、簡単に目指せるものではないと思えてしまいますが、毎日の洗顔を見直すだけでも、ぐっと美白肌に近づくことができます。

シミができない美肌づくりは夜のダブル洗顔が基本!

シミができにくいお肌を目指すには、その日のメイクや汚れはその日のうちにきちんと落としきることです。ここで大切なのは、メイク汚れはクレンジングを使って綺麗に落とすことで、面倒だからと普通の洗顔だけで済ませてしまうのはよくありません。メイク落とし専用のクレンジングでなければ毛穴にメイク汚れが残ってしまい、その汚れが大量のメラニンを作りお肌のターンオーバーを弱めてしまい、シミを作る原因となってしまいます。
夜の洗顔では、まずクレンジングでしっかりとメイクを落とし、その後いつも使っている通常の洗顔料で洗う「ダブル洗顔」がシミができることを防ぐ美肌作りの基本となります。

洗顔の5つのポイントをおさえて白く美しい素肌へ

洗顔法

シミやソバカス、毛穴に黒ずみのない透き通るような美白肌を目指すには、正しい洗顔法で洗うことが大切です。本来の素肌は肌の生まれ変わり周期「ターンオーバー」によって古い角質が自然と剥がれ落ちますが、このターンオーバーを邪魔する元になる毛穴の汚れが蓄積されると、古い角質がお肌に残ったままになり、くすみの原因となってしまいます。
古い角質が残ったままになっていると乾燥肌になりやすく、キメの乱れも招いてしまいますので、洗顔の時に意識してもらいたい5つのポイントをしっかりと抑えて、白く美しい素肌を手に入れましょう。

1 洗顔の前にまず手を清潔にしておく

手には想像以上に様々な雑菌がついていますので、洗顔の前には石鹸やハンドソープなどで手を清潔な状態にしておきます。泥や油などの汚れがついたままの手でいきなり洗顔する人はいないと思いますが、目には見えない雑菌には気付くことができないので、まずは手を洗ってから洗顔を始めます。

2 洗顔料はよく泡立ててから使う

顔をぬるま湯で軽く素洗いしたら洗顔料を使って洗いますが、この時しっかりと泡立ててから使うようにしないと、肌への摩擦が大きくなってしまい負担をかけてしまうことになります。毛穴を広げてしまったりお肌のキメを荒らしてしまったり、汚れ落ちも悪くなってしまうため古い角質を落としきることができなくなってしまいます。

手のひらに適量の洗顔料を乗せたら水やぬるま湯を少し混ぜ、指で丁寧に泡立てて手のひらを下に向けても泡が落ちない程度にまでしっかりとした泡を作ります。指でしっかり泡立てるのは意外と難しいものなので、洗顔用の泡立てネットを使えば素早く楽にモコモコの泡を作ることができます。

3 38度前後のお湯で30回以上すすぐ

洗顔料をよく泡立てることができたら皮脂の多いTゾーンに泡をのせて、くるくると泡で優しく洗っていきます。いきなり顔全体に泡をのせてしまうと、皮脂の少ない部分に必要な潤いを奪ってしまうことになり乾燥肌になってしまいます。頬や顎などはTゾーンを洗ってから泡をのせ、30秒から1分以内で顔全体を洗うようにします。そして38℃前後のお湯で30回以上、お肌に洗顔料が残らないように丁寧にすすぎます。

4 顔を拭くときは柔らかいタオルでポンポンと拭き取る

すすぎ終わったらタオルで顔を拭きますが、この時にもお肌に負担がかからないように注意が必要です。顔を拭くタオルはできるだけ柔らかいものを選び、ゴシゴシこすって拭くのではなく、タオルでポンポンとやさしく押さえるようにして水分を拭き取ります。

5 洗顔後すぐに化粧水をつけ3分以内に保湿

タオルで優しく拭き終わって洗顔が終了したら、できるだけすぐに、化粧水をつけるようにします。このとき美白効果の高い化粧水を使うと、より美白肌に近づくことができます。洗顔後のお肌は、皮脂や水分が失われている状態ですので化粧水でお肌の水分を補い、3分以内に保湿まで完了することが理想的といわれています。そうすることで、毛穴の開きや汚れが入るのを防ぎ、乾燥から肌を守ることができます。

美肌の秘訣である「正しい洗顔方法」を極めて、自分本来の美しい素肌を目指しましょう。

文/sapuri

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事