エステティシャンになるとネイルできないって本当?知っておくべきネイルマナーとは

エステティシャンは、お客様の肌のためだけではなく、体調はもちろん生き方に至るまでデザインしていく、いわばホームドクターのような役割を担う仕事です。

ですから、ネイルは原則としてできません。エステティシャンはお客様の顔や身体に直接触れる仕事ですから、爪はいつも短く、しかも角がとがっていないようにしなければいけません。

毎朝爪のチェックをしているサロンもあります。爪の白いところが見えないくらいの長さに、2~3日に1回は爪を整えます。

顔のお手入れをするエステティシャンは、爪に気を遣うだけではなく手もなめらかに保たなければいけません。お客様の顔に、荒れてガサガサの手で触れるわけにはいかないですよね。

こまめにハンドクリームで保湿しオイルマッサージで血行をよくするなど、自分の手にも気を抜いてはいけません。

エステティシャンにとっては、手が財産であり素晴らしい仕事をしてくれる資本です。お客様とエステティシャンをつなぐ大切な箇所として、手やネイルのことをきちんと考えてあげましょう。

エステティシャンに求められる身だしなみ 清潔感を大切に

エステティシャンには「清潔感」だけではなく本当に「清潔」であることが求められます。

服装、髪型、メイクなど、すべて一番大切なことは清潔さです。少しでも汚れのある服装、だらしない髪型、濃いメイクなどは、サロンにいらっしゃるお客様にすぐ気づかれ、失望させてしまいます。

さらに手と指を使う仕事ですから、爪はもっとも清潔でなければいけない箇所ということになります。

エステティシャンはネイルできない?

女性のおしゃれな身だしなみのひとつとしてすっかり定着したネイルですが、エステサロンでは原則禁止しているところがほとんどです。

爪を清潔に保つということは、短く切って爪の間に汚れが入らないようにいつも手を洗っておくということです。

もし、爪の長さは短くてもネイルアートやジェルネイルの突起物はもちろんのこと、カラーもはがれたらたいへん不潔ですね。

フェイシャルやボディエステは原則NG!

お客様の肌に直接素手で触れるフェイシャルやボディエステをする人は、ネイルはしてはいけません。

白衣やエプロンのようなデザインのユニフォームを着用したエステティシャンは、お客様からは医療関係者のように見えています。

医療行為ではないにせよ、ばっちりネイルをした人に直接肌に触れられ、肌が変わるための施術を受けることは決して好まれないのです。

お客様の肌に触れることを第一に考える

エステティシャンとして働きたいと考えているなら、とりあえずネイルをすることはあきらめましょう。

お客さまを美しくするサポートをしたい、でもネイルをやりたいというのなら、ネイリストになってはいかがでしょう。

もっともネイリストでも、自分があまりにも長い爪をしていたり、お客様に施術をするときにじゃまになるような爪ではいけませんし、手のお手入れをきちんとしなければならないことは同じです。

いずれにしても、自分がお客様だったらと考えて、直接触れられたいと思う爪や手でいることが一番です。

エステティシャンに欠かせないハンドケア

エステティシャンは、素手の指先でお客様の肌に触れることが多いのですが、冬場であってもガサガサに荒れた指先でいるわけにはいきません。

そこで多くのエステティシャンは、こまめにハンドケアをしていつもすべすべな指先をキープしています。

ハンドクリームで保湿ケアを

乾燥してガサガサの手や指先でお客様に触れることは、エステティシャンとしての自覚に欠けていると言わざるを得ません。

プロのエステティシャンならいつもハンドクリームをたっぷり使って保湿ケアを心がけ、うるおいのある手のひらや指先を維持しています。

爪は短く切り揃えてヤスリがけを

これは常識的な爪のお手入れになりますが、爪の白い部分がぎりぎり見えないくらい短く切り、切った部分や両はじが角を作らないようにていねいにやすりをかけて丸くしましょう。

それから爪専用のクリームなどを塗って保湿を怠らないようにします。

爪は、週2回は切りますが、必ず夜のうちに切りましょう。切りたてはやすりをかけてもなじまず、触れたときに固く感じます。

角質ケアも忘れずに

多くのエステティシャンは、手に「やすり」を使った角質のケアも実践しています。

手のひらだけでなく指先にも専用のやすりをかけて、角質が溜まらないように除去している人もいます。

かかとや首筋の角質を取るクリームを手にも使って、お風呂でこすり取るケアもありますね。

手や指に少しでも、お客様が顔に触れられたとき不愉快な気持ちになる感触があってはならないのです。

やっぱりネイルはしたい… ネイルOKのサロンはある?

それでもエステティシャンになりたいけれど、ネイルもしたいという人もいるでしょう。

ネイルOKのサロンにはどんなところがあるのか、探してみましょう。

ネイルOKのサロンはどれくらいある?

「ネイルOK」と条件を入れてエステサロンを検索すると、全国で100件以上出てきます。ただしほとんどはネイリストの募集の場合です。

フェイシャルやボディのエステ部門では、ネイルカラーはほぼNG、または派手でないもの、そして爪は短くするように言われるでしょう。

脱毛サロンなら見つけやすいかも

脱毛サロンは、素手でお客様の肌にしっかり触れて何かをするというよりも、ほとんどが器具を使って施術します。

お客様の肌の中にまでその場で刺激を与えるという意味ではより医療行為に近く、ジェルなどを塗布するときも、一層清潔であることが求められるため、手袋を着用するのが一般的です。

手袋で脱毛する患部に触れたり、肌を押さえながら施術したりすることになります。

もちろん爪を短く切ることは必要不可欠ですが、色には寛大なところが多く、あまり奇抜な色やデザインでなければOKのサロンを探すこともできるでしょう。

ネイルOKサロンでも気をつけたいポイントは?

ネイルOKのサロンでも、何度も言いますが爪は短く切りそろえること、奇抜なアートネイルは控えることに注意しましょう。

もうひとつ、もし自社で出しているネイルカラーがあれば、もちろんそれを使いましょう。上品にきれいにつけていれば自社製品の宣伝になります。

そしてできるだけシンプルで目立たない色やデザインのもの、たとえばベージュ系や薄いピンクなど控えめなものにしましょう。

少しでも欠けたりはげたりしていることがないように、毎日何回もチェックしてきれいでいることを心がけましょう!

長さ お客様の肌を傷つけない長さに

爪が長いと、お客様の肌を傷つける可能性がありますし、細かい作業にも不適切でしょう。

いつも長くしてきた人にとっては物足りない気持ちになるのもわかりますが、エステティシャンになるのだったら、少し伸びると気持ちが悪いと感じるくらい、短い爪に慣れましょう。

色やデザイン 奇抜なものは避ける

奇抜なアートネイルは不潔なイメージを与えてしまいますからNGです。では具体的に、エステティシャンにおすすめのネイルのやり方をご紹介しましょう。

たとえば短い爪でもジェルネイルを塗ることはできます。あまりごてごてしないように、シンプルなデザインにしましょう。

それからショートネイルに合うのは、ビビッドなカラーでの単色塗りです。爪が長いと派手過ぎてしまう色でも、短い爪なら落ち着いた印象になります。

5本とも違う色に染めてカラフルにするのもおしゃれです。スモーキーカラーなど落ち着いた色から5色を選ぶようにしましょう。

中でも、ベージュ系は肌なじみが良く、指先をスマートに見せることができます。逆にパステルカラーは肌なじみが悪く、指先をすっきりとした印象にできません。

清潔感をアピールできるクリーム系は、目立ちにくいにもかかわらず指先をきれいにみせてくれるところがポイントです。

ネイルNGのエステティシャンもファッションリーダーとしてのおしゃれを!

いかがでしょうか。エステティシャンは基本的にネイルはNGということだけはしっかり覚えておきましょう。

そのうえで、派手でなければOK、常識的な範囲ならOKなどのサロンもあることを知って、あくまでもお店のコンセプトに合わせた中でネイルのおしゃれを楽しみましょう。

エステティシャンは美のファッションリーダーでもありますから、もちろんおしゃれ心は悪いものではありません。

自分がきちんと美しくしていることと、お客様に気持ち良くなっていただくことのバランスをしっかりとって、いつもお客様の目線に立ってどうあるべきかを考えて行動することが一番大切です。

ぜひ自分に合ったサロンを見つけてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事