17_01

エステティシャンのぶっちゃけ本音を教えます!業務中のトラブルやクレームの対処法とは

女子に人気の職業といえば、エステティシャンですよね。エステティシャンの人って笑顔が素敵でキレイな人が多くて女子の憧れの職業だと思います。

そして、人をキレイにするお仕事なのでたくさんのお客様から「こんなにキレイにしてくれてありがとう。」「あなたが担当でよかった。」と感謝されます。とってもやりがいのあるお仕事です。

逆に、エステ業界の内情は厳しいノルマがあったり給料が安いなんて噂も耳にします・・・。

エステティシャンってどんなお仕事内容なの?お客様からクレームや嫌な面はどんなものがあるの?この記事では、そんなエステ業界のお仕事の実情についてとことんお教えします!

エステティシャンはどういった職業か

エステティシャンの髪型

肌のお手入れや細身施術、脱毛など全身をキレイにする仕事をする人のことをエステティシャンといいます。

エステティシャンが行う業務

ほとんどのサロンでは施術以外にもいくつか業務があります。
大きく4つあります。①カウンセリング②施術③サロンワーク④集客です。

カウンセリング

まず、お客様の悩みや体調などを聞きます。金属アレルギーや妊娠など事前に確認しなければトラブルが起きるので大切なお仕事です。

施術

カウンセリングを基に施術をしていきます。エステのメニューはサロンごとに異なります。1人のお客様でだいたい1時間から2時間半くらいかかります。

フェイシャルエステティック

首から上の施術のことです。乾燥・しわ・たるみ・小顔など目的ごとにいろんなメニューがあります。フェイシャルもオールハンドや美顔器を使った施術などがあります。

ボディエステティック

フェイシャルに対して身体全身をケアするトリートメントです。ダイエット目的の引き締めメニューなどがあります。

脱毛

女性の当たり前のエチケットとして、人気の脱毛。脱毛のみの専門サロンもたくさんあります。光レーザーのタイプやブラジリアンワックスを使ったはがすタイプの施術があります。

サロンワーク

サロンでは接客意外に、お会計や施術で使う材料を注文したり、掃除などの仕事もあります。

集客

たくさんのお客様に何度も来てもらうために、チラシを配ったり、サンキューレターを書いたり、口コミの返事やブログを書いたりします。サロンのファンを増やすためのお仕事です。

エステティシャンが明かした仕事の実情

エステティシャンの髪型

一番気になるのはエステティシャンになったらどんな苦労があるかですよね。現場のエステティシャンから本音のところを聞いてみました。

給料面での本音

お仕事はお金をもらうためにするもの。給料は重要ですね。実際どれくらいもらえるでしょうか。

厳しいノルマ ノルマがあるかはサロン次第

最近では、ノルマなしを宣言しているサロンも多いですが、ノルマがあるサロンもあります。ノルマがあるサロンは逆に、売上のいいスタッフはボーナスがもらえるところも多いです。技術に自信があればノルマのあるサロンの方がたくさんお給料がもらえます。

低い給料 平均月収18万円

エステティシャンは未経験のアルバイトからスタートできるサロンも多く、給料は他の業界よりも安いです。正社員や資格を取ることで給料のアップを目指せます。

労働環境での本音

仕事が終わった後、プライベートに使える時間があるのかも気になりますよね。

サービス残業

エステは施術途中にお客様を置いたまま帰ることはできません。お客様が施術に遅れてきたり、メニューを追加したりすると残業になることもあります。

定時に帰れることが少ない

エステティシャンは技術職なので、仕事の後や休みの日を使って研修や練習会を行うサロンもあります。仕事が終わっても勉強のために帰れない事があります。

お客様に関する本音

お客様ってどんな人がくるのでしょうか?

理不尽なクレーム

事前に施術内容など詳しく説明していても、「施術内容が思ったものと違った」、「そんな説明聞いていない」と理不尽なクレームを言われることもあります。そういった事が起きないようにサロンでは事前に説明に対して同意書などに署名をもらうところが多くなっています。

無断キャンセル

ネット予約が簡単にできるようになった分、無断でキャンセルする人もいます。

無断遅刻

電車の遅延、仕事の残業、道に迷ったなどで遅れるとわかっていても10分くらいならいいやと、連絡しないお客様はけっこう多いです。

人間関係に関する本音

仕事は人間関係が嫌になると続かないので本音が気になるところです。

女性が多いため理不尽なことが多い

サロンのほとんどが女性スタッフのみです。やはり、同姓ばかりだと男性もいる職場よりももめることは多くなりますよね。しかし、スタッフは同性だからこそ相談しやすい部分もあります。

先輩や上司にお客様をとられてしまう

お客様は指名で施術スタッフを選ぶことができるので、ベテランスタッフと新人スタッフの施術を比べられたらベテランに指名が変わってしまうことはあります。お客様を逃さないためには、技術以外にお客様から指名してもらえるように接客や接遇など頑張らないといけない部分があります。

派閥が出来るため対応が面倒

最近はサロンの中で派閥があるという話は聞きません。エステ業界は平均年齢が低く、年が近い人と楽しく働けます。

お客様に言われることが多いクレーム

エステティシャンの髪型

具体的に仕事中に起きたクレームを聞いてみました。

施術中に関するクレーム

「目・鼻・耳などにちょっと化粧品が入った。」、「ゆっくりしたいのにずっと話しかけられて疲れた。」、「部屋の外のスタッフのおしゃべりが聞こえてリラックスできなかった。」などのクレームがあります。

施術側からしたら「ちょっとくらいいいじゃん。」って言いたいこともありますが、エステに来ている人はキレイになるだけでなく、癒しを求めている人が多いんです。

なので、些細なことでもクレームになる可能性があります。しかも、お客様によっても求める接客態度も異なります。

日ごろのグチを聞いてほしい人、無になってボーっとしたい人など本当にさまざまです。
お客様の性格を見極める技術も必要ですね。

施術中・後の痛み

基本的に施術の力加減はお客様に「痛くないですか?大丈夫ですか?」と、聞きながら行うので痛みを訴えられることはそんなにありません。

事前のカウンセリングで少し痛みがある施術だと説明も行うので心構えをしてからお客様も施術されます。「思ったよりも(痛くなくて)平気でした。」と言われる方が多い気がします。

しかし残念ですが、施術自体が合わない人もたまにいらっしゃいます。始めからクレームだと思って聞くのではなく、お客様のお話をちゃんと聞くことで施術が合わなかった原因がわかり納得いただけることもあります。

施術後のトラブル

施術の時間がかかりすぎてトラブルになることもあります。新人スタッフだと丁寧な施術に集中しすぎて時間が過ぎてしまうことも。

エステしてキレイになってからデートなど予定を入れているお客様も多いです。施術中はお客様は時計を見られないのでスタッフが気にしなければいけません。せっかく施術が良くても予定に遅刻したら悪い印象が残ってしまいます。

エステティシャンは、丁寧さとテキパキとした施術のバランスが重要になってきます。

施術の際にお客様によく聞かれること

エステティシャンの髪型

常連さんになってくると、会話も弾み、お客様からの質問もついつい深い話になってきます。

給料に関すること

人はお金の話は大好きですよね。「ここ(サロン)って給料いくらなの?」って気軽に聞いてくる人もいます。世間話だと思ってつい話してしまうと逆に、「そんなにそんなに給料もらってるんだったら料金安くできるだろ!」っとクレームにつながる場合も。

プライベートに関すること

1つプライベートな情報を教えてしまうと、最終的にけっこう細かくプライベートを聞かれてしまうことになってしまうことも。

「年齢は?」「家はどこ?」「彼氏はいるの?」「結婚の予定は?」「子供はいるの?」「休みの日はどこに行くの?」プライベートを公開していくうちに共通の知り合いが見つかってしまうと逆に気まずくなってしまいます。

人間関係に関すること

スタッフ同士の会話を横耳で聞いて「仲が悪いの?」などと人間関係を聞いてくる人もいます。一番聞かれたくない話しかもしれませんね。

お客様には適当に濁すことが大切

エステティシャンの髪型

お客様のお話にしっかりと耳を傾けることは大切ですが、施術と直接関係ない質問に関しては、正直に答える必要は全くありません。スタッフにもプライバシーがあります。業務以外の質問に関しては笑顔で濁して問題ありません。

接客スキルの高いスタッフほどプライベートな話をせずに接客しています。そういう先輩のマネをするといいと思います。

しかし、質問に答えなくてもいいですが気をつけなくてはいけないのはお客様に対する「言い方」です。「そんなこと話す必要ないですよね?」「言いたくないんですけど。」いくら腹が立ったからと言って仕事中なのでそんな言い方だけはしないように気をつけなければいけません。

給料などを聞かれても具体額を教えない

お給料の話をされても、具体的な金額を伝えず、「まだまだ頑張らないといけないですね。」とか「おかげさまでみな様が通ってくださるんで助かっています。サロンを続けることができています。」など金額ではない話をすれば大丈夫です。

プライベートな情報はあまり出さないようにする

個人情報をあまり話すと、少しインターネットで探すとフェイスブックやインスタなども見つかってしまう時代です。踏み込んでほしくないプライベートな部分をいろいろ干渉されるようになったら困ります。

具体的な家の場所や家族の話ではなく、好きな歌手や好きなスポーツなどそういった話で盛り上がるようにしましょう。

エステティシャンの職場環境は良くなっています

最近では、エステに通う人が増えています。お客様の数が増えたことから以前より給料や職場環境は改善されて働きやすくなっています。

他の業界よりも若い人でも活躍できるお仕事なのでやりがいもあります。今の時代は口コミから広がる評判の影響が大きいのでどこのサロンもクレームが起こったらすぐに対策を取っています。

クレームの対応や説明用の資料などがちゃんと準備されているので、新しくエステティシャンを目指す人もそれほど心配する必要はありません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

17_01

この記事をシェアする