ネイリストが仕事をするときに注意をするのが髪型 注意すべき事項とアレンジ法についてお伝えします

仕事をしていく上で身だしなみを整えることはとても大切なことであり、最低限のマナー、そしてエチケットです。

身だしなみは、相手に対して仕事への誠意や熱意を示したり、好感を持ってもらうためのもので、接客業であれば、なおさら気を付けなければなりません。髪型も、その身だしなみの1つです。

ネイリストはお客様と間近で接する接客業なので、清潔感はとても大切です。爪を美しくしてくれるネイリストの身だしなみが悪いとお客様に不快感を与えてしまうかもしれません。

そのようなことにならないよう、今回、接客業であるネイリストの髪型について、チェックポイントや、

仕事中の好感が持たれるまとめ髪、アレンジ方法などご紹介したいと思います。

仕事に行く前に確認すること

お客様に気持ち良く不快な思いをさせずに施術を楽しんでもらうために、ネイリストは清潔感を大切にしなければなりません。お客様の前に出る前に確認しておきたい身だしなみのポイントがいくつかあります。その身だしなみの1つである髪型について見ていきましょう。

寝ぐせ

寝ておきたそのままの寝ぐせがついた髪では、お客様に不快感を与えてしまいます。仕事上の身だしなみで一番気にするところは「寝ぐせ」という意見が一番多いという調査結果もあるほど、人は寝ぐせを気にするのです。まずは、寝ぐせがないということが基本中の基本です。

長い髪はまとめて清潔感を出す

ネイルをしている時に、髪の毛に触れたりするのは、不衛生なイメージですし、集中力も変わってきてしまうので長い髪の方は耳の横に髪の毛が下りてこないよう束ねるのがベストです。

前髪も長ければ、落ちてこないようにピンなどで押さえてしまう方が衛生的で清潔感が高いですね。

髪の毛にフケはついていないか

肩にフケが落ちているといった状態は周囲やお客様に不快な印象を与えてしまいます。毎日しっかりと洗髪をしてヘアケアも怠らないよう、定期的にトリートメントなどをして手入れが行き届いているという清潔感の印象を与えることを心がけましょう。

仕事をするときに髪型で注意すること

batch_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-09-22-15-41-41-min

仕事先で髪型についての決まりごとのある場合があります。髪色については、明るめの髪色が禁止されている場合があったり、パーマについては、クルクルのパーマを禁止している場合もあったりするので、第一印象で不快感を与えない髪型にするよう気を付けましょう。

髪型は清潔感があるかどうか

清潔感のある髪型のポイントは「ツヤ」「ハリ」「コシ」のある髪型で、プラス「派手過ぎないカラー」にすることです。ショートヘアにしてもミディアムヘアにしても、ロングヘアであっても、日頃のお手入れを欠かさずすることで清潔感が保たれるようになります。

動いたときに髪の毛が落ちてこないか

ネイリストは正面を向いてお客様と会話をし、手元に頭を下げて施術をし、横や後ろを向いてネイルの道具を取ったりするので、髪がよく揺れる状態にあります。そのたびに髪が落ちてくるのは邪魔に感じますし、気が散りますよね。そんなことにならないよう気配りすることが大切です。

お客様がみた時に不快にならない髪型か

ロングヘアの場合、基本的には、ひとつに結き、前髪が長い人は、落ちてこないようにピンで留めましょう。また、耳の横は、髪の毛をおろさないようにすることがポイントです。とてもシンプルなことですが大切なポイントです。

仕事中でもできる清潔感があるオシャレな髪型

仕事中でもオシャレな髪型したいですよね。ヘアアレンジは無数に存在するので、清楚感のあふれるまとめ髪も色々あります。ここでは、仕事前の忙しい朝でも簡単にできちゃうヘアアレンジをご紹介します。

ロングでの仕事で出来るオシャレな髪型

小ワザの効いたシンプルひとつ結びで大人可愛らしくまとめます。トップはふわっと、サイドはタイトな楕円シルエットでオシャレなまとめ髪が完成します。

★STEP1.髪全体をセンターで分けて全体を一つ結びにします。トップの髪を指で引き出し、ふんわりと仕上げます。

★STEP2.縦の高さを出したら横はタイトに、サイドの表面の髪をねじりながら押さえてピンで留めます。

★STEP3.うぶ毛のような生え際のくせを生かすため、指にワックスをつけて毛束をこするようになじませます。

コチラで画像が確認できますよ。

https://www.biteki.com/hair/hair-arrange/275549

ショートでの仕事で出来るオシャレな髪型

前髪で作るカチューシャヘアです。前髪を編み込むことでフロントはスッキリし、編み込んだ部分がカチューシャになるので、とっても清潔感のあるオシャレなまとめ髪になります。

★STEP1.6:4くらいの比率で前髪を半分に分けます。

★STEP2.片方の髪を耳の後ろまで編み込みしていきます。編み込みをしながら、耳の後ろにいくように移動させていくのがポイントです。編み込めたら、ピンで固定します。

★STEP3.もう片方も耳の後ろまで編み込みをしていき、ピンで固定します。

★STEP4.編み目をゆるくほぐしていきます。ゆるくほぐすことによって、こなれ感がアップします。

★STEP5.最後に、お気に入りのピアスやヘアアクセサリーをつけて、完成です。

コチラで画像が確認できますよ。

https://www.cchan.tv/watch/f65f77063fe54c9f9abde449e3d0b71f/

ミディアムの仕事で出来るオシャレな髪型

中途半端なミディアム長さの髪をキッチリしたシニオンにまとめることで、キリっとしたまとめ髪が仕上がります。

★STEP1.髪全体をヘアアイロンでランダム巻きに。後ろ髪はトップ部分の毛を斜めに取りブロッキング。それ以外の毛をまとめて襟足辺りで毛先を抜かずにゴムで留めます。

★STEP2.毛先の毛を結び目に巻きつけてゴムで固定。さらにブロッキングしておいた毛を巻きつけてゴムで留めてシニヨンにします。

コチラで画像が確認できますよ。

https://www.biteki.com/hair/hair-arrange/262593

オシャレな髪型を作る前に下準備をするだけで髪型のクオリティが上がる

ヘアアレンジ前にしておいた方が良い必ず必要な下準備があります。下準備をすることでアレンジの近道=時短にもなります。ほんのひと手間が大切ですよね。

ブラッシングをする

美髪作りの基本中の基本がブラッシングです。適切なブラッシングがもたらしてくれる美髪効果は想像以上なのです。まとめ髪をする前にもブラッシングは必須です。毛先、根元の順でブラッシングしましょう。毛先からブラッシングすることで毛先の負担が軽減します。

ワックスを髪につける

ワックスを髪全体に馴染ませることで、まとまりが良くなります。手順としては、ワックスを手に取り指先までワックスが伸びるようになじませてから、毛先から根本に向かってなじませていき手ぐしを通して髪を整えます。

いつもの髪型に少しアレンジを加えることでオシャレで仕事用の髪型に出来ます

ショートヘア、ミディアムヘア、ロングヘア、どの長さでも、三つ編み、シニオン、ツイストなどチョットの工夫をすることでオシャレで清潔感のある髪型が完成します。

また三つ編みなどはきっちりとしたまとめ髪スタイルをエレガントにしてくれるアレンジ法ですよね。

仕上げにスプレーで固定することで後れ毛などの防止にも役立ちます。近くからスプレーをするとベタベタになったりするので髪から15~20cmほど離して、さっと軽くかけるようにするのがポイントです。

清潔感の基本の「前髪の長さが長過ぎないように」「耳の横に髪が落ちてこないように」に気を付けて好感度の持てるまとめ髪を作りましょう!

<まとめ>

オシャレを楽しみたいと思うのが女性です。そしてそれは女性としてとても大切なことなのです。ネイリストの仕事はお客様に美しさを提供する仕事なのですから、そこは重視したい点ですね。

まずはネイリスト自身が身だしなみをきちんと整えて、清潔感と女性らしさを兼ね備えた女性であることが大切です。清潔感を保ちつつ、流行りのヘアアレンジなども少しずつ取り入れて美意識を高めることを心がけましょう。

ヘアアレンジは無数にあるので清潔感があってオシャレ度も高い自分なりのアレンジを楽しむことも1つですよね。スキンケアと同様にヘアケアも怠らず、細かい身だしなみに気を配って施術に来たお客様に憧れられる存在の素敵なネイリストを目指しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事