ヘルスケア&介護・看護・リハビリ業界の応援メディア
特集・コラム 2021-07-20

デイサービスの誕生日カードを作りたい! 喜ばれるメッセージの書き方と例文を紹介

デイサービスを利用されている高齢者の方のお誕生日に、素敵な誕生日カードを贈ってみてはいかがでしょうか。ちょっとした工夫で、世界にひとつだけの素敵なカードになります。

心のこもったカードは、プレゼントを受けとった方もきっと喜んでくれるはずです。豪華なものでなくてかまいませんので、日頃の感謝の気持ちや長寿をお祝いする気持ちをこめましょう。ここでは、デイサービス利用者に喜ばれる誕生日カードの書き方と例文をご紹介します。

素敵な誕生日カードを作りたい! 作り方のポイントを解説

デイサービスを利用されている方の誕生日には、誕生日会をしてみなさんで一緒にお祝いしてあげたいですよね。誕生日をお祝いしてもらうのは、いくつになってもうれしいものです。

素敵な記念日には、心のこもった誕生日カードをプレゼントしましょう。ここでは、おすすめの誕生日カードの作り方をご紹介します。

スタッフの手作り|ポップアップカードやイラスト

最近は、パソコンでかんたんに素敵な誕生日カードを作ることができます。しかし、デイサービスを利用される高齢者の方々には、パソコンで作るよりも手作りのほうが喜ばれるようです。手作りとなると手間がかかってしまいますが、手作りだからこそ世界でひとつだけの素敵な誕生日カードを作ってあげることができます。

もちろん既製品の誕生日カードでもかまいませんが、せっかくならポップアップカードを作ったり、イラストを添えてみたりしてはいかがでしょうか。ポップアップカードなんてむずかしいと思われがちですが、インスタグラムやYouTubeなどで、かんたんに作れるポップアップカードが紹介されているので参考にしてみるとよいでしょう。

また、イラストが得意なら、お誕生日をお祝いする方の似顔絵などを描いてみるのもおすすめ。人物を描くのがむずかしいようなら、かんたんなお花、水玉やストライプなどの模様を描いてみるとよいでしょう。さらに、柄入りの和紙やマスキングテープなどを使ってカラフルに仕上げると見映えもよくなりますよ。

メッセージ|家族からのお祝いメッセージも一緒に

誕生日カードには、メッセージも添えてみましょう。とはいえ、長々とした長文を書く必要はありません。一言、二言でもお祝いする気持ちを込めたメッセージなら、相手に喜ばれるでしょう。

デイサービスの利用で親しくなったスタッフやほかの利用者の方々、さらにはお誕生日をお祝いする方のご家族からもメッセージを寄せてもらうのがおすすめです。みんなで誕生日をお祝いするという気持ちが相手の方に伝わるように、素敵なメッセージを添えましょう。

自分はこんなにもたくさんの人たちからお祝いされていると思えると、相手にとって誕生日がとても素敵な記念日になるはずです。

利用者さんの写真を貼る|スタッフと一緒・ポートレートのように

イラストを描くのが苦手という方には、ご本人の写真を使ったポートレートにするのがおすすめです。お祝いの主賓者を中心に、デイサービスの利用者のみなさんやスタッフたちと一緒に撮った写真、ご夫婦のツーショット写真などを使うのもよいでしょう。

また、写真を貼るだけではなく、カラフルなマスキングテープを使って彩り鮮やかにしたり、写真と一緒にメッセージを添えたり、数種類の写真をコラージュにするなどもおすすめ。プレゼントする方へお祝いの気持ちを込めて作ってみましょう。

写真を撮るときのコツは、撮られる方の笑顔です。むっとした表情では、せっかくのお祝いムードも台無しとなってしまいます。お誕生日をお祝いする気持ちをこめて、みんなが笑顔になるような写真を添えて、素敵な誕生日カードを作ってみましょう。

どう書けばいい? 高齢者の方に喜ばれるメッセージの例文を紹介

デイサービス利用者へ向けた誕生日カードには、どのようなメッセージを添えればよいのでしょうか。あまりにも堅苦しい文章ではきゅうくつに感じてしまいますし、かといって友だちに送るような砕けすぎた文章もよくありません。基本的には、贈る相手が高齢者だからといって気構える必要はなく、素直に「お誕生日おめでとうございます」という気持ちをこめることが大切です。

その気持ちをベースに、受けとった相手が喜んでくれるような一文を添えることができれば、とても素敵な誕生日カードになるでしょう。ここでは、受けとった相手に喜ばれるメッセージの書き方と例文をご紹介します。

長寿をお祝いする言葉

デイサービスを利用している利用者へのお祝いの言葉は、なんといっても「長寿をお祝いする」気持ちが大切です。

日本には古来より、長寿をお祝いする時期があります。

・満60歳をお祝いする「還暦(かんれき)」
・70歳をお祝いする「古希(こき)」
・77歳をお祝いする「喜寿(きじゅ)」
・80歳をお祝いする「傘寿(さんじゅ)」
・88歳をお祝いする「米寿(べいじゅ)」
・90歳をお祝いする「卒寿(そつじゅ)」
・99歳をお祝いする「白寿(はくじゅ)」
・100歳をお祝いする「紀寿(きじゅ)」または「百寿(ひゃくじゅ)」

これらの年齢に該当する利用者には、その言葉を添えたお祝いのメッセージを書くとよいでしょう。

<例文>
「○○さん、喜寿のお祝い、おめでとうございます。これからもますますお元気でお過ごしください」

デイサービスに通ってくださることへの感謝の気持ちを伝える

デイサービスに通ってくださる利用者に向けた誕生日カードには、毎日デイサービスに来てくださることへの感謝の気持ちを伝えましょう。基本的に、利用者からデイサービスに通うことを「楽しい」「うれしい」と思っていただけることが大切です。

普段の生活で、なかなかその感謝の気持ちを伝える機会はありません。だからこそ、誕生日カードに感謝の気持ちを込めましょう。

<例文>
「○○さん、お誕生日おめでとうございます。毎日デイサービスに通ってくださって、本当にありがとうございます。いつまでもお身体を大切に、元気でいてくださいね」

日頃の生活のちょっとしたことを取り入れたメッセージ

誕生日をお祝いする利用者に向けたメッセージには、相手が得意とすることに対して、「いつも注目していますよ」というようなアピールをくわえてみるのもよいでしょう。たとえば、カラオケが好きだったり、編み物が得意だったり、社交ダンスや囲碁、将棋など、相手が楽しんでいることや生き甲斐とされていることに触れると、その方へ向けたメッセージ感が強まります。

とくに秀でたことでなくてもよく、スタッフにいつも優しく声をかけてくれるとか、いつも笑顔で挨拶してくれるなどでもよいです。誕生日をお祝いする方の日頃の生活のちょっとしたことに触れるだけで、「いつもあなたを見守っています」という気持ちが伝わります。

<例文>
「○○さん、お誕生日おめでとうございます!いつも素敵な笑顔をありがとう。○○さんの笑顔で、スタッフ一同、元気になれます」

「お誕生日おめでとうございます。いつもカラオケで素敵な歌声を披露してくださって、ありがとうございます。これからも、その素敵な歌をたくさん披露してくださいね」

いつまでも元気でいてほしい! 素敵な誕生日カードをプレゼントしよう

デイサービス利用者のお誕生日には、心をこめた素敵な誕生日カードをプレゼントしてあげましょう。誕生日カードだからといって、お金をかけて豪華にする必要はありません。ポップアップカードを作ったり、写真などを使ってポートレート風にしたり、ちょっとした工夫と手間で素敵な誕生日カードになります。

大切なのは、相手を思って心をこめたメッセージを添えることです。元気でデイサービスに通ってきてくれる、いつも笑顔でいてくれる、そんな日常に感謝の気持ちをこめて、メッセージを書いてみましょう。今回ご紹介した内容を参考に、利用者が笑顔になる誕生日カードを作ってみてくださいね。

参考元:
お誕生日新聞オンラインショップ 長寿祝い

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事