ヘルスケア&介護・看護・リハビリ業界の応援メディア
ヘルスケア 2022-10-28

ご自身の-30kgダイエット体験から考案した「呼吸ストトレ」を広めるために【セラピスト・ダイエットトレーナーmamy suzukiさん】#2

ヘルスケア業界のさまざまな職業にフォーカスして、その道で働くプロにお仕事の魅力や経験談を語っていただく連載『もっと知りたい「ヘルスケア」のお仕事』。

前編では、この業界に進んだきっかけや現在の手技を確立するためにしてきたことをmamy suzukiさんに詳しく伺いました。後編となる今回は、講師やアルバイトを経て独立開業をし、実体験を元に考案されたダイエットメニュー「呼吸ストトレ」について詳しくお聞きします。

教えてくれたのは…

セラピスト・ダイエットトレーナー mamy suzukiさん

20歳の頃、「リラックスする事」を追及したのをきっかけにセラピストとしてスパ施設に入社。その後、様々な手技を学びながら働き、店長や講師までをも経験。20年研究した「mamy式小顔術」をウリにサロン「シャーマン ヨヨギ」を開業。後に人気のダイエットメニュー「呼吸ストトレ」を考案した。著名人ユーザーも多数。

人気看板メニュー!ダイエットに効くと話題の「呼吸ストトレ」とは?

呼吸を整えながら、筋トレにチャレンジ!柔軟なポーズに挑戦した後は、ダイナミックな施術で凝りをほぐしてくれます。(左写真: バレリーナポーズで巻き肩、外もものはりにアプローチ 右写真:まるで手のように器用な足技で肩甲骨をほぐします)

――サロン動き出し当初は「mamy式小顔術」をウリにスタートされたと伺いました。詳しく教えてください。

20年研究していたのでお顔の悩みに答えるのは簡単でした。

具体的には、脂肪、筋肉、骨の3点からアプローチしています。例えば、脂肪は頬にいちばんつきやすく、この部分が落ちてくると目の下のクマ、ほうれい線の溝、フェイスラインのもたつきにつながります。そこに焦点をあて、丁寧にほぐしあげてから斜め上の内側にたるんでいる部分を誘導してあげる。そうすると、フェイスラインがはっきりシャープに出てきます。ほうれい線の溝も目立たなくなる人気の高い施術になります。

ただ、顔の悩みが解消すると、今度は体に対する悩みが強くなる傾向です。そこで考案したのがダイエット法「呼吸ストトレ」です。

――どんなことがきっかけで考案されたのでしょうか?

20代の頃にもストレス太りをしてしまったんですが、ヨガの延長のような自分流のストレッチ法をしていたら、半年くらいで20kg減量したことを思い出して…。周りがビックリしすぎてもうやめた方がいいと言われ、辞めてしまいましたがこれがヒントになりました。

メニューにするため、「運動不足で引き締めたい」と言っていた友人や知人に、週2回の施術を1ヶ月試してもらったところ、全員3~4kg痩せることに成功。さらには、腰痛、肩こりが辛くなくなったと好評でした。

自分でも実践してみたら、わずか5ヵ月で30kg減量に成功。そうして出来上がったのが「呼吸ストトレ」呼吸法・ストレッチ・筋トレをミックスしたパーソナルトレーニングです。痩せながら凝りも解消できると人気のメニューになりました。

――ご自身で経験されているメニューなんですね!?

そうなんです(笑)。なので、太っている人の体のしんどさや、気持ちは誰よりも知っています。
しかもおデブだった私が考案しているので、寝たまま簡単にできる効果的なプログラム。30分だけ頑張れば、整体でほぐすというメニューのご褒美があります(笑)。

――減量時のエピソード教えてください

5ヵ月で30kgも減量したので、その間来店されるお客様がドッキリにかかったかのように驚かれていました。以前の私と同一人物と気がつかなかった方もいました。

とにかくどうやって痩せたのか聞かれましたね。正直、「呼吸ストトレ」を毎日してるだけでも痩せます。ただ、私は体重がかなりある方だったので、最初は「二度と太りたくない!」という思いと「沢山食べたい」って思いが混在していました。徐々にわかってきたのは、「思考・行動・食べ物」が太っている人と痩せている人は反対ぐらいかけ離れているということ。単に我慢するダイエットではなく「痩せ思考」「痩せ体質」に変えていくべきだと思いました。
あと、私自身びっくりしたのは、長年薬を飲んでいたストレス性じんましんがなくなったことです。風邪も引きやすく、咳喘息にこじらせやすかったんですが、ダイエットから3年くらい経ちますが一切引いていません。アレルギーや免疫も改善できました。

お客様の悩みに寄り添ったメニュー展開を考案し、悩みを解消する手助けを

ふっくら暖かい手に包まれファーストタッチから気持ちいい。独自にあみだした高速タッピングでスッキリ!

――ダイエット以外にも力を入れている人気メニューについて教えてください。

マタニティに向けた施術も行っています。マタニティマッサージは展開するサロンが多いですが、安全性の配慮面で懸念が起きがちなので、さするような施術で元々マッサージ好きの方には物足りないという声が多いです。

――そんな中、メニューとして取り入れた理由はなんですか?

最初に働いたお店でマタニティの方にフェイシャルマッサージしたことがきっかけです。とても喜んでくださったんですが、本当は肩も凝ってるし、腰も痛いし、足もむくんでいたんですね。ボディも含め対応したいと思いました。

コロナ渦で、挙式が延期になりブライダルエステに時間をかけるかたが少なくなった反面、挙式を待っている間に妊娠がわかり、おめでた婚になった方もすごく増えて人気メニューとなりました。こちらとしても、「小顔になってウェディングドレスを可愛く着たい!」って女心に答えたいじゃないですか。そうしたことを受け、妊婦でも結果重視で行ってます。

お客様から学びを得られることがこの仕事の魅力の一つ

お母さんのような安心感があることから「mamy(マミー)」と呼ばれるように

――ご自身の経験もそうですが、お人柄の良さも人気の秘訣だと感じます。お客様とのコミュニケーションで大事にしていることはなんですか?

お母さんのような包容力で、なるべく相手の気持ちを汲み取りたい。これは、セラピストを始めた頃から今も変わりません。ただ、最近ではお客様が施術を通して伝説並みにすごい新記録を作ってくれているので、実は教わっていることが多いなと思います。私の研究も止まりません(笑)。

――お仕事への想いが伝わってきます。今後の展望をお聞かせください。

やりたいことは沢山ありますが、まずは「呼吸ストトレ」を皆にやってほしい。全国に広めたいです。トレーナーを育てるスクールも考えています。
ダイエット中に食べていた太らないスイーツレシピもあるので、ダイエットスイーツのお店も出来たら面白いかなと思っています。

mamy suzukiさんが仕事をする上で大事にしている3か条

1.才能(センス)

2.経験(あきらめない)

3.更新(研究してアップデート)

才能、経験、更新の三角形のバランスが大事なんです。才能といっても好きなこと、向いてることってことですよ!とmamy suzukiさん。色んな視点や経験から作りあげたメソッドをぜひ堪能しに行ってみてください!


取材・文/東菜々(レ・キャトル)
撮影/喜多 二三雄

information

sha-man yoyogi(シャーマン 代々木)
住所:東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目14-3

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事