ヘルスケア&介護業界の応援メディア
特集・コラム 2020-01-17

「サロン運営」と「講師業」二足のわらじを履いてママさんを応援する『KIE’S AROMA』後藤貴英さんのキャリアとライフスタイル(後編)

「『ママ』に自分を取り戻せるひとときを」をコンセプトに、子育てママのケアを行う『KIE’S AROMA』。後編は、オーナーの後藤さんのもう一つのキャリアであるセラピスト講師としての経験と、1人の女性としてのライフスタイルに迫ります。

セラピストより、講師業のキャリアの方が長いんです

—後藤さんのもう一つのキャリアである、セラピスト講師について教えてください。

大型スパ施設内のリラクゼーションサロンでセラピストとして働きながら、同時にセラピスト講師も始めました。スタッフのスキルアップ教育や解剖生理学の講座を担当しつつ、セラピストとしてこれからサロン勤務を希望される方向けの講師もやっていました。セラピストを目指す人たちは未経験からのスタートが多く、主婦の方、同業の方、事務職から転職された方から高校を卒業したばかりの方まで、いろいろな方がいましたね。

—セラピストとしてデビューするまでの期間は、どれくらいですか?

私が所属していたサロンでは、しっかり学んで1カ月くらいでデビューになることが多いです。未経験者なので、他人に施術することはなく、そこからスキルを身につけてお客さまに接客できるところまで仕上げます。ボディのオイルトリートメント、フェイシャルのオイルトリートメントなどのテクニックを学び、そこから実技の研修に入って現場に出られるようになります。この講師業は今でも続けており、サロンの仕事よりボリュームが大きくなるときもありますね。実は、セラピスト一本でやっていたときよりも、講師業の方がキャリアは長いんです。

現在は家族の健康にエネルギーを一番注ぎたいと強く思っています

サロンの運営と講師業の『二足のわらじ』を履くのは、大変ではありませんか?

働ける時間が決まっているので、日々の時間の管理が大変でした。特に、子どもが体調不良になったときなどは、夫と相談してどちらが仕事に行ってどちらが休むかを決めたりして、対応していました。また、休みを取得するときはお客さまに日程変更をお願いしていますが、同じママさんたちばかりで「お互いさま」と言っていただけるので、ありがたいです。

第二子を出産した後は、家事や子育てにおいて夫との協力体制が出来上がり、2人で分担しながらやっていましたが、夫が体調を崩してしまって……。そこから、夫も会社員から自営業になり、お互いがある程度フレキシブルに動ける状態をつくって、子育てと仕事をしていきました。自然にこういう形になったというよりは、必死に今のスタイルをつくり上げた感じですね。

—現在、最も力を注いでいる事柄を教えてください。

夫とも価値観が一致し、家族の健康に一番エネルギーを注ごうと強く思いました。数年前までは「サロンをもっと拡大したい」、「収益を上げたい」といった気持ちが大きかったのですが、今は家庭に気持ちがシフトしています。とはいえ、ときが経てばその比重も変わってくると思うので、仕事は細く長く続けていきたいです。

全国の子育て中のママさんたちへ……「一緒に頑張りましょう」

—サロンは「自宅」と「出張」、2つのスタイルで運営されていますが、今後もこのスタイルを続ける予定ですか?

実は、つい最近夫に「一度、自宅のサロンを閉めようか」という話をしました。自宅ではなく、レンタルサロンを探して、そこでやろうかと考えているんです。子どもたちが大きくなってきたので手狭(てぜま)になり、自宅で施術するのはそろそろ限界かなと思っています。開業時に「娘が大きくなったら、自宅を出よう」という話もしていたので、ちょうどいいタイミングなのかもしれません。レンタルサロンが見つかったら、またサロンと出張の両方を続けていくつもりです。

—後藤さんの働き方は多様性という観点でも一つのロールモデルだと感じますが、そこに至るまでの道のりや『継続の方法』について、聞かせてください。

私自身、家庭と仕事との比重を考える中で、働き方にはとても悩んできました。これからも子どもの成長に合わせ、その時期によってバランスを見ながら働いていこうと考えています。周りのサポートがないと、できないこともたくさんありますよね。目まぐるしく変わっていく状況の中でもそこに働き方を合わせていくイメージです。

今は集客にもあまり力は入れておらず、口コミやカフェに置かせてもらったチラシを見て来てくれる方が多いです。1人目を出産されて、2人目の育休中にまた来てくださる方もいます。サロンを気に入ってくださり長く通われている方は、お子さんをご家族や信頼できる方に預けて来てくれていますね。限られた時間の中で、子育てをしながらご自身のケアもする習慣を、ぜひ続けてもらいたいです。

子育てと仕事で悩む女性は少なくないと思います。同志である全国の子育て中のママさんたちに向けて、「一緒に頑張りましょう」というのが私からのメッセージです。

『KIE’S AROMA』後藤貴英さんが働くママとして活躍できている3つのポイント

1.セラピスト1本ではなく、講師としての顔も持ち、キャリアに幅を持たせている

2.「家族の健康に一番エネルギーを注ぐ」というように、『強くてぶれない軸』を持つ

3.目まぐるしく変わっていく周囲の状況に自身の働き方を適応させる

セラピスト、セラピスト講師のキャリアを生かして『KIE’S AROMA』を開業したオーナーの後藤さん。セラピストとして、また1人の女性として子育てママをケアし、力強くサポートしています。『KIE’S AROMA』はこれからも「ママメンテナンスサロン」として多くの女性の癒やしの場となることでしょう。

Salon Data

KIE’S AROMA

住所:東京都文京区
TEL:非公開
URL:http://kiesaroma.jp/
https://www.facebook.com/kiesaroma
※現在は、出張のみの営業。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事