美容業界の応援メディア
アイキャッチ
コラム・特集 2015-10-30

古里オサム interview #1:多くのお客様の喜んでもらえるためにさまざまな取り組みを!

美容師を目指す方、そして目指していた方なら一度は耳にしたことがあるであろう古里オサムさん。美容師としての仕事も、サロンを経営やサロンを作り上げていくことと、すべてに関して「デザイン」として通ずることがあるという。また、スタッフへの配慮にもこだわりを見せている。その結果が、すべてお客様へのサービスとして還元されています。そんな古里さんの取り組みや思い、これからの目標を伺いました。

多くのお客様に喜んでもらえる美容師という仕事

古里オサムさん

「美容師になったきっかけは意外と単純で、鹿児島で親が理容室をやっていたので、自分も美容の道に進んだんですよね。美容学校に進むために上京して、東京のサロンで働き出して、いろんな出会いに恵まれて、今の自分があるという感じです。人が好きなので、いろんな人に出会うことができて、しかも、その出会いに恵まれたのが良かったんでしょうね。

独立する際にフリーランスでヘアメイクになるという選択肢もあったんですが、やはり僕は人が好きなので、お客様と長く付き合えるサロンのほうを選んだんです。ヘアメイクの場合、1対1のお仕事ですけど、サロンワークはひとりで複数のお客様を担当する1対複数のお仕事ですから、そのぶん多くの方の役に立てるのもうれしいですよね」

髪を切るのはひとつのツール見えないところを変える仕事

古里オサムさん

「セミナーでお話しすることも多いのですが、美容師の仕事はただ髪を切るというものではないんです。ヘアデザインを通して、お客様の見えないところを変えてあげる仕事。ヘアサロンは心のケアのサロンでもあります。サロンを出たときに素敵になれたことにテンションが上がって、違う自分になれたと感じてもらうこと。それができたら、美容師として最高なんじゃないですか。

髪を切るというのは、ひとつのツール。その人の素敵なところをいかに引き出すかなんですね。それができるようになると信頼関係が築けて、ずっと通ってもらえる。例えば、Aさんを担当しているスタイリストより、僕らから見てもっと技術があるスタイリストがいたとしても、Aさんは担当者を変えない。Aさんはうまい下手だけをサロンに求めているわけじゃないんですね。きっと自分を変えてくれるという信頼感、居心地の良さも含めて担当者を選んでいると思うんです」

楽しさを知ることでより真剣に仕事と向き合える

古里オサム さん

「僕は美容師であるとともに経営者でもあるし、プロダクト開発などクリエイティブな仕事もしますが、それぞれの仕事を別物として考える感覚はないですね。美容師も経営もプロダクト開発も、ベースはすべてデザインだと思うんです。みんな素材と向き合ってデザインしていく仕事。美容師にとっての素材はお客様、経営者にとっての素材は社員。違いはあまり感じていません。美容師には前述したようにお客様を変えてあげる楽しさ、会社には人が育っていく楽しさ、それぞれの楽しさがあるんですよね。

いろんなことをやっていますが、仕事も生活の一部なんです。楽しいからやっている。だから、真剣になれる。本当に真剣になれる仕事があるのは、幸せなのかもしれませんね」

古里オサム interview #2:スタッフのプライベートな時間が充実しないと仕事も充実しない >>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

アイキャッチ

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事