アシスタントを辞めたい美容師のための転職・退職のポイント

“特にアシスタント時代には「美容師を辞めたい」と思うことが多くあります。美容師の世界は縦社会なので、スタイリストからアシスタントに対する態度が厳しい店舗が多くあるからです。仕事がきつくてもカットやカラーなどの仕事ができればやりがいも感じますが、アシスタント時代は雑用が多く、その点も辞めたいと思う理由になります。

ここでは、美容学校の学生などこれからアシスタントになる人のためにアシスタントの仕事内容や悩みを知ってもらい、今アシスタントや美容師を辞めたいと思っている人のために転職や退職のポイントをまとめます。

美容師のアシスタントの仕事の内容とは

美容師のアシスタントの仕事はスタイリング以外の業務全般です。シャンプー・マッサージやトリートメント、パーマ・カラーの準備や掃除・片付け、その他の雑用などです。スタイリストの人数が少ない店舗ではシャンプーやマッサージも全部スタイリストがやることもありますが、人数がある程度多いサロンではアシスタントの仕事となります。

トリートメントは、ある程度経験を積んだら任せてもらえます。使用するヘアケア剤の種類にもよりますが、トリートメントだったらパーマやカラーほど危険ではないからです。経験を積んだ後にカットやカラー・パーマも任せてもらえるという流れが主流です。

パーマやカラーの準備はお客様の予約内容に合わせて行います。用意する道具や薬品を間違えてしまうとスタイリストの時間をロスしてしまうので、ミスがないように準備します。

掃除・片付けは、短時間でいかに綺麗にするかがポイントです。店舗全体の掃除はすべての業務が終わった後にしますが、掃除以外の業務や研修もあるので、それらに影響が出ないよう短時間で綺麗にしなくてはいけません。お客様がカットしている最中の髪の毛の掃除もあります。「掃除をしている」という感じを出さないように、スマートに素早くする必要があります。

その他の雑用は多種多様です。毎日のゴミ出しや植木の水やり、必要なものの買い出しなどがあります。他にはトリートメントやパーマをしながら雑誌を読んでいるお客様に対してドリンクを淹れるなどのサービスもあります。店舗によってはドリンクも本格的で温度や味に対して厳しいことがあるので、ドリンクのサービスもスムーズにこなせるようにします。

パソコンやデザインなどで特殊な技術を持っているアシスタントはホームページ作りやPOP制作などの仕事を任されることもあります。ただ、パソコンやデザインの技術についても大抵経験が長いスタイリストやマネージャーの方が優れているので、例外的なケースと考えてください。

美容院のアシスタントが抱える悩みって何?

美容院のアシスタントが抱える悩みは、まず「シャンプーの手荒れが酷い」ことです。個人差はありますが、アシスタント時代は誰でもある程度の手荒れがあります。毎日多数のお客様のシャンプーをしますし、お客様が多い日には1時間で5人や6人連続でシャンプーすることもあります。これは肌にとってかなり過酷な状態なので、皮膚科からドクターストップがかかり泣く泣く美容師を辞めていくアシスタントもいます。

人間関係の悩みも他の職場と同様にあります。美容院のアシスタントの場合は、特に「職場が狭い」というのが特徴の1つです。人数が多い一般企業と違い数人だけの店舗も多くありますし、多い店舗でもせいぜい20人です。つまり多くても学校のクラスの半分しかいないのです。

それだけ狭い場所なので人間関係がダイレクトに影響します。うまく行っていれば逆に仕事が楽しくて仕方がないでしょうが、うまく行かなかった場合は職場に行くのがとても辛くなってしまいます。他の少人数の職場でも同じでしょうが、人間関係のつまずきが原因で美容師を辞めたいと思うアシスタントは多くいます。

「なかなかカットができない」というのも多くのアシスタントの悩みです。スタイリストとしてデビューするのに必要な年数は平均3年で、高卒で2年間美容学校に通ったら、23歳でようやくスタイリストデビューということになります。

年数自体はそれほど悪い条件ではないのですが、条件が厳しいのは年収です。アシスタントの年収は地域や店舗によって非常にバラつきがありますが、大体150万円~180万円とされています。誰もが入りたがる表参道・代官山・南青山などの高級ヘアサロンだと月収10万円もそれほど珍しくありません。それだけの苦労をしてでも人気店でカリスマ美容師になりたいからです。その店舗で働くことに強烈なモチベーションがあるならまだ良いのですが、普通は「店舗はどこでもいいから早くスタイリストになりたい」という気持ちの方が強いでしょう。その状態で「年収150万円~180万円で我慢する」というのは辛いものです。女性ならまだ良いですが、男性だと何かにつけて経済力を要求されることが多いので、アシスタント時代に美容師を辞めたいと思う男性は多くいます。

美容師を辞めたいアシスタントが、状況を変える選択肢

美容師・あるいはアシスタントを辞めたいと思っている人はどうすればいいのでしょうか。辞めたいと思う理由にもよりますが、「今勤務しているサロンの問題を改善する」というのは基本的に難しいでしょう。アシスタントの声を尊重してくれるサロンも確かにあります。しかし、そのようなサロンでは最初からアシスタントが辞めたいと思うような原因があまり発生しないからです。

つまり、アシスタントが辞めたいと思う時は「サロンを変わる」「美容師自体を辞める」というどちらかの選択肢になります。スタイリスト経験なくして、いきなり独立開業をすることはやめておいた方がいいです。できる人もほぼいないので選択肢はこの2つのどちらかになるでしょう。

美容学校を卒業してアシスタントになった時点で、やはり多くの人は「将来はスタイリストとしてやっていきたい」とある程度強く思っていたはずです。専門学校での経験を活かすためにも美容師の仕事は続けたい人が多いでしょうし、よほど嫌でない限りは、店舗を変えることを検討した方がいいでしょう。

「美容師という仕事自体が嫌だと思っていたけど、店舗を変えてみたら気分が変わった」ということも十分に考えられます。野球選手でもトレードされた途端に輝く選手がよくいますが、美容師でも十分あり得ることです。

もし強く「美容師を辞めたい」と思っている場合は「関連する資格の専門学校に通う」のもいい手です。たとえば理容師の免許を取れば「ダブル資格」として、就職や転職でも有利になりますし、給与もアップする可能性があります。仕事のプレッシャーがない状態でカットの研究などに専念することで、あらためて美容師という仕事の楽しさを思い出すこともあるでしょう。

理容師以外でもネイル検定の通信教育・マッサージの専門学校など選択肢はいろいろあります。気分転換や新しい人間関係づくりなども兼ねて関連資格の取得を目指すのもいいかもしれません。

他のサロンへの転職も1つの手段

アシスタントを辞めたいと思っても、特に一人暮らしをしている場合は生活費を稼ぐ必要があるので仕事自体を辞めるわけにはいかないでしょう。だからと言って、美容師以外の職業に進むのはこれまでの美容学校などのキャリアが無駄になってしまい、もったいない部分もあります。一番現実的で多くの人が取る選択肢は、やはり「他のサロンに転職する」ということでしょう。特に人間関係の問題ならサロンを変えるだけでも解決することがよくあります。

リジョブならヘアサロンも含めて多くの美容関連の求人情報があるため、自分が希望する条件に一致するヘアサロンも探しやすいでしょう。美容師を辞めたいと思っている人も、一度求人情報を見てみてどこか良さそうなサロンがないか、探してから再度考えてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事