アイキャッチ

あなたも心当たりありませんか??? 『苦手な美容師』ランキングワースト5

毎月さまざまなテーマを独自の調査によってランキング形式でお届けしていくこのコーナー。第1回目は、接客に携わる人なら誰もが気になるお客さまの本音の中から『苦手な美容師』ランキングワースト5をお届けします。(編集部調べ)

5位 見るからに不安そう‥自分の技術に自信がない人

女性

『不安そうなのがこちらにまで伝わってくる。デビューして間もないのはわかるけど、もう少し自信をもって接客をしてほしい。』

『自信がないのか、あと5センチ切っても大丈夫ですか? などと聞いてくる人。私は美容師ではないから、あと5センチ切ったらどうなるかがわからない。なので、5センチ切ったらどうなるんですか? といつも聞き返してしまう。』

カウンセリング後は、施述をお任せしてくれるお客さまが多いですよね。しかし、その身を任せる相手に自信が無さそうだったら……お客さまの立場だと不安になりますよね。どんなに練習を重ねていてもデビューしたては誰もが緊張するものなので、不安な顔は見せずに自信を持って堂々と明るく接しましょう!

4位  気配りが足りない! デリカシーがない人

女性

『私は昔から人より髪の毛の量が多いんです。だから、カットの最中「こんなに髪の毛が多い人いないよ!」や「シャンプー大変でしょ?」「乾かすのに何分かかる?」と聞いてくる美容師さんが苦手。周りの人はクスクスと笑いながらこっちを見てくるし、嫌な気持ちになりました。私は髪が多いのが悩みだとカウンセリングで伝えたのに‥‥人の悩みをなんだと思っているんだろう。』

サロン側にとってはよくある悩みを抱えるお客さまのひとりでも、本人にとっては重大な悩みの場合もあるので、お客さまの悩みを大きく声に出してしまうのは配慮に欠けています。とはいえ、一方ではお客さまによっては薄毛や白髪などまったく気にしていない方もいるのです。悩みは人それぞれなのでお客さまがどんな悩みを抱えているのかを、初めのオーダーや会話からキャッチすることが大事だと言えますね。

3位 仕上がりにビックリ! オーダー通りに施述してくれない人

女性

『美容院で雑誌の切り抜きを見せたのに、全然違う髪型にする人。似合わないと思って違う髪型に変えてくれたんだろうけど、それならカウンセリングの時点で言って欲しかった。』

『よく行く美容院でゆるふわパーマをかけてくださいとオーダーしたはずが、終わったときには、おばちゃんみたいなチリチリのパーマに。「いかがですかー?」と聞かれたので、「これはちょっと‥‥。」と素直に答えると、「え!? どこが気に入らないのよ?」と逆ギレ。それ以上は強く言えずに、そのまま帰宅。信頼していただけに残念な気持ちになりました。』

3位はオーダーとは違う仕上がりにしてしまう人でした。このお客さまにはこの施述は似合わないかも……とたとえ思っても、自分の判断だけでオーダーを変更しないこと。お客さまが納得できる仕上がりにするためには、相手の好みを伺いつつ、自分の意見を交えて相談していくことがベター。しかし、万が一仕上がりの反応がイマイチだった場合、自分の意見を突き通すのではなく、まずはお客さまの希望を聞きましょう。強い口調で言ってしまうと、お客さまによっては素直な意見を言えない方もいるので、そうなると元も子もありません。やり直しや半額サービスなどの対応は店舗によって異なると思いますが、誠実な対応がその後の信頼に繋がることを忘れないでくださいね。

2位 「マジで?」はNG。言葉遣いができていない人

会話中の女性

『初めて行った美容院で、担当になった人に「おいくつですかぁ? 歳近そうだし、タメ口でいいよ!」と言われたときはびっくり。結局私の方が年上だったけど、相手は終始タメ口のまま。馴れ合うのも嫌だったので、私は最後まで敬語で話ました。』

『「ヤバい」や「超ウケる」などのギャルっぽい言葉を使う人が基本的に苦手。相槌ひとつにしても「マジですか?」よりも「本当ですか?」のほうが、印象が良い。聞き取りやすいスピードと、丁寧な言葉遣いで接してくれる人は本当に素敵。そういう人のほうが技術も丁寧だし、安心できます。』

初めて会うお客さまにタメ語は厳禁。とくに自分と同世代の人にタメ語を使う人が多いようですが、マナーとしてはもちろんNGです。さらに、「ヤバい」「ウケる」「マジ」などの、いわゆるギャル語がクセになっている人も多いのではないでしょうか。ついクセで言ってしまう……という人は、普段の会話から心がけるようにしましょう。「雨ヤバい」「その話ヤバいですね」など、ひとつでいろんな意味を含む「ヤバい」は便利な言葉ですが、接客の場ではふさわしくありません。普段から自分の意識を少し変えるだけで、接客時にも効果が現れると思います。今まで「ヤバい」でごまかしていた言葉を、正しく美しい日本語に変換していきましょう。

1位 もう少し静かにして‥! おしゃべりがすぎる人

女性

『プライベートを根掘り葉掘り聞いてくる人。話のネタがないのはわかるけど、自分のことを話たい人もいれば、そうじゃない人もいるってことをわかってほしい!』

『自分の話ばかりする人。正直、初めて会った方のプライベートな話ってあまり興味がない。それならおしゃれなお店の情報など、有意義な話が聞きたい。』

『話し上手な人の話は聞いていて飽きない。そういう人は、私が興味のあることに合わせて、ためになる話をしてくれます。逆に話がつまらないのは、自分のプライベートをだらだらと話す人。何も参考にならないし、反応に困ることもしばしば。』

苦手な美容師ランキング1位は、おしゃべりがすぎる人でした。お客さまはリラックスをするためにサロンに来ているのに、話をしすぎることで疲れを感じてしまう方も多いようです。しかし、よく話すことが悪いわけではなく、お店の情報や美容についてなど、ためになる内容なら積極的に話を聞きたいというお客さまもいらっしゃいます。距離を近づけるために、プライベートのお話をしたいところですが、まずはお客さまのペースに合わせることが大切ではないでしょうか。ひとり一人のお客さまが会話をどの程度必要としているかを見極め、臨機応変に聞き上手・話し上手の切り替えをすることで、お客さまはサロンでの時間を楽しく過ごせるのだと思います。

以上、今月は「苦手な美容師ランキングワースト5」でした。お客さまの本音って、なんとなくそうかな? とは思っていても、実際の言葉として取り上げられるとちょっとドキッとしますよね。サロンワークをしているみなさまの意識改善に役立てればと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

アイキャッチ
この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事