表参道の最先端トレンド感覚とクオリティで、新天地 “横浜” に出店 !【サロンインタビュー「BAYROOM」#2】

原宿・青山・表参道といった都心の一等地でクオリティを追求しているヘアーサロンが、郊外に同じコンセプトで出店していくのはなかなか難しいようです。今回は表参道店「HONEY」から、新たに横浜に新店舗「BAYROOM」を出店した2人のスタイリスト・吉田氏と野村氏に、お話しをお聞きしました。

「横浜でやってみたい…」と言ってくれたアシスタントに感謝しています!

――お店を作る上での苦労や運営していく上で心配している点はありますか?

野村悠記さん
野村悠記(スタイリスト・29歳)

表参道店は柔軟な作りで、色々なことに挑戦できる反面、良い意味で妥協できるお店作りでしたので、こちらの横浜店もスタンスは変えないように心掛けました。しかし表参道店よりは、もう少し要領良く立ち回れるようには改変したつもりです。

しかし、自分は10年以上原宿・表参道・青山エリアで働いていましたので、美容師として「横浜」というのは新天地です。既存のお客さまで、横浜方面に近い方はこちらにもいらっしゃってくれていますが、やはり新規のお客さまを開拓していかなければなりません。現在は、こちらでは施術できない今までのお客さまを担当するため、表参道店にも通っています。お客さまに会いたいという気持ちもあるのであまり苦には感じていませんが、1日の中で両店舗を往復する時もあり、ハードな日々を送っています。

どうしても予定が会わないお客さまに対しては、当店の他のスタイリストを紹介して施術する場合もありますが、「それならこちらの予定を変えるよ!」と言ってくれる方も多く、申し訳ないことなのですが、非常にありがたく感じています。お客さまとの間に良い関係性が作られていたんだと再確認させられる思いです。

新しい店舗ができて心配している点は、スタッフ同士のコミュニケーションです。「彼らは彼らでやっているでしょう」という関係になるのはイヤですね。また特にアシスタント間では「新店舗に行くのは誰……」といった不安もあったかと思います。

他の美容室では、特にアシスタントの間は各店舗への移動が当たり前の風潮もありますが、当店としてはアシスタントに極力無理強いはしたくないという考えでした。「自分は表参道で働いていたいです」としっかりと気持ちを伝えてきたスタッフもいましたが、今回は「横浜でやってみたい!!」と意思表示してくれたスタッフがいたので嬉しかったです。

クオリティを担保しながら店舗を増やして行くのは難しい!

――単純に店舗を増やして行くのは難しいことなのですか?

吉田遼平さん
吉田遼平(スタイリスト・32歳)

当店としては、表参道店「HONEY」で行なっているクオリティを金額帯もそのままに、この横浜店「BAYROOM」でも維持し続けるようにしています。正直、横浜周辺のサロンと比較すると料金は高いでしょう。これは「普段ヘアカットは原宿・青山で……」というトレンドにも敏感なアッパークラスのお客さまに対して「同じことがこの横浜でもできますよ!」というスタンスで、勝負していこうという考えです。

美容サロンとしては、複数のチェーンストアを経営し、会社的に大きな規模で運営しているグループと、店舗数は少なくても、一等地で最新のトレンドとクオリティを提供しているグループがあります。

正直、両者には隔たりがあります。企業規模で考えれば複数のチェーンストアを展開しているグループは、全体の収入も大きいので「こちらが上」だと思っていますし、一等地で高価格帯で営業しているグループは、クオリティが比べ物にならないでしょ……と「我々の方が上」と思っています。

当社としては一等地と同じクオリティで、複数の店舗を経営して行きたいという贅沢な考えですが、これは先輩となる青山・原宿・表参道の一流サロンの経営者の方たちでも、なかなか実現できていません。スタッフを増やして行く過程で、クオリティを維持していくことがとても難しいためです。一等地にヘアカットに来るようなお客さまに揉まれていないと、スタイリストもセンスや技術を維持しにくいという点もあり、なかなか他の地域に出店しにくいのです。

自分は横浜出身なので、横浜で美容師を始めてもよかったのですが、スタイリストを志した当初は、意識の高い人たちが集まっている都内で、最新のトレンドスタイルを見続けながら揉まれていないとダメだと思っていました。一等地で働いてみて「そんなに変わらない」と思えれば、横浜に戻ろうかと考えていましたが、10数年スタイリストを続けてきた結果、やはり都心とその他の地域ではまだまだ違いが大きいのです。

しかし、いつかは「この横浜で……」という願いとともに、この度自分たちの思いを込めた「BAYROOM」をこの横浜でスタートさせます。横浜でも「良いお店があるね!」と、このお店を起点として最先端のトレンドを提供できる美容サロンを根付かせて行きたいと思っています。

HONEY

Profile

吉田遼平(よしだりょうへい/スタイリスト・32歳)

家での再現性をイチバンに考えたカットやパーマデザインが定評。 特に顔型、髪質、はえグセから理論的にその人にイチバン似合う前髪を作る『顔周りの似合わせカット』は、面接前や、デートの前に、 前髪だけ切りに来るお客様がいらっしゃるほどの人気に!

野村悠記(のむらゆうき/スタイリスト・29歳)

髪の状態やクセを見極める丁寧なカウンセリングで、ライフスタイルに合わせたカットやカラーを提案。独自のパーソナルカラー診断を元に、さまざまな技法を活用した「デザインカラー」で、さりげないトレンド感を演出する。海外講師、CM撮影ヘアメイク、ヘアショーを始め、ブログやキュレーションメディアでも活躍し、多くのお客様から支持を得ている。

Shop Data

BAYROOM by HONEY omotesando

神奈川県横浜市西区南幸2-16-20 オーチュー横浜ビルB1
TEL:045-620-2131  FAX:045-620-2132
平日11:00〜22:00 土日祝日10:00〜20:00 定休日木曜

Shop Data:HONEY

東京都渋谷区神宮前3-6-4 1F
TEL:03-6434-5775 平日11:00〜22:00 土日祝日10:00〜20:00
Official Website:http://honey.tokyo/

都内クオリティと最先端トレンドを武器に、新天地 “横浜” に出店 !【サロンインタビュー「BAYROOM」#1】>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事