美容業界の応援メディア
コラム・特集 2017-02-06

これは勉強になる!書店員が美容師にオススメしたいアートブック

より多くのお客さまを得たりコンテストで入賞するなど、美容師としてより大成するためには、作品撮りにこだわりブックにまとめ、たくさんの人に見ていただく努力は欠かせません。

最近はロケハン、撮影、画像処理までを自ら手がける人が増えています。さらに、カメラワークや構図、光についてなどもの専門知識の習得にも積極的な美容師が多いですね。そこで、表現のインスピレーションを得るために書籍のプロフェッショナルである書店員さんに、美容師にオススメしたいアートブックを選んでもらう本企画。

今回は青山ブックセンター青山本店 ファッション関連担当の渡慶次(とけし)さんに伺いました。

欠点だと思えるような部分にこそ魅力が宿る

02_dubk148-min
『ANOTHER GIRL ANOTHER PLANET』DU BOOKS ISBN:9784907583927

こちらはロンドン出身で、世界中で活躍するガーリーフォトの旗手ヴァレリー・フィリップスの最新フォトグラフ。
健康的なセクシーさを捉えたカラースナップや、ガーリーな躍動感のあるファッション写真が話題の女性写真家です。
ここに出てくるのはほとんどが、普通の女の子。スタイルがいいわけでなく、目鼻立ちが整っているわけでもない。そばかすやおでこの広さ、細い目などコンプレックスに悩んでいます。

でも何に悩もうと、今をハッピーに生きることに必死な若者ならではのエネルギーと、「自分らしくいること」「ハッピーでいること」「自分の個性を愛すること」こそが大事だというメッセージが読み取れます。

写真家と被写体の心の距離が近いからこそ生まれる空気感があり、“ありのままに生きること”の美しさ、パワーがページを通してゾクゾクと感じられます。

本書は、少女のコンプレックスを女の魅力として表現する、新しい「美しさ」のジャンルを築きあげました。手に取ることできっと“人間の持って生まれたパーツは欠点も含めて全て美しい”という新しい美意識が産まれるはず。

03_111-min

渡慶次「この写真集からは、若さから発せられる毒々しいエネルギーと尖りすぎた個性、それに一瞬で過ぎ去る“若さ”に対しての儚さも感じます。まるで、豪快に上がってバチバチと散っていく花火のような本です。」

一度見たら忘れられない、神秘的な模様や色彩づかい

04_dubk053-min
『ナチュラル・ファッション』DU BOOKS ISBN:9784925064934

ここに写っているのはエチオピアの奥地に住む部族。独特なボディペイントや装いを集めた写真集です。

撮影したのは、世界各国を旅し、部族に密着したドキュメントをテーマに写真家として活動をしているハンス・シルヴェスター。部族と生活を共にし、祀りごとを共有し、人間の心の奥深くにまで密着するからこそ見える表情を切り取っています。

どんな不可思議な模様にも信仰的な意味が宿っており、使われる色彩には自然への敬意が込められています。そして人間の表情には生きていく使命感が現れ、どのページからも凛とした空気を感じます。

普段なかなか感じ得ない、“神秘”や“生命”という美しさの感覚が刺激されるはず。

05_img_8232_1-min

渡慶次「この本を開いたときは、鳥肌が立つほど衝撃を受けました。どんなに写真加工やデザインの技術が進んでも、自然の美しさには何ものもかなわないですね。」

「自然の本当の魅力」を見る目を鍛える本

06_newbook_978-4-86152-571-1-min
『ENCYCLOPEDIA OF FLOWERSⅢ 植物図鑑』青幻舎 ISBN:9784861525711

花の命はとても短く1日で10歳年をとるといわれています。そんな花の瞬間瞬間の生命を尊重し、価値を生み出していくことがフラワーアーティストの仕事。

本書は南青山にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える東 信(あずま まこと)が手がける、花・植物を題材とした実験的なクリエイションを展開していくフォトシリーズの3冊目。

東 信のフラワーアートは世界的に有名で、ハイブランド、ビッグアーティストとのコラボ作品を数々発表、世界各地の美術館やアートギャラリー、パブリックスペースで作品発表を重ねるなど活躍の幅は広い。

07_222-min

渡慶次「本書の一番の特徴はテキストで情報を補っていないことです。それに背景をシンプルにすることで、植物の存在感を究極に引き出しています。読者は写真から何かを読み取ろうと、知らず知らずのうちに五感をフルに使っているはず。そうやって、与えられる情報をそのまま受け取るのではなく、自分から情報を読み込んでいくことができる本なんです。」

まとめ

3冊を通して、さまざまなカタチの「美しさ」を見ていただきました。
自分の世界観を作るには、世界中のあらゆるアート作品に触れ、自分の感覚が動く方向性を見定めることがとても大事。遠くの国の文化や様々な職種の人の視点を手軽に知り、お気に入りを蓄積していけるのが書籍のいいところ。ぜひ今回ご紹介したアートブックも本棚のコレクションに加えてみてはいかが?

青山ブックセンター青山本店は、いつも新鮮なアート本や雑誌が取り揃えられています。入口の雑誌コーナーを眺めるだけでも刺激的で楽しいけれど、お店の奥の「実用、ファッション」コーナーや「ライフスタイル」コーナーへと足を運んでみてください。心に刺さる一冊と出会えるかもしれないですよ。

profile

08_img_8245-min

渡慶次 真也

青山ブックセンター本店 ファッション担当

Information

◇青山ブックセンター本店

http://www.aoyamabc.jp/store/honten/
FB:https://www.facebook.com/aoyamabookcenter/?fref=nf
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
表参道駅B2出口 徒歩7分
tel 03-5485-5511
営業時間‪10:00~22:00‬‬‬ 年末年始休有

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事