美容業界の応援メディア
コラム・特集 2017-04-14

『夢』や『目標』は口に出すことで、常にその思考でいられる!

JUNESの新店を早稲田にオープンさせ成功させたBOWEさん。このあと、原宿へと進出していきます。原宿といえば、人気美容室がひしめくオシャレタウン。その中で一理容室がどのように生き残ってきたのか。逆境をどのようにはねのけたのか。そのときの様子をBOWEさんがお話ししてくれました。

10年経ったら原宿のサロンと名乗ってもいいかなと

――早稲田から原宿に進出するにあたり、心がけたことはあったのでしょうか?

「原宿に出すときに、メンズにこだわることってなんだろうなと改めて考えました。今までは美容室型メンズオンリーヘアサロン、つまり“脱・理容”というところでやってきました。だけど、結局自分がやっていることはメンズに対するヘアビジネスなわけです。お客さま目線では理容師、美容師関係ないんです。今までにない新しいメンズオンリーヘアサロンというカテゴリーなんだと、強く再認識して出店しました」

――原宿店ができたのはいつですか?

「2002年です。もう15年になりますかね。作ったときはとにかくこだわりまくっていて、ゲストが座るイスは、1929年のバルセロナ万博でスペインの王様のために作られたイスと言われているバルセロナチェアなんです。1脚56万円、8個あるのでそれだけで4、500万円かかっています。当時、僕は本物になりたいという気持ちが強くて、表面的な部分においてインテリアにはかなりこだわりました。ただ、お店の経営は3年くらい結果が出ませんでした。理容師が原宿に進出だなんて、表向きは風雲児扱いされていましたが、心の中では明日お店がなくなるんじゃないかっていう、恐怖感や重圧がすごくありました。夜に突然目が覚めたりもしました」

JUNES HARAJUKU | バルセロナチェア

――原宿はやはり違いましたか?

「原宿店を出したときは、カリスマ美容師ブームの後半でしたけど、美容室にはお客さまがたくさんいて忙しそうに見える。こちらはそうでもない。そうすると他人のことばかりが気になるんです。閉店するヘアサロンを目の当たりにすると、次はうちなんじゃないかと思うこともありました。そんなダメダメ状態でしたが、そこで思ったのが、この街は人がどうこうじゃなくて、自分自身がどうあるべきかというものがなければ、残っていけないんじゃないか、ということでした。自分は自分であって、うちはこういうサロンなんだっていうブレない気持ちが大切なんだということを、すごく学んだ気がします」

夢や目標は口に出すことで常にその思考でいられる BOWE(ボウ)さん インタビュー

――その中で力を入れてきたことはあったのでしょうか?

「教育です。この業界は、先生と弟子という世界でもあるんですね。若いときはそういうのが嫌いだったんですけど、スタッフに対して僕が先生的な存在にならないとお店も、自分も、スタッフも成長しないと思いました。僕は昔から右脳派というか、なんとなく形を作れるタイプだったんです。裏返せば基本が苦手だったんですね。それを改めて、理論的に説明できるように自分を変えようと努力しました。さらにJUNESのマニュアル、仕組み、コンセプトなどをもう一度見直しました。そのおかげで、売り上げが好転したといっても過言ではないです。やっぱり大事なのは教育であり、人材=人財なんですね」

――そして昨年は三軒茶屋に新店をオープンさせました。

「JUNES man バーバー三軒茶屋は“和”をテーマにしています。これから高齢化していく中で、2025年には平均年齢が50歳になると。世界で初めての超高齢化国家とも言われています。47歳という自分の年齢を鑑みると、年を重ねていくにつれて自分自身が確立されていきます。ヘアデザインの面でも自分らしさが確立されていくと、必ずしもデザインの優先度が一番というわけではなくなってくる。清潔であること、気持ちいいこと、落ち着けることなど、そっちのほうが重要になってきたりもします。そう考えたときに、和がキーワードとして浮かんできたんです。昭和に生まれて育ってきた中で、最後に行き着くところは日本人らしい空間じゃないかと思いました。そういうコンセプトでお店を作りました」

JUNES HARAJUKU | ショップカード

――“自分は自分である”という認識が大切なんですね。モアリジョブの読者にも通ずるところがありそうです。

「僕らのような仕事はすぐに結果が出るものではないと思います。自分は何をしたいのか、仕事をやろうと思ったきっかけや、目標、夢などを定期的に思い出しながら、読者の方たちには頑張ってほしいと思います。そのとき、ぜひとも夢や願望を口に出してほしいですね。しゃべっているのを一番聞いているのは自分の耳なんです。できるかできないは別問題。言葉にすることで常にそういう思考となり、行動に結びついていくんです。行動しないと何も始まらないんです」

Profile

BOWE(ボウ)さん

BOWE(ボウ)さん

JUNES代表

出身地・鹿児島県
座右の銘:DISPATCH / ディスパッチ「有言実行」
1970年生まれ。鹿児島県理容美容専門学校卒業後、一度、実家の理容室に就職。1990年にJUNESに入社。1996年に早稲田にメンズオンリーヘアサロンをプロデュース。2002年に原宿初のメンズオンリーヘアサロンを出店。現在は都内7店舗のメンズ専用サロンを運営している。
http://www.junes5.com/

Salon Data

JUNES HARAJUKU

住所/東京都渋谷区神宮前1-10-11パークアクシスSHOP1
電話/03-5474-6363
営業時間/12:00~22:00(木曜12:00~20:00)
定休日/火曜日
優先予約

JUNES man バーバー三軒茶屋

住所/東京都世田谷区三軒茶屋2-54-3プレステージ三軒茶屋ラフィーネ105
電話/03-6805-2600
営業時間/12:00~22:00(土日祝10:00~20:00)
定休日/火曜日
予約なし

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事