rejob14_052_oneworld

世界中から来店者が訪れるインターナショナルヘアサロン『麻布十番・One WORLD』

各国の大使館と江戸時代から続く商店街が混在する麻布十番は、国際性と日本情緒が融合している独特なエリアです。その麻布十番で、オープンしてわずか3年の美容室が話題になっています。それがインターナショナルヘアサロンOne WORLD(ワンワールド)です。
客層の7割が外国人、それも30か国以上にわたっています。世界的なVIPも訪れるという人気サロンはどんなお店なのか、オーナースタイリストの川崎大輔さんに伺ってみました。

コンセプトは「五感の満足」

インターナショナルヘアサロンOne WORLD(ワンワールド)

One WORLDは南北線・大江戸線の麻布十番駅から歩いて3分ほど、石畳に創業300年以上という老舗の蕎麦屋などが並ぶ麻布十番商店街の雑式通りから一本入った路地にあります。ドアを開けると柔らかなボサノバが聴こえてきました。初めてなのに、ホッとさせられる空間です。

川崎さんは現在30代後半。ドイツでスタイリストとして働き、広尾のインターナショナルサロンで店長を勤めた後、2014年に現在のチーフスタイリストである佐藤佳さんと共にOne WORLDをオープンさせました。

「当初は今ほど海外からのお客様が多かったわけではありません。お客様が気に入ってくれて日本にいる外国人のコミュニティで口コミや紹介があって、段々と増えてきました。でもウチは外国人専門美容室というわけではありません」

川崎さんが独立する際に目指したコンセプトは「五感を満足させるサロン」であること。大きな窓、柔らかく香るアロマ、心地よい音楽。ティータイムには、豆からこだわったコーヒーや季節のお茶などに 美味しいチョコレートが添えられてサービスされます。

「人は五感の心地よい場所にまた訪れたくなる。と信じています。過剰ではなく不足でもなく、でもひとつひとつに気が利いている。これはオープン当初からのコンセプトであり、今後もずっと継続していきたいことですね」

川崎大輔さん

コンサルテーションが命

外国人にもっとも人気のあるものは、サロンのコンセプトでもある日本的ホスピタリティだそうです。
「One WORLDでは日本人だから外国人だからと国籍に関係なく、来てくださったお客様におもてなしの心をもって笑顔で接客するように指導しています。美容室ですのでヘアスタイルを気にいって満足して頂けるのはもちろん、プラスαでさらにお客様ひとり一人が何を求めているかをスタッフ皆に感じて気づいて、そして行動して欲しいと思っています。
ただ、気持ちのいいシャンプーやマッサージは日本独特のサービスのようで、とくに外国人のお客様にはご好評いただいております」。

しかし、やはり外国人と日本人には違う点もあるようです。

「海外では自分の考えをハッキリと言うことがとても大切だと思います。曖昧にしがちなのは日本独特の文化なのかもしれません。多種多様な人種のお客様がいらっしゃるので、髪質や髪の状態、また薬剤のリアクションなども日本人と異なります。このため外国人のお客様で初めて施術させていただく場合は『できること』と『できないこと』を事前にしっかりとお話します。
『できない』場合はどうしてできないのか理由をしっかり説明して、では何なら『できる』のかということを説明し納得していただいてから施術に入る様に心がけています。『できる』ことがしっかり『できて』ご満足いただくことで、信頼関係ができていくのだと思います。だからこそ施術前のコンサルテーションをOne WORLDでは大事にしています」。

川崎さんの口調は穏やかでしたが、ドイツやインターナショナルサロンで自身が体験しながら身につけてきたことなのでしょう。説得力がありました。コミュニケーション方法だけでなく、技術面での違いもあるのでしょうか?

裏付けは技術と経験

シザー

「髪質ですね。例えばブロー、日本人のお客様だとある程度乾かしてから仕上げていく感じですが、外国人のお客様の場合はシャンプー後のタオルドライの状態で根本からしっかりテンションブローをしていきます。そうすることでしっかり艶もボリュームもカールでさえ作れます。それでも伸びない場合は編みカーラーを使用することもあります」。

今どき編みカーラーとは珍しい。One WORLDには外国人といっても、欧米からアジアまで30か国以上の方が訪れます。髪質も、多毛、軟毛、癖毛、カーリーヘア、ブロンド、フリージーヘアなど多種多様になります。

「カットももちろん、髪質に合わせてブラントカット、レーザーカット、ドライカットなど組み合わせることで欧米人独特の軟毛からアジア人の硬毛まで対応しております。

ヘアーカラーはアンダートーンの違うお客様が多いので独自のカラー知識が必要になります。
欧米で日本よりもずっと進んでいるオーガニックカラーやノンアンモニアカラーなどの知識はもちろん、フォイルワーク、ブロンドヘアーに関しては絶対の自信をもって施術させていただいており、たくさんの支持をいただいております。今までの経験と知識、データがOne WORLDの財産ですね」。

コミュニケーションに加え、様々な髪質と要望に対応できる技術と経験がOne WORLDの強み。他の日本のサロンでは満足できなかったお客様が常連となり、外国人コミュニティで話題となっていきました。

冒頭でも書きましたが、世界的に有名な某国のVIPもOne WORLDの常連です。
「日常が分刻みのスケジュール、比喩ではなく1分毎に施術の進行を確認されます」とのこと。「とにかくお迎えの車に遅れることなく送り出さなければならない」そうです。そうして時間をしっかり守って施術をすることが多くのVIPのお客様に評価されています。
タイムイズマネーですね!

「麻布十番は美容室の激戦区ですが、ウチはナンバーワンよりもオンリーワンを目指しています。個性を形作っていくことで波も少なくなりますし、お客様にもかけがえのない存在になれます。それにオンリーワンを追求していくのは楽しいですよ」。

Salon Data

インターナショナルヘアサロンOne WORLD(ワンワールド)

インターナショナルヘアサロンOne WORLD(ワンワールド)

〒106-0045 東京都港区麻布十番2-8-3 DKNS麻布4F

営業時間
平日:10:00-20:00
土・日・祝日:09:00-19:00
休日:毎週月曜日・第3日曜日
TEL:03-6459-4354
http://www.one-world.info/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

rejob14_052_oneworld

この記事をシェアする